« ノーベル賞に値する成果だ | トップページ | 平均血圧を100未満に、脈圧を60未満に »

2007年11月22日 (木曜日)

冬は白菜で、カリウム・ビタミンC

■冬は高血圧に注意!高血圧の管理が注射1本でできるようになる?

1121hakusaijpeg18k
………………………………………………………………………………………………
◆今が旬!冬野菜の王様・白菜!<はなまる11月21日>より
 寒くなるこれからの時期、お鍋になくてはならない白菜。でも、お鍋だけなんてもったいない!
そこで今日のとくまるは、お鍋だけじゃない、色んなおいしさを楽しめる白菜に大注目!<番組サイトより>
◆冬は白菜でビタミンCやカリウムを・・・((医学博士管理栄養士:本多京子さん)
「白菜は野菜としては、キャベツと同じ仲間なんです。ですから栄養的にもほぼ同じで、ビタミンCやカリウムを多く含んでいるのが特徴です。 春はキャベツを使う料理を、冬は旬の白菜で代用して作るというのが、栄養的にも経済的にもとても意味がありますよね。」
◆白菜に新品種・・・
☆ミニ白菜
 通常のものに比べて小さい白菜「ミニ白菜」と言われていまして、 だいたい大きさ重さともに1/3ぐらい。
☆オレンジクイン
 外から見ると普通の白菜ですが、中の葉の色が少し濃いもの。こちらの方がビタミンC・ベータカロテンも多めになっています。
※白菜の多彩な料理の方法などを紹介しています。詳しくは番組サイトで・・・
――――――――――――――――――――――――――――
◆飲み忘れのない高血圧ワクチンに有望な結果<2007年11月6日/HealthDay News>

  高血圧の管理が注射1本でできるようになる可能性があるという。
米フロリダ州オーランドで開催された米国心臓協会(AHA)年次集会で、毎日の服薬を不要にする高血圧ワクチンについて、初期研究で有望な結果が得られたことが報告された。
 研究を行ったのは、スイス、ヴォーVaud州大学病院教授のJuerg Nussberger博士で、このワクチンを製造するCytos Biotechnology社の関係者でもある。
・・・中略
 CYT006-AngQbと呼ばれるこの新しいワクチンは、血管を収縮させ血圧を上昇させる物質であるアンジオテンシンIIを阻害することにより作用する。アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬およびアンジオテンシン受容体拮抗薬(ARB)などの既存の薬剤も同じ物質を標的としている。

 今回の試験では、軽症ないし中等症の高血圧患者72人を対象に、試験開始から0、4、12週目にワクチン100μgまたは300μg、プラセボ(偽薬)のいずれかを注射した。被験者は男性65人、女性7人で、平均年齢は51.5歳。ワクチン投与群では、いずれの用量でも最初の注射後に抗アンジオテンシンII抗体の産生がみられ、高用量群では有意に反応が高く、持続期間も長かった。14週間後、高用量群では収縮期血圧が5.6mmHg、拡張期血圧が2.8mmHg降下した。

 さらに、午前5時から午前8時に生じる血圧の急激な上昇が軽減するという予想外の効果も認められ、収縮期血圧が25mmHg、拡張期血圧が13mmHg降下した。早朝は心臓発作や脳卒中のリスクが最も高い時間帯だという。また、ACE阻害薬やARBではレニンの大幅な上昇がみられるが、このワクチンによるレニンの増大は少なかった。レニンは炎症を引き起こす酵素で、腎不全の原因にもなると考えられている。

 今後さらに試験を重ねる必要があり、特に、必要な場合には血圧を上昇させる身体の「回避機構」が働くかどうかを確かめなくてはならないという。また、安全で有効なワクチンであっても患者がまず同意せねばならなく、服薬遵守(コンプライアンス)は100%にはならないとJones氏は指摘している。

★高血圧といえば減塩だが、カリウムに減塩効果があるとはよくいわれます。白菜などの野菜や果物でカリウムを摂りましょう。
 それにしても、降圧薬の毎日の服用は難しいと言うより面倒だ。高血圧ワクチン注射で血圧管理ができるという。飲み忘れのしやすい高齢者にはいいかもしれないが・・・
================================================================

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18797/17150864

この記事へのトラックバック一覧です: 冬は白菜で、カリウム・ビタミンC:

コメント

コメントを書く