« 脂質異常症とは | トップページ | 春暖で虫が穴から出てくる啓蟄 »

2011年3月 5日 (土曜日)

春の新宿御苑バガボンド・ウオーキング

■寒くても春の陽射しを浴びて、生活習慣病を回避・・・

201135gyoenjpeg38k
………………………………………………………………………………………………
◆バガボンド(vagabond=放浪者)年金高齢者の新宿御苑ウオーキング・・・
 すっきり晴れた昨日、寒い北風をさけるために新宿御苑の日本庭園を散策。梅や早咲きサクラを観賞しながら芝生で日向ぼっこ。少しはドーパミンが出たかな。御苑をプラタナスの並木あたりまで周回して千駄ヶ谷口へ出る。
 早々に新宿の夜の居酒屋巡り・・・新宿西口「うおや一丁」から「JAZZ&ART バガボンド(vagabond)」まで。
 総歩数10,657歩(5.32km)。但し早足は26分間でした。

 ■「JAZZ&ART・VAGABOND」
 ・・・生ジャズを聴きながら♪
 バガボンドの扉を開けて階段を登ると、そこはVAGABONDワールド。ピアノやテナーサックスの生演奏をBGMに、どこか懐かしいレトロな空間で、一日の終わりを楽しんでください・・・<バガボンド・サイトより>
 NYタイムズ誌にも取り上げられた、知る人ぞ知るちっぽけな居酒屋。むかし会社のHさんに紹介された店です。
 昨夜は生のジャズピアノ~キース・ジャレット?を聞きながら本物志向の料理と酒(生ギネスが有名らしい)とサルトルを語る?壁一面に飾られた絵画も独特の雰囲気を醸し出しています。
 エネルギー充電空間・・・VAGABONDの一夜でした。

★寒暖の差の激しい春先3月は、脳卒中や心臓病持ちの高齢者は、ぽかぽか温かい環境で太陽の光を浴びましょう。花粉症の人は大変ですが武蔵野台地の崖地には、いい場所があります。新宿御苑の日本庭園も北風よけの崖地で穴場ですよ。
 そして陽が落ちて、夜のとばりが降りて来ると、かって青春の談論を闘わせたジャズ酒場などが癒やしてくれますね。
 昔は“人生論”でしたが、高齢になった今は、だれそれが入院したとかの健康談議です・・・
================================================================

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18797/51036803

この記事へのトラックバック一覧です: 春の新宿御苑バガボンド・ウオーキング:

コメント

コメントを書く