« 春の新宿御苑バガボンド・ウオーキング | トップページ | 体内減塩化の流れ加速 »

2011年3月 6日 (日曜日)

春暖で虫が穴から出てくる啓蟄

■啓蟄(けいちつ)の今日・・・気温12℃~15℃(横浜)

201136keititujpeg32k
………………………………………………………………………………………………
◆まるで虫のように、土中からニョキニョキ這い出てきたような「ラクウショウ(落羽松)」の気根
 ・・・先日4日の新宿御苑で撮影しました。北アメリカ原産の落葉針葉高木。沼沢地での根元が少し水につかった状態(冠水)で自生することが多いそうです。
 ラクウショウの幹の周りに筍のような呼吸のための気根(呼吸根)がニョキニョキ出ていました。<上写真>
 別名はヌマスギ(沼杉)。宮崎神宮参道、鳥居の付近に樹齢100年なる「みやざきの巨樹百選」にも指定されている見事なラクウショウの木があるそうですね。
 さて、啓蟄からはじまる“はるボケ”。ゆっくりボケを楽しみながら100歳まで健康長寿!

 ■「100歳までボケない101の方法」白澤 卓二 (著) /文春新書
 ・・・「朝食はネバネバメニュー」「野菜の王様ブロッコリー」「リンゴは皮まで食べる」「7時間睡眠が長生きの秘訣」「2日前の日記をつけよう」など健康長寿を実現するための方法を紹介。
 順天堂大学加齢制御医学講座教授の白澤卓二さんはアンチエイジング研究の第一人者です。

啓蟄。柳の若芽が芽吹き、ふきのとうの花が咲くころです。ボーッとして過ごしていませんか。
 さらに健康長寿のコツ?は、
 ・いつまでも「男」に・・・脳に性的な刺激を与えてやることも大切!男性ホルモン・テストステロンを活発に!
 ・嫌なことはどんどん忘れる
 ・無病息災より一病息災 など
 男性ホルモン・テストステロンを活発にするために、恋愛、AV観賞(キレイな地デジで刺激を)などがお薦めです。
 昨夜は「カンゾー先生」(BS朝日)を観て、まるで「ラクウショウ」のように元気がニョキニョキ這い出デジ!================================================================

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18797/51047192

この記事へのトラックバック一覧です: 春暖で虫が穴から出てくる啓蟄:

コメント

コメントを書く