« わさびで血液サラサラ | トップページ | 美肌に、旬のイチゴ »

2006年2月 9日 (木曜日)

シイタケはもっとうまくなる

■シイタケの健康効果・・・免疫力を高める ・血中のコレステロール値を下げる ・血圧を下げる ・血液の循環を良くし動脈硬化を予防 ・抗がん作用など。さらにおいしく食べるには、

2-8sitakeJPEG20K
………………………………………………………………………………………………
◆うまみ倍増のシイタケ使い<はなまるマーケット2月8日>
 シイタケは、日本や中国が原産。英語でジャパニーズマッシュルームと言われるほど、日本の食卓になくてはならない代表的なきのこ・・・。そして免疫力を高めておきたい、寒い冬にぴったりの食材!
 そんなシイタケの魅力を主婦の方に伺うと、「旨み」というキーワードが!シイタケは、やはり、その強い旨みこそが最大の魅力。
(1)・・・調理するときは低温からゆっくり加熱していくことが一番。そうするとグアニル酸ができる。つまり、シイタケはじっくり加熱で美味しくなるというワケ。これだけでもグアニル酸が3倍近く出ることが判明!
 このグアニル酸は、60~70度に達した時に、1番効率的に出てくるそうです。ですから水からじっくり加熱して、うまみの素グアニル酸をどんどん出していこうというわけです。
(2)・・・うまみを10倍アップさせるワザは冷凍するという方法。
 前に4~5時間以上冷凍庫に入れるだけで、うまみがアップする!
 1)冷凍することで組織が膨張する 2)組織が壊れて傷がつく 3)酵素が活発に働きやすくなる!
(3)・・・コンブ、チーズ、海藻類、トマトなどに多く含まれるグルタミン酸とシイタケを合わせると、うまみがアップする!
◎シイタケのうまみ倍増法をまとめると・・・
・じっくり加熱でうまみアップ!
・冷凍ワザでうまみアップ!
・グルタミン酸プラスでうまみアップ!
◆シイタケ(椎茸)の働き:<4Life健美人
・免疫力を高める ・血中のコレステロール値を下げる ・血圧を下げる ・血液の循環を良くし動脈硬化を予防 ・抗がん作用 ・自律神経を安定させる効果
 ・・・椎茸は低カロリー食品で、亜鉛や食物繊維をはじめとする各種のミネラルとビタミンなどを含み、その内、「ヘミセルローズ」の繊維は胃と小腸の機能を正常にし、肥満、糖尿病、心臓病、肝臓疾患などを予防します。
最近発見されたものとして椎茸の成分には抗癌、抗腫瘍多糖体物質のレンチナンが含まれており、癌の治療に非常に役立つといわれています。椎茸にはメラニンという色素成分が入っており、脳の中心部に作用し、自律神経を安定させる効果もあるといいます。<以下略>

★日高昆布とかつお節でだしをとり、シイタケを入れ、水からじっくり加熱した鍋にした・・・。「ゆず胡椒」とポン酢でさらに血液サラサラにし、血圧を下げた・・・。


================================================================

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18797/8576867

この記事へのトラックバック一覧です: シイタケはもっとうまくなる:

コメント

コメントを書く