« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月28日 (水曜日)

世界長寿食は、大豆・魚・ブドウ

■長寿は食生活環境によって変わる!減塩(6g)・魚油(DHA)・大豆・ぶどう(赤ワイン)・果実(カリウムなど)・野菜・・・

228tyojyu3jpeg18k
………………………………………………………………………………………………
◆「ハワイとブラジルの日系人~長寿は遺伝か環境か」家森幸男医師<NHK知る楽選~長寿の食卓>
~長寿の因子は、遺伝的なものか、環境によるものか。ハワイとブラジルの日系人を比較。ハワイ・オアフ島は沖縄からの移民が多い。実は彼らの平均寿命は日本人を上回る。家森さんの調査では、食塩摂取量は日本人よりも低く、野菜や大豆を中心とした沖縄料理を守っていた。これに対し、ブラジル・カンポグランデに移住した沖縄出身者は、現地の食生活に合わせ、野菜や大豆を食べることはなかった。彼らの平均寿命は、沖縄のそれを17年下回った。
・ハワイでは、トロピカルフルーツを豊富に摂る(ビタミンEなど)
・刺身など新鮮な魚(DHA:n-3系多価不飽和脂肪酸のひとつ)を摂取)
・大豆(イソフラボン摂取)
■アルブミン(タンパク質の一種)のレベルが高いほど寿命が伸びるが、日本のお年寄りに比べ高かった・・・
※老化の進行を遅らせるには、この血清アルブミン値を下げない、つまり低栄養にならないことがポイント。
血清アルブミンの減少を防ぐには、肉類や魚介類(魚油DHA)、卵、牛乳・乳製品などの動物性たんぱく質や、油脂類を適度にとることが効果的だといわれています・・・そして減塩!
―――――――――――――――――――――――――――――――――
◆国立健康・栄養研究所など、大腸の異常を運動で予防<日経産業新聞07年2月28日>
 国立健康・栄養研究所などの研究グループは、大腸の異常を運動で抑制できる可能性があることをラットの実験で突き止めた。最近、運動に大腸がん予防効果が期待できるとの疫学研究結果がいくつも出ており、仕組み解明につながる成果という。
 国立健康・栄養研究所の田畑泉プログラムリーダーや国立がんセンターの中釜斉部長らは、ラットに大腸がんが起きやすくなる化学物質を投与し、運動の効果を調べた。1日120分、週5日、4週間続けて走らせた。
 大腸の上皮にできる「異常腺窩(いじょうせんか)」を数えると、運動したラット19匹の平均が運動しなかったラット19匹の半分程度だった。毎日泳がせる実験でも同じような効果が確認できた。
―――――――――――――――――――――――――――――――――
◆メビックス、メタボリック予防をネットで支援<日本経済新聞07年2月28日>より
 臨床試験支援のメビックスは医療機関や健康保険組合向けに、インターネットを活用して健康指導を支援する事業を始める。メタボリック(内臓脂肪)症候群など生活習慣病の懸念がある人に測定機器を貸し出す。その上で1日の歩数や血圧などのデータを送信してもらい、分析して提供する。2008年度から健保組合などで健康指導の義務づけが始まる機会をとらえ、拡大する需要を取り込む。
 第1弾として4月をめどに特定医療法人ジャパンメディカルアライアンス(神奈川県海老名市)が運営する人間ドック「メタボリックドック」にサービスを提供する。
 歩数計、血圧計、体脂肪計などを貸与し、1、2週間のデータを計測するコースを開設。メビックスが機器の貸し出しからデータの集計までを担う。通常の人間ドックは半日や1日で検査するだけだが、期間を長くすることで日常生活を反映させた診断が可能になる。

★最近の沖縄では、食生活環境の変化で肥満が増えているという報告もある。減塩・大豆・青背魚・ブドウ、そして運動だ・・・
================================================================

| | コメント (0) | トラックバック (23)

2007年2月27日 (火曜日)

健康な腸が病気にならない生き方

■「病気にならない生き方」に重要なのは健康な腸!

226onyasaijpeg19k
………………………………………………………………………………………………
◆新谷弘実医師著「病気にならない生き方」~<テレ東・主治医が見つかる診療所2月26日>より
~ベストセラーの生みの親が、アルバート・アインシュタイン医科大学外科教授・新谷弘実医師(71歳)。
 新谷医師は今から38年前、大腸内視鏡を使って、腹部を開かずに、大腸ポリープを切除することに世界に先駆けて成功。以来35万例以上のデータと向き合ってきました。その末にたどり着いたのが「病気にならない生き方」に最も重要なのは「健康な腸」という考え方。
◆新谷式・「病気にならない食」のバランス>動物性食物15% 植物性食物85%
・新谷式・食の基本
白米・うどん・精製塩・白砂糖など、精製した食物はさける
代わりに、白米ではなく玄米、パンは全粒粉のパンを。
・一週間の周期で調整。動物性食物は魚で摂るのが理想的
◆「病気にならない朝食」メニュー例のうち、スチーム温野菜!
<材料>
アスパラ         しじみスープ(他の出汁でも代替可)
芽キャベツ        紅麹味噌(しょうゆ等で代替可)
新キャベツ        
わかめ          
空豆
菜の花
小松菜スナックえんどう
※まず、しじみのスープをとる。砂抜きしたしじみの水を切り、熱湯に入れ、一煮立ちさせると、しじみが開く。
そこで丁寧に灰汁をとる。これで完成。このスープは冷凍保存にておいておくと、いろいろ使えて便利。
多重層の鍋に、硬いものから順に入れて蒸す。(多重層の鍋なので水滴で十分蒸せるそう。
新谷医師のレシピでは、歯ざわりを楽しむので、1分30秒くらいの蒸し時間だとか。)
そこに先程とったシジミのスープを1カップ、紅麹味噌を小さじ1(スープの量に准じてください)を加え、さっと炊く。
スープ仕立てにすることで、ぼそぼそ感がなくなり、スチーム野菜が食べやすくなる。
また、紅麹味噌を入れることにより、味だけでなく、彩りも鮮やかになる。
―――――――――――――――――――――――――――――――――
◆社会貢献、足で稼いで・医師らが「マイレージ」発足 <NIKKEI-NET 2月26日>より
 あなたの歩数に応じて歩道整備や検診車の寄贈、発展途上国へのワクチン支援など企業の社会的責任(CSR)を果たす――。こんな活動を普及させようと、「ウォーキングマイレージ普及推進委員会」(委員長・舩橋晴雄シリウス・インスティテュート代表取締役)が26日に発足、東京で医師や企業の検診関係者を集めたシンポジウムが開かれた。
 同委員会は厚生労働省の糖尿病戦略等研究事業(班長・井形昭弘名古屋学芸大学学長)の一環。医療機関や大学、企業経営者、健保組合の代表などが加わっている。
 企業などの従業員に歩数計を貸し出して歩数を報告、歩数に応じたポイントを算出して社会に寄付する仕組み。併せて、歩くことによって糖尿病をはじめとする生活習慣病を防ぎ、医療費を減らすことにもつなげたいという。
 すでに昨年11月から製薬会社のエーザイが社員約1200人を対象に試行しているほか、近く日本通運や宇部興産、神戸市などが導入を予定している。2007年10月からは20社、2万人を対象に事業を進めたいという。

★「病気にならない朝食」例として、「食前の5種類フルーツ」「玄米&雑穀ご飯」「大豆の煮物」「あたりごまだれ」などを紹介しています。
================================================================

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年2月26日 (月曜日)

酒粕にビタミンB群豊富!

■酒かすは新酒をつくる今頃がたべごろ!酒かすはカスじゃない!

226sakekasujpeg19k
………………………………………………………………………………………………
◆栄養豊富!酒かす(酒粕)活用術<はなまるマーケット2月26日>より
~米を発酵させた“もろみ”を、日本酒にしぼってあとにできる固形物が酒粕(かす)。
 タンパク質(豆腐の約3倍)・炭水化物・食物繊維・ビタミンB1・ビタミンB2・ナイアシンなどを豊富に含む。
◆料理をさらに美味しくする酒粕
・味噌汁に酒粕を入れる
・酒粕の甘酒<酒粕・砂糖・塩・ショウガ汁・お湯>
・粕汁・サケの酒粕煮・豚肉と大根の酒粕鍋・酒粕の豆乳冷やし甘酒・・・作り方などは番組サイトで
◆粕漬けのうま味
 日本酒の発酵の際に使われた酵素が魚や肉のタンパク質に作用し、うま味を引き出す!
―――――――――――――――――――――――――――――――――
◆野菜食べないと脳卒中の危険性大<東奥日報07年2月19日>より
 脳卒中の危険性が高い人は、低い人に比べ野菜摂取量が半分であることが県立保健大健康科学研究センターの駒田亜衣助手らの研究で分かった。脳卒中の危険性が高い人は乳類摂取量が少ない傾向もあり、研究グループは「一つの栄養素だけでなく、野菜や果物など、さまざまな栄養を取ることで脳卒中の危険性を減らせる」と語っている。
・・・中略
 その結果、低リスク群が一日平均百六十三グラムの緑黄色野菜を取っていたのに対し、高リスク群はその半分以下の七十一グラムしか取っていなかった。乳類でも、高リスク群は低リスク群の半分の摂取量だった。
 栄養素別では、高リスク群は低リスク群よりナトリウムを多く取る傾向があり、食塩を多く含んだ水産加工品を多く取っていることがうかがわれた。逆にビタミンC、カルシウム、水溶性食物繊維は少なかった。
 同大大学院の嵯峨井勝教授や駒田助手は「野菜や果物に含まれるカリウムや食物繊維の成分が、血管を傷つける活性酸素を消す作用があり、結果的に脳卒中のリスクを低くしている可能性がある」と分析している。

★酒粕(酒かす)にビタミンB2が豊富だと美肌効果もありそう?電子レンジで簡単に作れる「甘酒」などレシピもいろいろありますね。
================================================================

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年2月23日 (金曜日)

大豆に女性ホルモンの働き

■大豆イソフラボンが女性ホルモンの代わりをして、血液サラサラ物質を作る!

222daizumenjpeg20k
………………………………………………………………………………………………
◆長寿の謎を解く~中国・貴陽は大豆食品王国だった<NHK知る楽選~長寿の食卓>より
 第6回:中国・貴陽~豆腐の源流の地で・・・大豆食文化の源流は中国貴州にあり
・「豆腐めん」・「干豆腐」・「豆腐だんご」・「湯葉のハム」・「醸豆腐(にゃんどうふ)=肉詰め豆腐」
※脳卒中・心筋梗塞・がん患者が少ない
◆大豆イソフラボン
~血管の裏打ちをしている内皮細胞がはげると血管がつまりやすくなる。イソフラボンが女性ホルモンの代わりをして、一酸化窒素という血液サラサラ物質を作る。
※血圧を下げる/美肌効果/前立腺がん改善効果/乳がん・骨粗しょう改善・・・
◆イソフラボンの摂取量
・一日70~75グラム<納豆2パック半~3パック><豆腐2/3丁~1丁>

―――――――――――――――――――――――――――――――――
◆「あるある」で納豆売り上げ1.7倍に 1月のスーパー<asahi.com07年02月22日>より
 全国のスーパーで1月の納豆の売り上げが大幅に増えた。日本チェーンストア協会が22日、明らかにした。正確な統計ではないが、全国84社の売り上げ集計の中で加盟社から聞き取りをしたところ、売り上げが前年同月の1.7倍程度になっているという。
 テレビ番組で「ダイエット効果がある」とうたわれた7日以降、捏造(ねつぞう)発覚の20日までは、約2倍に急増。発覚後はやや落ち着いたが、それでも前年同月比50%増の勢いで売れたという。番組をきっかけに納豆消費に目覚め「そのまま習慣となった人が多いのではないか」(協会)と分析している

★ブドウや大豆には、女性ホルモン(エストロゲン)に似た作用のイソフラボンが・・・・!血圧を下げ、脳卒中や心筋梗塞患者が少ないので長寿国に!中国・基貴陽には、布を掛けるだけでできる納豆もありました。
================================================================

| | コメント (0) | トラックバック (25)

2007年2月22日 (木曜日)

歯と歯ぐき磨きで肺炎予防!

■肺炎予防の鉄則の中でも、“歯と歯ぐき”を磨き、脳を刺激して、ノドのフタのしまりをはやくする!

221pneumoniajpeg18k
………………………………………………………………………………………………
◆肺炎の真実<NHKためしてガッテン2007年2月21日>より
~肺炎による死者はなんと年間10万人以上! 高齢者時代と実はいま、薬が効きづらい細菌(さいきん)が増えているのです。
~肺炎を起こす細菌が住み着くのは、鼻やノドの奥です。実は、細菌はここにいるうちは、ワルサをすることはほとんどありません。細菌が肺に入って増殖すると、初めて肺炎が起こるのです。
ノドの「フタ」とは
 ものを食べたり飲んだりをした際、それらは食道へと向かいますが、気道には入りません。食べ物や飲み物が分岐点に来た瞬間、ノドにあるフタが閉まって、気道への入り込みを防いでくれるからです。
~ある調査によると、肺炎を起こした人の7割にこうしたフタのしまりの遅れが見られました。さらに、眠っているときはこのフタのしまりが遅れがちになるため、危険が高くなります。
 肺炎というと風邪の延長と考えられることが多いのですが、こうしたフタの遅れによりおこる肺炎があったのです。番組ではこれを「飲みこみ肺炎」と名付けました。
◆全国11の介護施設で肺炎による死亡率を半減させた新予防術
 脳の一部に損傷があると、フタのしまりが遅くなる人が多いことが分かっています。この場合、フタのしまりを早くする方法として、間接的に脳に刺激を与える方法が考えられます。
 ある研究では、歯ぐきを刺激すると脳が活性化し、フタのしまりが早くなることがわかっています。
◆肺炎予防の鉄則
1.インフルエンザ・かぜに注意
2.“歯と歯ぐき”をみがく
3.65歳以上の場合、肺炎球菌ワクチンを接種する
―――――――――――――――――――――――――――――――――
◆乳がんリスク、出産未経験なら2倍 初潮・肥満も関係<asahi.com07年02月21日>より
 乳がんと生理、体格などとの関連を調べていた厚生労働省の研究班(主任研究者=津金昌一郎・国立がんセンター予防研究部長)は21日、「初潮が早い」「背が高い」女性ほど、がんのリスクが大きいという分析結果を発表した。「出産経験のない」女性にも乳がんが多く、こうした傾向は、欧米の研究とも一致した結果という。
 対象としたのは、全国10府県の40~69歳の女性5万5000人。研究班は90年と93年に、対象者の体格や出産経験などを聞き、約10年間にわたって追跡調査した。
 その結果、閉経前の女性では、初潮を迎えた年齢が「14歳未満」のグループは、「16歳以上」に比べ乳がんのリスクが4倍だった。閉経した年齢でみると、「54歳以上」が「48歳未満」の2倍だった。研究班によると、女性ホルモンの分泌が影響している可能性があるという。
 また、出産経験のない人は、ある人に比べてリスクが1.9倍だった。子どもが多いほど、がんになっている女性が少なかった。
 身長でみると、「160センチ以上」が「148センチ以下」に比べ、閉経前で1.5倍、閉経後で2.4倍だった。栄養状態などが関係しているとみられる。閉経後の女性では、体格指数(BMI)が高く太っているほどがんが多かった。
 がんセンターの岩崎基・ゲノム予防研究室長は「自分で意識して避けられるリスクは肥満。ほかの要因は自分で管理できないので、定期的に乳がん検診を受け、早期に発見してほしい。今後は個人ごとにリスクを判断できるシステムづくりを考えたい」と話している。

★微小脳こうそく等がある人はノドのフタの反応が遅くなっているのでしょう・・・。以前このサイトでも、ブラックペッパーによる刺激法などを紹介しました。また高齢者になると咳の反射や免疫力など肺炎から体を守るシステムがどうしても衰えるということもあるようです・・・
================================================================

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年2月21日 (水曜日)

大腸がんは運動でリスク低

■水泳やジョギングなど適切な運動が効果的!ウオーキングは、1日1万歩をメドに歩くとよい!

221daityojpeg19k
………………………………………………………………………………………………
◆男性の大腸がん、運動でリスク低<NHKニュースウオッチ9:2月20日>より
~がんによる死亡者数 1.肺がん 2.胃がん 3.大腸がん(約4万人)/2005年・厚生労働省
「運動は肥満予防になり、免疫力高めることにつながるのでは・・・」(厚生労働省研究班)
~運動量が最も多いグループでは、大腸がん(男性)→リスク3割低!
~運動量が最も多いグループでは、結腸がん(男性)→リスク4割低!
―――――――――――――――――――――――――――――――――
◆大腸がん予防に運動有効・厚労省調査<NIKKEI-NET2月20日>
 肉体労働や激しいスポーツなどで日ごろ体をよく動かす男性ほど、大腸がんになる危険性が低下するとの調査結果を、厚生労働省の研究班(主任研究者・津金昌一郎国立がんセンター予防研究部長)がまとめ、20日発表した。欧米の疫学研究では同様の傾向がすでに指摘されていたが、日本人で確かめられたのは初めてという。
 研究班は40―69歳の男女約6万5000人を、2002年まで4―7年間追跡調査した。日常の身体活動を、肉体労働やスポーツをしている時間、歩いたり立ったりしている時間、座っている時間などに分類し、運動量に応じ4つのグループに分けて比較した。
―――――――――――――――――――――――――――――――――
◆世界初! 夢の「やせ薬」店頭販売へ…運動と併用<ZAKZAK 2007/02/19>より
 【ワシントン=夕刊フジ特電】世界初の「やせ薬」店頭販売へ-。米食品医薬品局はこのほど、やせ薬「Alli(アーライ)」について処方箋(せん)なしでの販売を認めた。運動などとの併用で5-10%の減量効果が期待できるといい、夏までに店頭に並びそうだ。
 アーライはグラクソ・クライン・スミス社が販売。処方箋が必要なやせ薬「ゼニカル」の効き目を緩和させたもので、食事と一緒に服用すると、脂肪の吸収を妨げ、便と一緒に排出させる働きがある。18歳以上を対象とし、1日あたり1-2ドルで販売される予定。
・・・中略
 ただし、下痢などの副作用があり、臓器移植を受けた人は服用できない。糖尿病や甲状腺に異常のある人も、医師に相談する必要があるという。
 「肥満大国」米国では、大人の実に31%が「肥満」とされる。多くはやせる効果のあるサプリメントなどを服用している。日本ではいずれも認可されていない。

★高齢者は普段のウオーキングで毎日1万歩はなかなか難しい・・・楽しめるスポーツやショッピング&タウンウオッチング、農作業など、いつのまにか万歩計が1万歩に達しているなどはどうだろう。
================================================================

| | コメント (0) | トラックバック (11)

2007年2月20日 (火曜日)

千の風になって

■あの大きな空を吹きわたる風、麦畑にふりそそぐ・・・

220senokaze2jpeg18k
………………………………………………………………………………………………
◆わたしの“千の風になって”<NHK生活ほっとモーニング2月20日>より
 去年暮れの紅白歌合戦で紹介された「千の風になって」。その歌が今、身近な人を亡くした多くの人の、心の支えになっています。この歌を作った作家・新井満さんのホームページには、歌に励まされたりした人たちが、それぞれの思いを寄せています。
 番組では、その中から、2組の方を取材しました。一組はおととし、交通事故で高校生の息子を失った悲しみを歌によって癒やそうとしている夫婦、そして、もう一組は、歌声喫茶で、失った子供や親、きょうだいをしのんで歌っている夫婦です。
 一つの歌とともに、肉親の死を乗り越えて生きていこうとしている人々の姿をみつめます。
■「千の風になって」試聴(新井満氏)♪ http://www.ponycanyon.co.jp/wtne/cdj/pcca01968.html 
■「千の風になって」試聴(秋川雅史氏)♪ http://www.teichiku.co.jp/pop_classic/artist/akikawa/episode/ 
―――――――――――――――――――――――――――――――――
◆病院選び、ネットで比較 都道府県HPに詳細情報<Asahi.com07年02月19日>より
  患者が病院や診療所を選ぶ目安となる医療機関の情報が、新年度以降、各都道府県のホームページなどで公開されるようになる。内容は、診療科目などの基本情報から病気ごとの手術件数、差額ベッド代などの費用まで幅広く、各医療機関を比べられるようになる見通しだ。医療の「質」を基準に医療機関を自ら選ぼうとする患者が増えているためで、厚生労働省が公開する項目を検討している。一方で同省は、医療機関が看板などで独自に行う広告では、禁止する広告の範囲を広げる方針だ。
 これまで、インターネットなどでどんな情報を公開するかは医療機関の判断に任されてきたため、情報量や公開方法には差があった。このため4月に施行される改正医療法は、都道府県にホームページなどで「医療情報」を公開することを義務づけた。・・・中略

 また、厚労省は、医療機関が看板などで出す広告についても、患者への情報提供を充実させる目的で規制を緩和する。現在は「病床数」「入院設備の有無」など具体的に定められているが、今後は医療機関の裁量の幅を広げる。
 一方で、禁止広告の範囲は広げ、現在の「虚偽」「比較」「誇大」に加えて(1)公序良俗に反する内容(2)客観的な事実と証明できない表現、なども規制する。例えば、「絶対安全な手術」という文句は医学上ありえない虚偽広告、患者の体験談は客観的な事実と証明できない表現とみなされる。同省はガイドラインで具体例を示す方針だ。

★「千の風になって」のは、生命科学者・柳澤桂子「生きて死ぬ知恵」の粒子につながるものを私は感じます。<「血液サラサラ譚」2005年6月22日 (水曜日)柳澤桂子「生きて死ぬ知恵」は、般若心経の心>。
================================================================

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2007年2月19日 (月曜日)

東京マラソンのメッセージ

■若い女性の参加が増えているマラソン!なぜ?

219tokyomarathon2jpeg21k_1
………………………………………………………………………………………………
◆3万人 TOKYOを駆ける!~“マラソン文化”は定着するか~<NHKクローズアップ現代2月19日>
 2007年2月18日、国内初の大都市マラソン「東京マラソン」が行われる。新宿、銀座、浅草などが最大7時間封鎖され3万人のランナーが都心を駆け抜ける。国内のランニング人口が2千万人超と言われるブームの中、市民ランナーの長年の夢が実現した。主催する都では、東京を海外にアピールし経済効果をもたらす絶好のチャンスととらえ、大手広告代理店と組んでキャンペーンを展開。予想を上回る数の企業がスポンサーに名乗りを上げている。しかし草の根運動からスタートした海外のレースに比べ、東京の大会が本当の意味での"市民マラソン"として定着するのか疑問の声も多い。レースを通して毎年70億円近い募金が集まるロンドンの例なども伝えながら、都市マラソンの意義や文化について考える。(NO.2370)
◆肝臓移植を受けた目黒さんも10kmを完走!
 海外で肝臓移植を受けた目黒さんも10kmの部に出場!見事完走した!
◆ロンドンマラソンは、チャリティ募金96億円・・・
 ・慈善団体リストをサイトで紹介/小児白血病の支援チャリティ/ガンサポートなど
―――――――――――――――――――――――――――――――――
海外での心臓・肝臓同時移植支援・万里(ばんり)君を救う会
~皆さまからの温かいご支援が万里君の力になります~
219ishokujpeg5k
 国立成育医療センターに入院中の橋本万里(ばんり)君(21歳)は過去、単心室という先天性の心臓病を克服するため、小学校入学前に東京女子医大病院でフォンタン手術を受けました。しかし、近年、不整脈が出現するようになり、病状は悪化の一途をたどっています。現在すでに、心筋の状態が相当悪く、その合併症で肝臓の機能も悪化しています。万里君が病気を克服するには、海外での心臓・肝臓同時移植しか道がなくなりました。・・・
・・・以上のようなサイトの紹介がありました。支援の輪を広げれば必ず願いが叶います。ご協力を!
 サイトは以下です http://www.banrihelp.com/ 

★ロンドンマラソンのように、チャリティマラソンというメッセージもひとつの方法。これから検討されるのかもしれませんが、マラソン完走の達成感、そして生きる力になるテーマを・・・
 知人から移植手術支援のメールが届きました。ご支援とリンクの輪を広げましょう!
================================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大東京PRマラソン

■東京マラソン、平均視聴率は23・6%!

218tokyomarathonjpeg22k
………………………………………………………………………………………………
◆東京マラソン ランナー3万人に沿道応援178万人<2月19日毎日新聞>より
■東京マラソン、平均視聴率は23・6%<2月19日読売新聞>より
 フジテレビ系で18日午前9時から同11時40分まで生中継された「東京マラソン2007」の平均視聴率(関東地区)が23・6%だったことが、ビデオリサーチの調べで分かった。
 瞬間最高視聴率は、佐藤智之(旭化成)が2位でゴールした直後の同11時22分の31・3%。
■育て「市民マラソン」へ<毎日新聞>より
 完走率は96%を超えた。沿道の数カ所で開いたイベントも含め観衆は178万人。大会実行委員長の桜井孝次・日本陸連専務理事は「予想以上の結果を素直に喜びたい。反省もきちんとし、今後より良い大会にしたい」と語った。・・・
 先輩格のニューヨークは大会でがん撲滅運動を進め、ロンドンでは毎年チャリティーで数十億円が集まる。市民の運営参加も活発だ。東京はまだ行政主導の官製イベントの段階。今後は社会的な存在価値も持ち、より多くの市民の理解や協力が得られる大会に育てることが必要<毎日新聞>より
■東京マラソン、世界級へ助走 首都厳戒、大混乱なし<Asahi.com2007年02月18日>より
  都心を市民ランナーら約3万人が駆け抜けた18日の第1回「東京マラソン」。国内最大規模の大会は、都心の主要道を最長で7時間近く通行止めにする前例のないものだった。警視庁や東京消防庁が約7000人を動員する厳戒態勢だったが、心配された「都心のマヒ」は起きなかった。事前PRに加え、スタート時が雨で気温も冷え込み、沿道の人出が少なかったことも幸いしたようだ。・・・中略
 ・・・ 世界では、ボストン、ロンドン、ベルリン、シカゴ、ニューヨークシティーが「5大マラソン」と呼ばれる。一番歴史の浅いロンドンでも25回以上を重ね、徐々に規模を拡大してきたが、東京都と日本陸連は、いきなりそれに匹敵する規模の大会運営に挑んだ。視察した国際陸連ニューメディア部長のショーン・ジョーンズさんは「初開催だが、ロンドン、ニューヨークと比べても見劣りしなかった」と称賛。5大マラソンのレースディレクターもそろって視察に来日するなど、海外の関心も高かった。

★スポーツイベントは視聴率も稼ぐ!2007年健康志向の団塊世代が一気に走り出したような感じだ。3万人の定員に対し、何と9万5000人もの応募があったほど。約2万5000人が参加するホノルルマラソンも、その7割が日本人という。これからランニング&ウオーキング市場は急成長か?東京五輪事前PR、都知事選、テロ対策などいわれているが、環境対策・高齢者ボランティア対策にもなりそうだ!?
 われわれ「歩こう会」も17(土)に、国分寺~吉祥寺(玉川・千川上水)間を歩いた。車道優先の中で、玉川上水道の散策道は“人間復活のウオーキングハイ”を呼び戻してくれます。都心にもメタボ遊歩道を!
================================================================

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2007年2月16日 (金曜日)

グルジア長寿の謎

■ヨーグルトで免疫力を高めて長寿・・・グルジアの秘密!ヨーグルトにはカルシウム、マグネシウム、カリウムも豊富!

216yoghurtjpeg13k
………………………………………………………………………………………………
◆<NHK知る楽選~長寿の食卓2月15日>より
~この人この世界 -家森幸男教授:長寿の原因を探るため、25カ国61地域で検診を行う
~旧ソ連邦・グルジアでは、食塩摂取量が14g/日と高いにもかかわらず、心筋梗塞が少なく元気なお年寄りが多いのはなぜか
・香味野菜や果物(リンゴ・ブドウ・プルーンなど)、魚(n-3系多価不飽和脂肪酸)、ヨーグルトなどの食事!
※ヨーグルトは抗体価(免疫力の指標)が高い!
―――――――――――――――――――――――――――――――――
◆急性心筋梗塞はそれでも襲ってくる<【すこやか生活術】07年2月6日>より
  心筋梗塞はそれほど生活習慣病が悪くない人でも突然、発症することがあるという。
・・・中略
 では、血管がほとんど詰まっていないのに、発症するのはなぜか。
「不安定プラークが原因です。これは動脈の血管内にできた“おかゆ状のこぶ”のことで、悪玉コレステロールがアンコのように固まり、ギョーザの皮のような薄い皮膜で覆われたもの。何かのきっかけで皮膜が破れると、そこに血液の凝集反応が起こり、一気に血栓ができる。突然生まれた血栓が急性心筋梗塞を引き起こすのです」(東京医大八王子医療センターの高沢謙二教授)
 皮膜が破れるきっかけは何か。
「一般的に心筋梗塞は朝に発症しやすい。たとえば寝起きや洗顔、食事中などちょっとした動作が引き金になり、必ずしも激しい運動が引き金になるとは限らないので要注意。安静時に胸痛が起こり、その痛みがだんだん強くなった場合は、放置せずすぐに救急車を呼んでください」(順天堂大学医学部・代田浩之教授)
 生活習慣病でも基準値をほんの少しオーバーする程度なら放置する人が多いが、それが確実にリスクになる。この急性心筋梗塞に襲われないためにも、生活習慣病はきちんと治すことだ。

★家森教授は、「カスピ海ヨーグルト」で話題になった。ヨーグルトは高齢者の便通改善にも有効!魚油は血管を拡張させる物質をつくり、血液をサラサラにする効果も・・・
================================================================

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2007年2月15日 (木曜日)

暖冬だからこそ

■冬に多い脳卒中!塩分控えめ、野菜や果物摂取、有酸素運動!

215vfjpeg22k
………………………………………………………………………………………………
◆暖冬だからこそ気をつけたい血圧対策<はなまるマーケット2月15日>より
~暖冬だから寒さに対して無防備になていませんか。この冬、要注意!血圧の急上昇!
血圧が高いと血管壁にプラークが出来やすく、そのプラークが破れて血管をふさぐと、脳梗塞や心筋梗塞につながる!
◆血圧が上がりやすい人
・濃い味を好む(塩分を少なく!塩分を排出する野菜や果物=カリウム・食物繊維)
・運動不足
・喫煙 ・ストレスが多い
・親や兄弟が高血圧
◆ウオーキング(有酸素運動)では、
 吸う息よりも吐く息を長くする(吸って1,2,3、4、吐いて1,2、吸って1,2,3,4・・・)
―――――――――――――――――――――――――――――――――
◆「果物では太らない」金沢の短大で健康機能性セミナー/北陸農政局【北陸】<07-02-09 日本農業新聞>
 北陸農政局と果物のある食生活推進全国協議会は2日、金沢市の北陸学院短期大学で「果物がもつ健康機能性セミナー」を開き、学生らが生活習慣病予防やダイエット効果など果物の特性と果物を取り入れたバランスの良い食生活の大切さを学んだ。・・・中略
 (独農研機構果樹研究所の田中敬一上席研究員が「食事バランスガイドと果物がもつ健康機能性」について講演。例えばリンゴでは、200グラムに食物繊維が3.2グラムとサツマイモやジネンジョよりも多く含まれ、毎日中くらいのを1個食べると脳卒中のリスクが約6%減少し、花粉症予防にも有効で、ビフィズス菌やビタミンCも増えるなどと果物のデータを紹介した。・・・中略

 また「果物は果糖が多いので中性脂肪が増える」「高脂血症予防に果物を控える」などの健康知識は試験データからは誤りで、リンゴには中性脂肪を正常化する機能があること。カロリーもリンゴは100グラム54キロカロリーとゴボウ(65キロカロリー)やワサビ(88キロカロリー)より低く、果物では太らないとの説明に、学生も真剣に聴き入っていた。
================================================================

| | コメント (0) | トラックバック (11)

2007年2月14日 (水曜日)

長寿の謎は大豆食品にあった!

■長寿食に大豆食品・ヨーグルト・チーズ・ぶどう製品など~家森博士は世界中を調査!

214tyojyu1jpeg23k
………………………………………………………………………………………………
◆NHK「知る楽選」長寿の謎を解くシリーズ1・・・この人この世界:食事によって長寿に!
214tyojyujpeg18k
●脳卒中ラットの餌による生存率の違い・・・
 ラットの場合、普通食より何倍も長生きする<大豆たんぱく質+マグネシウム+カルシウム
=第1回「冒険病理学者になる」 京都大学名誉教授・医学博士…家森幸男
 脳卒中の原因の究明で世界的に知られている医学博士、家森幸男さん、WHOの協力を得て20年にわたり世界25か国61地域を調査、「長寿の謎」について語る。
◆中国・貴陽~豆腐の源流の地
 中国の長寿地域 貴陽は、80年代の調査で、高血圧や脳卒中、心臓死が少ないことが知られていた。その要因は何か?家森さんが行った検診の結果、尿検査で血圧とコレステロールを下げる効果をもつイソフラボンが多く検出された。貴陽は、豆腐や納豆など大豆食の源でありその食にこそ長寿の秘密があった

★家森幸男教授といえば、『大豆は世界を救う』『長寿の秘密』『カスピ海ヨーグルトの真実』(法研)、『「長寿食」世界探検記』(講談社)など多数の著書がある。栄養によって脳卒中を予防できるという確信をもって世界の長寿国を探査!いまや脳卒中による死因は1位がん・2位心臓病についで3位と下がった・・・
================================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月13日 (火曜日)

菜の花のつぼみに栄養たっぷり

■アブラナ科の「菜の花」は芽キャベツ、ブロッコリーなどの仲間!カルシウム、鉄両方補える栄養野菜!

213nanohanajpeg19k
………………………………………………………………………………………………
◆春を先取り!絶品菜の花を味わう<はなまるマーケット2月13日>より
~花が咲く前の菜の花のつぼみには栄養がぎっしり詰まっている。
◆「菜の花のからし和え」料理のコツ
 <材料4人分・・・菜の花1束・だし90cc・しようゆ大3・練りからし小1>
・15分ほど水に漬けて、シャキッと!
・茹でるときはつぼみと茎を切り分け、茎から!
・茹ですぎない!(菜の花のつぼみを入れ20~30秒が目安)
◆「菜の花の納豆和え」
 <材料4人分・・・菜の花1束・納豆2パック・しらす20g・麺つゆ大11/2・からし小1>

★アブラナ科の野菜「菜の花」は観賞用の「菜の花」とは種や育て方が違うそうです。主として「イソチオシアネート」という成分が含まれていて、特にワサビ大根などの辛い野菜ほど多く含まれています。
 イソチオシアネートは血液をサラサラにすると共に、血栓を予防する働きがあり、コレステロールや血圧が気になる方にはいいですね・・・
================================================================

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2007年2月12日 (月曜日)

心臓病と和食

■和食のこころ・・・もったいない。自然をバランスよく摂る京料理と心臓病の関係・・・

212tbsspwashokujpeg20k
………………………………………………………………………………………………
◆京都を舞台に日本文明とケルト文明を旅する<地球新世紀2月12日>より
~過去・現在の文明を旅して、未来の地球環境を考える「地球新世紀~月尾嘉男の文明大冒険~」シリーズ第三話(完結編)は、日本最古の都・京都を舞台に日本文明とケルト文明を旅する。
■茶の湯の世界観とは・・・
「茶の湯」には、「自然を敬う心」「モノを大事にする心」「人に対する思いやりや心遣い」などケルトにも通ずる日本人の精神性があった。特に、草・木・水など自然をコンパクトに表現した自然観には「いっさいの無駄を排除した」質素倹約の精神があり、環境を考える上で重要な「鍵」があると言う。「環境と茶の湯」という新しい切り口で、地球新世紀への提言をする。
さらに、「茶の湯」にみるいっさいの無駄を排除した心「もったいない」の精神こそが重要であると月尾は言う。京都にいまも残る、衣・食・住の「もったいないの精神」から、我々一人一人は、いったいなにをすれば良いのかを導き出す。
―――――――――――――――――――――――――――――――――
◆和食のすすめ・・・「予防のカルテ 心筋梗塞のリスク下げる魚」<07/01/18 Sankeiweb>より
  欧米では、生活習慣病といえば心筋梗塞(こうそく)だ。例えば米国では死因の30%が心筋梗塞を主体とする心臓病。原因は、脂肪分の多い食事により起こる動脈硬化だ。心臓に栄養を送る血管がふさがれると、心臓を動かす筋肉の働きが衰えてくるのである。
 ところが、日本では欧米に比べ心筋梗塞が少ない。心臓病全体でも死因の15%程度で、心筋梗塞に限ると5%に過ぎない。
 理由は、脂肪分の少ない和食のおかげだということから、欧米では和食といえばヘルシー料理の代名詞になっている。確かに、日本人は欧米人に比べ、血液中のコレステロールが少なく、これが心筋梗塞が少ない一つの要因であることは間違いないだろう。
 そのうえ、血液中のコレステロール濃度が同じレベルの人で比べても、日本人は欧米人よりも心筋梗塞の発症率が低いことがわかっている。
 理由は魚をよく食べる食習慣にあると考えられている。特にアジやイワシなどの青身の魚には、EPAやDHAといった二重結合をたくさん持った脂肪酸(n-3系多価不脂肪酸)が豊富。これらには、血液を固まりにくくサラサラにするなどの働きがあることが知られている。・・・以下略

★番組「地球新世紀」(TBS)では、京都左京区「草食(そうじき)なかひがし」の和食が紹介されている。赤かぶ・堀川牛蒡(ごぼう)・土筆など旬の自然を食べる京料理がすばらしい。また心臓病予防は、和食の中でも特に魚にカギがあるといえるという。
================================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 9日 (金曜日)

メタボに納豆・・・

■メタボリックシンドロームを防ぐのに役立つとみられるホルモン「アディポネクチン」!納豆などの大豆タンパクは体内でアディポネクチン合成を促進する!

29daizujpeg18k
………………………………………………………………………………………………
◆メタボ予防に2たんぱく質 東大チーム、マウスで確認<Asahi.com 07年02月09日>より
 メタボリックシンドロームを防ぐのに役立つとみられるホルモンアディポネクチン」が体内で作用するためには、2種類のたんぱく質が必要であることを、東京大学の門脇孝教授(糖尿病・代謝内科)らのグループがマウスを使った実験で突き止めた。メタボリックシンドロームや糖尿病の治療法開発につながる可能性があるという。米医学誌ネイチャーメディシン電子版で発表した。
 アディポネクチンは、血液中に存在するたんぱく質。脂肪細胞から分泌され、筋肉や肝臓の脂肪を燃焼させたり、糖を分解するインスリンの働きを助けたりし、体内でホルモンとして働くことが知られている。
 このアディポネクチンが働くには、「受容体」と呼ばれる物質が必要で、「アディポR1」「アディポR2」という2種類のたんぱく質が受容体ではないか、と考えられていた。
 門脇教授らは、遺伝子操作技術によって、この2種類のたんぱく質を体内で作れないマウスを作り出すことに成功した。このマウスは、血液中のアディポネクチンが減っていないのに、血糖値が上昇して糖尿病になることがわかった。
 一方、肥満して糖尿病を起こさせた別のマウスの肝臓を調べると、アディポR1とアディポR2が減っていた。そこで、この2種類のたんぱく質を増やしたところ、糖尿病が改善したという。
 脂肪の燃焼や糖の分解を進めるには、アディポネクチンそのものだけでなく、受容体のたんぱく質の作用が鍵を握っていることになる。門脇教授は「アディポネクチンがより効果的に効くような治療法や、新薬の開発につなげていきたい」と話している。
―――――――――――――――――――――――――――――――――
◆納豆 掛け値なしの健康効果<【すこやか生活術】07年1月31日>より
 「発掘!あるある大事典Ⅱ」の捏造番組によって納豆にダイエット効果がほとんどないことは分かってきたが、ではこれまで言われてきたその他の健康効果はどうなのか。掛け値なしの「納豆の実力」を知りたい――。
●「血栓を溶かす」効果
 納豆には「ナットウキナーゼ」という酵素が含まれ、脳梗塞や心筋梗塞を防ぐといわれてきた。「ナットウキナーゼ」を発見した倉敷芸術科学大学の須見洋行教授はこう解説する。
「ナットウキナーゼは血栓を直接分解するだけでなく、加齢とともに作られにくくなる酵素『プラスミン』を活性化します。プラスミンも血栓を溶解する働きがあります。脳梗塞や心筋梗塞は仕事を控えた日曜の就寝後から月曜の明け方に起きることが多いことが分かっています。ナットウキナーゼは摂取してから4時間後に最大の効果が表れ、その後8時間前後は効果が持続します。サラリーマンは日曜の夕食に納豆を食べるのがベストということになります」
 ただ、ナットウキナーゼがどのくらい血液中に吸収されるのかはハッキリしていない。
●「血液サラサラ」効果
 血液の塊である血栓と血液ドロドロとはまったく違う。血液ドロドロは赤血球が柔らかさを失ってくっつきやすくなったり、止血に欠かせない血小板が必要以上に働くことで起こる。
 原因はストレスやアルコール。ここでの納豆の出番はない。納豆に血液サラサラ効果は期待できない。
●「骨を強くする」効果 <略>
●「ビフィズス菌を増やす」効果 <略>
●「老化を遅らせる」効果   
 長生き老人の体内には「アディポネクチン」という物質が非常に多いことが分かっている。アディポネクチンは動脈硬化を予防し、血圧、血糖値、中性脂肪値を正常に保つ。納豆などの大豆タンパクは体内でアディポネクチン合成を促進する。
●「消化を助ける」効果<略>
●「大豆イソフラボンや尿酸値」問題
 食品安全委員会は大豆や納豆などに含まれる「大豆イソフラボン」の取り過ぎに注意せよと警告している。
「大豆イソフラボンを取り過ぎると、脱毛や精力減退につながるとされています。食品安全委員会は1日75ミリグラム以上の摂取に注意を促しています」(サプリメントに詳しい医師)
 また、痛風の原因となるプリン体も多い。
「納豆は牛ヒレ肉やうなぎなどよりもプリン体は多いのですが、レバーやカツオに比べれば半分。大豆イソフラボンも100グラムあたり20ミリグラムほど。毎日300グラム、400グラムと大量に食べなければ問題ないでしょう」(食品アナリスト)  めげるな納豆!

★上写真は、「食彩の王国」第162回『大豆』~日本の味の母 大豆~2月3日より。大豆は日々の暮らしに欠かせない食材です。それは二千年前から変わらず、これから先も日本食が愛される限り、変わることはないでしょう。・・・と結んでいます。メタボリックシンドロームと納豆はアディポネクチンでつながるんですね!?
================================================================

| | コメント (0) | トラックバック (19)

2007年2月 8日 (木曜日)

手軽にむくみ解消術

■血流が滞ると血栓ができることも・・・簡単!むくみ解消術

27mukumijpeg18k
………………………………………………………………………………………………
◆血管の赤信号!むくみ根本改善術<NHKためしてガッテン2月7日>より
~「足のむくみ」。実は、単なる美容だけの問題ではなく、なんと、足の「静脈の異常」によっても引き起こされているものだった!
◆静脈瘤とは静脈瘤とは、足の静脈に血液が溜まる状態が長時間続いた結果、血管が皮膚の表面に浮き出てしまうものです。静脈瘤には、表面の血管にできる「クモの巣状静脈」や、内部の太い血管にできる「伏在静脈瘤」などがあります。
◆血流が滞ると血栓ができることも
静脈の血液の流れが滞ると、水分が血管の外へと染み出すため、血液の粘土が高まり、静脈の中で血栓ができてしまうこともあります。
 急に動いたりして血栓が静脈の流れに乗ると、肺の動脈をふさぎ(肺動脈血栓塞栓(そくせん)症)、死亡してしまうこともあります(いわゆるエコノミークラス症候群)。
◆自分のポンプを使ってむくみ解消法<(1)(2)を同時に両方行う>
(1)筋肉ポンプ(足首曲げ)
 足は、軽く前に出す。ゆっくりと足首を上に曲げる。
※ポイントは、ふくらはぎの筋肉を動かしているという意識を持つこと。
※5回~10回を1セットとして、30分~1時間に1セットぐらい行うと効果的。
(2)おなかポンプ
※注意:日ごろあまり体を動かしたことがない方や、腰を痛めたことがある方は、急に行うと、腰を傷めてしまうおそれもあります。
 腹式呼吸をして、後ろに反り返る。
※反り返りながら息を吸い、元に戻りながら吐くとやりやすいです。
※筋肉ポンプとおなかポンプを両方行うと、より効果的です。
―――――――――――――――――――――――――――――――――
◆JTBグループ2社、スギ花粉疎開ツアーを発売
 JTBグループのJTB北海道(札幌市)、JTB沖縄(那覇市)の2社は8日、「スギ花粉リトリートツアー(スギ花粉疎開ツアー)」を発売する。花粉が最も多く飛ぶ春先にスギの木がない北海道・沖縄地区に避難、森林浴など健康と癒やしに関連した様々なプログラムを体験する。
 北海道ツアーは3泊4日で、出発日は3月16日。東京発着で価格は1人9万9800円(3人1室利用)。スノーシューを履いて楽しむ森林浴や効果的な温泉入浴法の指導、地場の食材を使った健康づくりのためのメニュー体験などを盛り込む。花粉症発症のメカニズムを知り、日常生活での注意点などの指導も受けられる。
 一方、沖縄ツアーは東京と大阪発着。3泊4日で出発日は3月16日。東京発着は1人12万2000円(2人1室利用)。リゾート気分を満喫しながら、短期集中でストレスから解放されるプログラムを用意する。専門家による生活指導のレクチャーも実施しスギ花粉と付き合うノウハウを紹介する。<2007年2月8日/日経産業新聞>

★むくみ解消に、足湯、マッサージ、足あげは、長時間行ったり、やり方次第ではむくみの予防になる場合もあるそうです。階段上り下りや足首ウオーキングなどもいいかもしれない。NHK「今日の体操」の前半にも、腹式呼吸法が取り入れられている・・・
================================================================

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2007年2月 7日 (水曜日)

畑のかつお節

■血液サラサラ食材タマネギ、マイルド系(甘タマネギ)とストロング系(辛タマネギ)の2タイプあり

27onionjpeg17k
………………………………………………………………………………………………
◆冬タマネギの極うま料理<はなまるマーケット2月7日>より
・マイルド系(甘タマネギ)=辛みが少ないのでサラダなど生食向き
・ストロング系(辛タマネギ)=流通量が一番多く値段が安い
▼タマネギの甘みと旨みを生かす、温かい料理に注目!
~火を通すと辛みが無くなって甘みが強くなる
~ダシとして生かし、鍋料理・みそ汁・うどん等に!(煮込み料理でダシとして活用)
・『タマネギと豚肉のすきしゃぶ』
・『タマネギのスープ』=タマネギ/オリーブ油/ニンニク/生ハム/パプリカ粉末/コンソメ/卵/パン
※タマネギをオリーブ油で炒め、辛みを飛ばすのがミソ?・・・
―――――――――――――――――――――――――――――――――
◆糖尿病をやっつけたタマネギスープの作り方<【すこやか生活術】07年1月30日>より
~300前後の血糖値が130台に安定
  糖尿病食は味気ないから、つい……。食事改善を試みては挫折している人に朗報だ。東京・麻布十番の洋食店「グリル満天星」の総料理長で、30代に糖尿病と診断された窪田好直さん(74歳)は、自ら考案したタマネギスープで血糖コントロールに成功しているのだ。窪田さんを直撃、特製のタマネギスープの威力と作り方を聞いた。
・・・中略
 さて作り方だが、窪田さんはタマネギスープを1週間分まとめて作り、冷蔵庫で保存しておくという。そのレシピは囲みの通りだ。
「昆布がとろける状態が食べごろ。タマネギの甘味があって、おいしいですよ」と窪田さん。塩分が少ないので、高血圧の人にもよさそうだ。冷蔵保存で容器のふちについた脂を取るのがポイントだという。
 タマネギスープの飲み方は――。
「朝と晩にタマネギスープを200ccずつ飲みます。・・・以下略
▼窪田さんのタマネギスープのレシピ(1週間分)
(1)タマネギLLサイズ8個(2キロ)と脂肪分の少ないベーコン100グラムをさいの目に切る。
(2)ニンニク1かけをみじん切りに。
(3)2.5リットルの水を張った圧力鍋に(1)と(2)のほか、刻んだ根昆布30グラムを。
(4)しょうゆと酢を各大さじ2、コショウをムーランで20回振り、味を調える程度に塩を少々加えて、30~40分加熱すれば出来上がり。

★血液サラサラ食材トップクラスのニンニクとタマネギを使ったスープ!高血圧や糖尿病に特製オニオンスープ・・・。安くて保存がきく食材だ。タマネギは甘みと旨みの畑のかつお節!
================================================================

| | コメント (0) | トラックバック (10)

2007年2月 6日 (火曜日)

川柳で多しメタボ・脂肪・脳トレ

■2006年川柳素材は、高齢化社会、ダイエット騒動、脳トレなどが多い!?

26metabojpeg18k
………………………………………………………………………………………………
◆サラリーマン川柳の入選作100編発表<第一生命>
・・・ 第一生命保険は2月5日、恒例の「サラリーマン川柳コンクール」の入選作100編を発表した。「メタボ」「ハンカチ王子」など2006年に話題となった言葉をちりばめながら、職場や家庭をコミカルに表現した作品が目立った。メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に関連し「俺(おれ)だって 診断結果は チョイ悪だ」や、「そのすきま 席ゆずられても すわれない」など太りすぎを気にしながらも冗談にする余裕も。
  サラリーマン川柳は20回目で、全国から2万3179作品の応募があった。5日から3月16日まで第一生命のホームページなどで優秀作品を選ぶ投票を受け付け、5月にベストテンが発表される。<中日新聞2月6日>より
 アドレスは、http://www.dai-ichi-life.co.jp/senryu/ 
◆健康関連は約12%?
・脳年齢 年金すでに もらえます
・たまったなぁ お金じゃなくて 体脂肪
・アレどこだ? アレをコレする あのアレだ!
・リバウンド 痩せる前から 気に懸ける
・脳年齢 それより気になる 肌年齢
・俺だって 診断結果は チョイ悪だ
・デスノート 「脂肪」「脂肪」と 書く女房
・脳トレを やるなら先に 脂肪トレ
・妻タンゴ 息子はスノボ 俺メタボ
・なつかしや 妻のエクボが いまメタボ
・飲み仲間 ついた名前は メタボの会
・岩盤浴(ガンバンヨク) 韓流スターかと 聞く親父
―――――――――――――――――――――――――――――――――
◆メタボリックシンドロームが心疾患の予測指標であることを確認
 メタボリックシンドロームが心疾患リスクの強い指標となることが、過去の研究の解析によって示され、医学誌「Journal of the American College of Cardiology」1月30日号で報告された。
 一般に、下腹部肥満、高血圧、高LDL(悪玉)コレステロール、インスリン抵抗性、高血糖値などのうち3つ以上の因子をもつ場合、メタボリックシンドロームとされる。今回、米メイヨークリニック医学部助教授のApoor S. Gami博士は、メタボリックシンドローム患者のリスクを定量化するべく、17万人以上を対象とした37研究についてメタ分析を実施。さらに、各研究を実施した研究者にも詳細な情報を求めた。その結果、メタボリックシンドロームの人は、そうでない人に比べ死亡を含む心臓発作リスクが78%高いことが判明した。
 米コロラド大学医学部教授で米国心臓協会(AHA)前会長のRobert Eckel博士は、メタボリックシンドロームの重要性はこれまでにも認識されており、この結果は特に意外性のあるものではないと述べている。しかし、メタボリックシンドロームの基準値については議論が続いており、それぞれの因子をどう定義するかを今後も検討していく必要があるという。
 一方、米テキサス大学衛生科学センター教授Michael Stern博士は、メタボリックシンドロームと心血管リスクとの関連は認めつつも、その重要性については懐疑的で、「危険因子(リスクファクター)の気ままな寄せ集め」であるメタボリックシンドロームよりも、長期にわたる「フラミンガム心臓研究」で導かれた方程式の方がリスク評価に優れていると指摘。
 これに対してGami博士は、メタボリックシンドロームによるリスクが個々の危険因子によるリスクを50%上回ることが、3つの研究からわかっていると反論している。<2007年1月23日/HealthDay News>より

★「同窓会 行ってみれば 老人会」!? しかし我々の50~60代の同窓会は、皆予想外に若くて“老人会”の雰囲気はあまりない・・・?テレビやインターネットで結構学習・実践しているのだ!
================================================================

| | コメント (0) | トラックバック (26)

2007年2月 5日 (月曜日)

冬はビタミンCが5倍!

■ホウレンソウ、ちぢみホウレンソウ、サラダホウレンソウ、3種類揃うのはこの時期だけ

25horensojpeg18k
………………………………………………………………………………………………
◆今が食べごろ、三大ホウレンソウを味わい尽くそう<はなまる2月5日>より
~栄養満点の今のホウレンソウ
・ビタミンCが冬は夏より約5倍!カロテン・糖度も夏より多い・・・(日本ビタミン学会誌2005より)
■3種ホウレンソウの特徴
1.ホウレンソウ・・・程よい苦味・適度な柔らかさ
2.ちぢみホウレンソウ・・・甘い・葉が肉厚
3.サラダホウレンソウ・・・エグミが少ない・シャキシャキ感・生で食べられる
◆美味しいおひたしの極意
1)調理前に水に浸しシャキッとさせる
2)切らずに根の方からそのまま茹でる(水でしめギュッとしぼる)
3)ほぐしてから味付けする(かつおぶしや胡麻を加える)
―――――――――――――――――――――――――――――――――
◆高血圧対策の落とし穴 実例集~こんなドジやってませんか?<【すこやか生活術】07年1月29日>より
  塩分を控えたり、カリウムを含む野菜を積極的に食べたり……。高血圧対策であれこれ工夫している皆さん! 実は、よかれと思ってやっていることや、ほかの持病の薬などが血圧を上げる“隠れた原因”になっていることがあるのだ。そんな怖い実例を紹介しよう。
 43歳のSさんの血圧は140台/90台㎜Hgで軽い高血圧。それほど深刻な値ではなく、減塩やウオーキングで血圧は下がるはずと高をくくっていた。ところが、いろいろ試しても効果が出ない。“原因”は納豆だった。
「納豆そのものは血液サラサラ効果が高く、高血圧にもいいとされているので、毎日、朝と晩に1パックずつ食べていました。ところが納豆に付いているタレとカラシだけでは足りず、しょうゆとカラシを加えていた。これがダメだったのです。“納豆はいいもの”という先入観が強すぎ、すっかり見落としていました」
 しょうゆとカラシをやめた途端、130台/80台に安定したという。カラシも市販品は塩分が入っているものが多い。・・・以下略
※1 市販のモズク酢にしょうゆを加えて食べていたのがよくなかった。しょうゆをやめたら、上の血圧が10下がったという
※2 カンゾウ茶の主成分グリチルリチンを1カ月摂取し続けると、健康な人でも上の血圧が10前後上昇。高血圧患者の場合は、上昇幅が大きくなることが知られている。
※3 アレルギー性鼻炎で、よく鼻がつまる。常用していた点鼻薬が血圧を上げていたという。点鼻薬に血圧を上げる成分が含まれているという。その成分を含まない点鼻薬に替えたら下がった例も・・・

★「ちぢみホウレンソウの磯辺巻き」は、肉厚の食感と海苔が合うらしい・・・。
 高血圧対策の落とし穴事例はもっといろいろありそうだ。意外なところで塩分を摂りすぎていたり、調理の過程で水溶性のビタミンが少なくなっていたり、カリウムをとるつもりの果物で糖分を摂りすぎたり?
================================================================

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2007年2月 4日 (日曜日)

立春~とっくに春が

■暖冬で、春も花粉も早い!

24springjpeg17k
………………………………………………………………………………………………
◆どこかで春が<NHKみんなのうた2007年2月4日>
・・・作詞:百田宗治/作曲:草川 信/編曲:若松 歓
―――――――――――――――――――――――――――――――――
◆1月末にスギ花粉、都内で観測史上初
 東京都は2月2日、都内の3地点で1月31日にスギ花粉が飛び始めたのを観測したと発表した。1月中の飛散開始を観測したのは1985年の観測開始以来初めて。暖冬の影響で飛散が早まった可能性が高いという。これまでの最も早い飛散開始日は88年と89年の2月1日だった。
 都によると、先月31日にスギ花粉飛散を観測したのは千代田区、杉並区、大田区の3地点。いずれも「1平方センチメートル内に1個以上スギ花粉を捕集した日が2日以上続く」という飛散開始の定義を満たした。<2007年2月3日/日本経済新聞>
―――――――――――――――――――――――――――――――――
◆リンゴに“メタボ”予防効果あり<07年2月1日東奥日報>
 青森県主催の「りんごで健康づくりセミナー」が一日、弘前市の弘前商工会議所会館で開かれた。アサヒビール未来技術研究所の神田智正氏が「りんごポリフェノールの効用について」と題し講演。「リンゴを十二週間以上、継続的に摂取することで『メタボリックシンドローム』(内臓脂肪症候群)の予防と改善に効果がある」と述べた。
 セミナーには、保健師や栄養士、消費者ら約百五十人が参加した。
 同市のニッカウヰスキー弘前工場にも勤務経験のある神田氏は、リンゴの食品としての機能性を説明した上で、体に良い働きのあるリンゴポリフェノールの効用について、「内臓脂肪の低減や、脂質の代謝改善、血流の改善などといった抗メタボ作用がある」と説明。多角的な研究データを示しながら、リンゴの医学的効用を語った。
 講演後、新品種「星の金貨」や、「王林」など黄色品種のリンゴ試食会や、リンゴを使った料理の展示が行われ、参加者は味を確かめながら、リンゴの良さを感じ取っていた。

★地球温暖化のせいなのか単なる暖冬異変なのか・・・暖かくなるのはうれしいが、困る業界もあるらしい。とりあえずスキー場や衣服業界だろうか。
================================================================

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007年2月 3日 (土曜日)

節分に魔滅(まめ)で厄よけ

■日本の味の母、大豆!なぜ節分に豆まき?

23daizujpeg19k
………………………………………………………………………………………………
◆節分マメで達者<食彩の王国2月3日>
~2月3日、節分の日にこの食べものを手にする人は多いはず。そう、今回の食彩の王国は「大豆」です。
最近では一家族の人数も少なくなり、豆まきをする風習も薄くなりつつあるようですが、大豆をまくのには理由があります。この風習は、日本人と大豆の関係をよく表しているのです。・・・
 大豆は節分の日だけでなく、日々の暮らしに欠かせない食材です。それは二千年前から変わらず、これから先も日本食が愛される限り、変わることはないでしょう。
◆日本に大豆製品が多いわけとは?!
大豆を美味しく食べる工夫は、様々な加工品を生みました。醤油に味噌に納豆、豆腐・・・その多くを広めたのはお寺でした。仏教の教えで肉食が禁じられていたため、大豆のタンパク源が重宝されたのです。
 今回、訪ねたのは東京都小金井市にある三光院。ここでの節分は大豆づくし!
まず、豆をまいたら豆ご飯を食べます。その後に行うのは、大豆、小豆、山椒を使った遊び心のある運試し!
 ゆったりとした時間を大切にするお寺ならではの、風流な豆腐料理もありました。それは松ぼっくりから連想された「まつかさ」という、目にも楽しい一品です。
※会津の打ち豆
 大豆を台の上に乗せ、一粒ずつ木槌でトントントン・・・。ペシャンコになったら後は3・4日干して乾燥させれば出来上がり。その名は「打ち豆」。
 料理するときに水で戻す手間がいらず、ぱっと加えて1、2分火を通すだけ。特に、野菜の採れない冬の時期の貴重な栄養源として食べられてきました。
―――――――――――――――――――――――――――――――――
◆「あるある」放送翌日、納豆販売1.7倍に<Asahi.com 2007年02月02日>
 市場調査大手「インテージ」(東京都千代田区)が1月の納豆の販売動向を調べたところ、生活情報番組「発掘!あるある大事典2」が納豆のダイエット効果を放送した翌日、販売数は前日の1.7倍に伸びていたことが分かった。データ捏造(ねつぞう)の発覚後は急減したものの、前年を上回る「納豆人気」は続いている。
 同社が蓄積している全国約5000の小売店の販売データのうち、スーパーマーケット466店を抜き出し、1店1日あたりの納豆の平均販売数を分析した。
 放送された7日には1店平均で393個と前年同期並みだったのが、翌8日には680個に跳ね上がり、前年の1.9倍を記録した。その後2週間ほどは1日440~560個程度が売れ、前年を大きく上回る状態が続いた。
 データ捏造が公表された20日以降、21日は504個、22日は382個と激減した。しかし、それでも前年より2、3割多い状態が続いているという。インテージの分析担当者は「番組をきっかけに一気に市場が動いた。ただ、その後も売れ行きはいい。ダイエット効果の真偽はともかく、注目されたことで改めて納豆の効能が見直されたのではないか」と話す。
 関東圏と関西圏を比べると、放送直後の販売数の伸びは関西の方が大きく、捏造発覚後の減り具合は関東の方が大きかった。

★節分の厄払いに豆まき・・・その豆はたんぱく質豊富な畑の肉「大豆」。保存のきく重宝な大豆に特別な力(霊力)を感じたからでしょうか!最近は落花生をまく人もいるそうだ。スーパーでは“恵方巻き”予約販売セール!
================================================================

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007年2月 2日 (金曜日)

花粉症に泡盛?

■ここ数年、春花粉の季節に売上アップの泡盛「請福(せいふく)ファンシー」!

127awamorijpeg19k
………………………………………………………………………………………………
◆花粉症の人は沖縄へめんそーれ!<CX・FNNニュース1月27日>
~花粉症シーズンに向け、沖縄への長期滞在プランが続々登場!花粉症の人のための“避難ツアー”だ。
◆泡盛『清福ファンシー』
~ここ数年1月から4月に売上が伸びる泡盛。花粉症の人がよく買っていくという・・・
※平成8年清福(せいふく)ファンシーが花粉症に効果的であるという治験データを「呉羽化学工業」が特許申請。平成9年に公開特許(特許未取得)
※(アンケートでは3分の1の人にに効果が見られたという調査データもある)
―――――――――――――――――――――――――――――――――
◆今春の花粉予測「平年並みから20%程度」 環境省<Asahi.com2007年01月24日>より
 環境省は1月24日、今春のスギ、ヒノキの花粉飛散量予測(確定版)を発表した。花芽がつく昨夏の日照時間が全国的に短かったことから、「平年並みから平年の20%程度」という。花粉症の人には少しは過ごしやすい春になりそうだ。
 地域別の飛散量では、北海道・東北北部は平年並み▽東北南部は平年の50%▽関東甲信越は20~30%▽北陸・東海は30~50%▽近畿は40~70%▽中国・四国は60~90%▽九州は平年並みかやや少ない、と予測している。
 花粉の飛散が始まる時期は、昨秋以降、気温が高めに推移してスギ雄花の「休眠」が遅れているため、平年並みかやや遅れるという。四国の太平洋側や九州の北西部など、早い地域では2月10日ごろから飛散が始まる見込み。
 同省は刻々と変化する各地の飛散状況をホームページでも提供する。

★明後日は立春、花粉の季節到来・・・泡盛に抗アレルギー有効成分、特に花粉症に効くような成分がたくさん出たのでしょうか?暖冬気味だから花粉は少ないけどやや早まるのかな・・・

| | コメント (1) | トラックバック (9)

2007年2月 1日 (木曜日)

果物ダイエット効果

■見直しましょう“果物” ダイエットに効果 生活習慣病を予防

21fruitdietjpeg23k
………………………………………………………………………………………………
◆日本人の果物摂取量が年々減っている
 今や先進国では最低水準となり、特に20、30代で極端に少ない。果物は生活習慣病の予防に効果があることが明らかになっている。ミカンやリンゴのおいしい季節。生産者や研究者らは「嗜好(しこう)としてばかりでなく、毎日200グラム、ミカンなら1日約2個、リンゴなら1日約1個は食べてほしい」と呼びかけている。
・・・以下中略
◆ダイエットに効果的
 中央果実基金によると、果物100グラム当たりのエネルギー量はショートケーキの約15%で、200グラムでも1日所要量の4%相当の約80キロカロリーにすぎない。果物は水分や食物繊維が多く、低カロリーでありながら満腹感を得られるため、「食前に食べると主食の摂取量が自然と少なくなるため、ダイエットに効果的」と啓発している。
◆血糖値上げない
 「果物を毎日、適量食べることは、糖尿病や心臓病、脳卒中の予防に効果的」。こう話すのは、独立行政法人「農業・食品産業技術総合研究機構」の果樹研究所上席研究員、田中敬一さん。
 血糖値の急激な上昇は、肥満や糖尿病の要因になる。高血糖はまた、心臓病や脳卒中を招く恐れもある。以前は、ブドウ糖などの過剰な摂取は抑え、デンプンなどから糖分を取る必要があると考えられていたが、最近の研究では、デンプン食品よりも果物の方が血糖値を上げないことが分かってきたという
 日本糖尿病学会も、糖尿病患者に対し、1日80キロカロリーの果物摂取を勧めている。田中さんは「医師の中にも依然として果物の糖が糖尿病を誘発するリスクが高いと考えている人がいるが、それは誤り」と指摘する。
◆果物を1日当たり200~300グラムどうぞ
 ビタミンやミネラル、食物繊維の供給源という印象の強い果物だが、“健康パワー”もある。
 田中さんの果樹研究所の実験では、被験者14人に果物の中で比較的多く果糖を含むリンゴを1日420グラム、3週間毎日食べてもらったところ、12人の中性脂肪値が低下。平均で21%減少したという。
 世界がん研究基金と米国がん研究財団は、果物の摂取により、がんの発生リスクが減ることを報告している。特に日本人に多い胃がんの場合、果物を毎日300グラム食べる人は50グラムしか食べない人に比べ、リスクが半減するという。
 一昨年には、厚労省と農林水産省が「食事バランスガイド」を作成。果物については1日当たり200~300グラム食べることを推奨している。・・・以下略<Sankeiweb 2007/01/30>より
―――――――――――――――――――――――――――――――――
◆アーモンド 生活習慣病予防で注目 無塩タイプがじわり人気<FujiSankei Business i. 2007/1/29>
 栄養豊富なナッツの中でも、アーモンドは生活習慣病予防効果で特に注目されている。血糖値や悪玉コレステロール低減などの効果が相次ぎ発表され、栄養補助食品や無塩タイプも続々登場。酒のつまみでなく健康的な“賢いおやつ”として、存在感を強めている。
 アーモンドは、皮に含まれるフラボノイド(抗酸化物質)と実に含まれるビタミンEが結びついて大きな抗酸化作用を生むとされ、動脈硬化など体の老化を防ぐ効果が高い。昨年11月には米国で、アーモンド手のひら1杯(23粒前後)に緑茶1杯(約225ミリリットル)と同等のカテキンが含まれるという研究成果が発表された。日本でも、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)対策から美容まで効能の裏付けが進んでいる。
 また、豊富な食物繊維には食事の脂肪を包み込んで排泄(はいせつ)する効果が、またアーモンドの脂質の7割を占めるオレイン酸(一価不飽和脂肪酸)には悪玉コレステロールを減らす作用がある。カルシウムや鉄、マグネシウムなどミネラルが豊富なのも特徴。αリノレン酸が多いくるみなどナッツ類は全般的に栄養価が高いが、バランスの良さではアーモンドが抜きんでている。

★果物(フルーツ)やナッツ類は、野菜とともに生活習慣病対策のメイン食材。バランスよく摂ろうといってもなかなか難しい。ある病院の栄養士さんから、リンゴやバナナの糖分を摂りすぎないように注意されたが・・・
================================================================

| | コメント (0) | トラックバック (24)