« 関連痛で体の異常警告 | トップページ | 天然サプリ・アーモンド効果 »

2006年2月 6日 (月曜日)

血液サラサラ食品ベスト3

■「血液ドロドロ」から「血液サラサラ」への食品ベスト3

2-5sarasara3JPEG19K
………………………………………………………………………………………………
◆血液サラサラドライブ<テレビ東京:ドライブ A GO! GO! 2月5日放送>
 清水さんが内山君の身体が心配で血液のドロドロ度をチェックしに…案の定ドロドロ。『今のままでは危ない!』と言う事で、血液サラサラになりたいドライブ! 最初は、流行の岩盤浴とヨガが合体した岩盤ヨガを体験しに…その実態とは? そして、血液をサラサラにする食べ物。(秘)豆を食べに…正体とは? さらに、血流を良くするために(秘)マッサージを受けに…その正体とは? 血液ドロドロでもやっぱり食べたいラーメン。清水さんが用意したのは、血液サラサラ食べ物をふんだんに使った、(秘)酢ラーメン。果たしてその味とは?
◆血液サラサラドライブ選:食品ベスト3
1.黒酢・・・赤血球の弾力性を高める効果あり。クエン酸・ミネラル・アミノ酸も豊富。
2.梅肉エキス・・・「ムメフラール」が血小板の凝集を防ぎ、クエン酸と殺菌作用は梅干しの約30倍。
3.納豆・・・納豆独自の酵素「ナットウキナーゼ」は、血栓を溶かす力がとても強い。

仏サノフィ、脳梗塞の再発予防に「プラビックス」発売
 【パリ=安藤淳】仏製薬大手サノフィ・アベンティスは1月30日、抗血小板剤「プラビックス」脳梗塞(こうそく)の再発予防薬として4―6月期に日本で発売すると発表した。1月24日に承認を取得、販売準備を進めている。プラビックスは同社の主力薬だが、米国で後発品に関連した係争を抱えており、日本での早期商品化は重要課題だった。
 サノフィが同日発表した2005年の売上高は273億1100万ユーロ(約3兆8700億円)で、前年比8.4%増えた。主力15品目の売上高は為替変動などの影響を除くと14%増えた。プラビックスの売上高は血栓防止剤「ロベノックス」に次いで2位。自社販売額は前年比20.2%増の20億2600万ユーロだった。[2006年2月1日/日経産業新聞]

★納豆入り黒酢ラーメンが登場!減塩スープにして欲しかった・・・。ワーファリンを飲んでいる人は納豆は控えましょう。私は同じ血栓防止剤のアスピリン(医科向け)だが、黒酢はダイエット食材としても人気は高い!
================================================================

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18797/8540141

この記事へのトラックバック一覧です: 血液サラサラ食品ベスト3:

コメント

コメントを書く