« 旬のカキ、美容効果満点 | トップページ | ピーナッツスプラウトで老化防止 »

2005年10月24日 (月曜日)

ビターチョコが血圧を下げる

■カカオ含有量60%以上のダークチョコレート(ビターチョコレート)が血圧を下げる・・・

biterChocoJPEG18K
………………………………………………………………………………………………
アメリカで話題の血圧を下げる甘い物は・・・<あるある大事典Ⅱ10月23日>
・カカオ含有量60%以上のダークチョコレートで血圧を下げる効果が期待できる(一般的なミルクチョコレートは30~40%程度)
ダークチョコレートの血圧低下作用
1.カカオ成分が60%以上のダークチョコレート(ビターチョコレート)
2.消費カロリーに応じて、1日30~120g摂取
※カカオポリフェノールには、血管を拡張させる物質NO(一酸化窒素)を働きやすくさせる作用がある
※ダークチョコレートに多く含まれるカカオポリフェノールが血管の拡張を助ける
※牛乳と一緒に摂取すると・・・乳脂肪がポリフェノールの吸収を阻害するため、本来の作用が低下するミルクチョコレートも同様
―――――――――――――――――――――――――――――――――
◆病気は笑いで吹き飛ばせ 「笑い療法士」49人誕生<2005年10月24日Asahi.com>
 病気は笑いで吹き飛ばせ――。医療や福祉の現場に笑いを広げて自然治癒力を高めようと、「癒しの環境研究会」(代表世話人=高柳和江・日本医大助教授)が設けた「笑い療法士」の第1回認定授与式が23日、日本医大(東京都文京区)であった。全国から約150人の応募があり、心理学や脳の仕組みなどの講義を2日間受けた49人が認定された。
 職種は医師や看護師ら医療関係者だけでなく、サラリーマン、主婦、教諭らさまざま。30秒ほどの自己紹介でも、巧みな話術で会場を笑いの渦に巻き込んだ。
 今回の認定は有効期間3年の3級。今後の活動ぶりを評価して更新されるほか、2級、1級も認定していく。高柳さんは「各地域や組織の支部長として『1日5回笑って、1日5回は感動する!』という笑いの処方箋(しょほうせん)を広めて下さい」と話した。認定者たちは「日本中、世界中に笑いを伝染させます」と誓った。
 研究会では今後も笑い療法士の取り組みを進めていく。問い合わせは電子メール(iyashi@nms.ac.jp)か、FAX(03・3822・8144)で。

★カカオポリフェノールについては、2005.10.22日版「チョコレート(カカオ豆)サラサラ効果」でも紹介。
 また今日のテレ朝「いま得」で、隠れ高血圧(仮面高血圧)でも“笑い”で血圧を下げる効果を放送している・・・
================================================================

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18797/6543929

この記事へのトラックバック一覧です: ビターチョコが血圧を下げる:

コメント

コメントを書く