« 朝昼の気温差が激しい | トップページ | 丹波篠山黒枝豆が旬! »

2012年10月14日 (日曜日)

長寿遺伝子でプラス30年?

■サーチュイン遺伝子は飢餓やカロリー制限によって活性化される・・・!

20121014tyoujyujpeg37k
………………………………………………………………………………………………
◆サーチュイン遺伝子の活性化で寿命が延びる?
 ・・・サーチュイン遺伝子は飢餓やカロリー制限によって活性化されるが、この他に赤ワインに多く含まれるポリフェノールの一種、レスベラトロールによっても活性化される・・・。米国ではレスベラトロールのサプリメントが販売され年間30億円を売り上げるヒット商品になっているという。

 ■「寿命は30年延びる」
 ・・・幻冬舎<白澤卓二著>によると、老化を遅らせて寿命を延ばす長寿遺伝子が活性化している人ほど、100歳を越えても元気でいられるという。
 長寿遺伝子のスイッチをオンにするには、インスリンの分泌が少なくて済む食事や、酸化を防ぐ生活習慣が大切なのだそうです。
 例えば、カロテノイドを多く含む野菜(にんじん・トマト・ホウレンソウ等)をとったり、ポリフェノール豊富な赤ワインをグラス2杯程度飲む。また、オリーブオイルには、オレイン酸が多く含まれ、抗酸化作用が高く、悪玉コレステロールを減らす働きのほか、消化吸収を助ける働きも。
 野菜や豆腐から食べ始めると、インスリンの分泌が少なくて済む方法は、私はもう実践済みだ!

★南雲医師の書籍が書店でも多く見られるようになりました。カロリー制限をするとサーチュイン遺伝子が活発化し、寿命が伸びるという内容ですが、今度はそれに反する研究結果も出たとか・・・。
 サーチュイン遺伝子による寿命延長効果は酵母、ショウジョウバエ等で報告されていますが、これらの実験結果を否定する報告もあり、まだ確定した効果とは言えないようです。
================================================================

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18797/55891539

この記事へのトラックバック一覧です: 長寿遺伝子でプラス30年?:

» 長寿 最新情報 - 知識陣 (健康 健康) トラックバック 知識陣 健康
長寿 に関する最新情報 [続きを読む]

受信: 2012年10月15日 (月曜日) 05時34分

コメント

コメントを書く