« 心臓の健康には速足ウオーキング | トップページ | 朝食を抜くと「脳が委縮」・・・認知症に? »

2012年10月28日 (日曜日)

Apple iPad 対抗のMicrosoft Surface投入!

■ポイントは、iPadに対抗心を燃やす「Surface」にあり!

20121028surfacejpeg22k
………………………………………………………………………………………………
◆米国メディアは、Microsoft の Windows 8 発表イベントをどのように伝えたか
 ・・・<Cynthia Harvey 2012年10月26日>
 ■米国メディア PCMag は、『Windows 8 PC は、これまでで最高の PC だ。Windows 8 は利用者の生活を明るいものにし、利用者が大事にしているものや大切にしている人へのアクセスを容易にする』」
 ■米国メディア Wired は、「新たな発見は何もなかった。Microsoft は、Windows 8 について我々がすでに知っていることを繰り返しただけだった。新しい Windows 8 対応デバイスが発表されることはなかったし、新しい機能が紹介されることもなかった・・・」
 ■米国メディア Computerworld は、「企業ユーザーは、Windows 8 の採用に向けてすぐに動くことはないだろう。Gartner の市場調査によれば、多くの企業は再来年まで様子見を決め込むようだ」

★米ニューヨークで開催されたWindows 8の立ち上げイベント。日本との違いは、マイクロソフト純正タブレットの「Surface」が発売されることです。ユーザーに伝えたい想いを形にしたMicrosoft Surfaceが目玉!
 例えば、10.6型で16:9の画面サイズ。iPadの9.7型で4:3のディスプレイではなく、PCで使われることの多い11~13型でもなく、10.6型というユニークなサイズも、こだわり抜いた大きさだ。
 Windows RTモデルは1366×768ドット表示で5点同時のマルチタッチに対応、Windows 8 Proモデルは1920×1080ドット表示で10点同時のマルチタッチに対応する。
  ほかにもキックスタンドを取り付け、microSDメモリーカードスロットを通じてメモリカードに収めた映画を飛行機の中で10時間以上見られるといった部分にもこだわりがある。「無線LANのアンテナも2×2のMIMOで、ホテルからは『この部屋はWiFiが届かない』と言われた場所で完璧に受信できたという・・・
 そして今までのPCでの特徴は、
 「Windows 8は7に比べ、高速でメモリ消費量が少なく、滑らかに動作する。13%もバッテリーの使用時間が延び、起動時間も36%速くなった。フラッシュメモリからの読み込み処理も22%速くなっている。」
 革新的なポイントのない改良点のみだ・・・。真のポイントは、Surface(サーフェス)にあり!日本発売が待たれる・・・

★私自身の最近導入したWindows7のノートパソコン。タッチパネル液晶ではないのでWin8を入れても、タッチ操作はできない。まして他の様々な画像処理ソフトがWin8に対応しているかどうか不明なので当分Win8は導入しない・・・但し、ハードを含むWin8対応のSurface(サーフェス)には興味がわく。多分慣れ親しんだパワポ、ワード、エクセルが対応するから。
================================================================


|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18797/55992813

この記事へのトラックバック一覧です: Apple iPad 対抗のMicrosoft Surface投入!:

コメント

コメントを書く