« エノキタケでメタボ予防! | トップページ | ふくらはぎを揉む3つのライン »

2012年10月 8日 (月曜日)

山中伸弥京大教授にiPS細胞でノーベル賞(医学生理学賞)!

■「生命の未来を変えた男・・・山中伸弥京大教授」~NHKスペシャルのタイトルから

2012108ipsjpeg18k
………………………………………………………………………………………………
◆山中伸弥京大教授がノーベル賞受賞-iPS細胞研究で!
 スウェーデン王立カロリンスカ研究所は8日、京都大学の山中伸弥教授・iPS細胞研究所長(50)ら2人に2012年のノーベル生理学・医学賞を贈ると発表した。
 山中教授の基礎となった英国のジョン・ガードン博士(79)と共同での受賞となった。受賞理由は「細胞の初期化」。そしてさまざまな細胞に変化させることができ、再生医療やパーキンソン病などの難病の研究に役立つiPS細胞の研究が評価されたもの・・・
  がん化を防ぐ安全な作製法の開発が進み、慶応大との共同研究で脊髄損傷のサルの機能回復に成功、理化学研究所がiPS細胞を用いて加齢黄斑変性を治療する臨床試験の開始を予定するなど、再生医療の実現に近づいている・・・
 難病患者の体細胞からiPS細胞を作って病態を再現した上で治療薬を探索する研究も進んでおり、医学の進歩への貢献が今後も期待されています。

★6年前、マウスの実験で、皮膚の細胞の核に、特定の4つの遺伝子を入れると、受精した直後のように、体のあらゆる組織や臓器に変わる「初期化」が起きることを世界で初めて示し、この細胞を「iPS細胞」と名付けました。
 「iPS細胞」・・・induced pluripotent stem cell 人工多能性幹細胞
 iMAC、iPod、のように、頭の英字を小文字にして、目立つようにロゴ化した?そういえば、私もならって、iRON-Netにしたものでした。
================================================================

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18797/55848449

この記事へのトラックバック一覧です: 山中伸弥京大教授にiPS細胞でノーベル賞(医学生理学賞)!:

» 山中・京大教授iPS細胞作製でノーベル生理学・医学賞受賞 おめでとうございます。 トラックバック 自分なりの判断のご紹介
昨日のブログ記事に 【追記】として書こう かと一瞬思ったん ですが。 やはり、これだけで ブログ書かなきゃね。 山中教授、ノーベル賞 受賞、心からお祝い 申し上げます。o(^▽^)o 山中・京大...... [続きを読む]

受信: 2012年10月 9日 (火曜日) 11時13分

コメント

コメントを書く