« 山中伸弥京大教授にiPS細胞でノーベル賞(医学生理学賞)! | トップページ | 木琴林ウオーキング »

2012年10月10日 (水曜日)

ふくらはぎを揉む3つのライン

■ふくらはぎケアで、偏頭痛が改善!ウオーキングなどで足がつる時も・・・?

20121010fukurahagi1jpeg19k
………………………………………………………………………………………………
◆体調改善!お手軽ふくらはぎケア
 ・・・「ふくらはぎ」が第2の心臓。「ふくらはぎ」は、体の中の血流を促進させる重要な役割を果たしています。
 NHK番組「ゆうどきネットワーク」では、ふくらはぎをもむことで長年悩んでいた偏頭痛が改善した方を取材。そのメカニズムから実際のもみ方まで、誰にでも簡単にできる「ふくらはぎケア」を紹介。
20121010fukurahagi2jpeg16k
 ■ふくらはぎの効果的なもみ方
 ふくらはぎは、3つのラインをもむことで血流改善が期待できます。
①内くるぶしから膝まで
②アキレス腱(けん)から膝の裏まで
③外くるぶしから膝まで
 両手の親指を重ね、これらのラインを下から上へと押していきます。
押す瞬間に息を吐きながら行うと、より血流促進につながります。
また、1つのラインを押したあと、ふくらはぎ全体をもみほぐすとより効果的です。
 1日5分~10分、入浴中か入浴後に・・・

★おふろに入りながら、げんこつや両手の親指を重ねたりして下から押し上げます。これから入浴のたびにやってみましょう。もっと簡単に「ふくらはぎ」を動かす方法として、机つかまり「つま先立ち」や椅子に座りながら、かかと上げなどの方法を紹介。
 明日は三鷹文学の道を(平坦な道ながら)「スローウオーキング」予定・・・まあ足がつることはないでしょう。
================================================================

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18797/55862680

この記事へのトラックバック一覧です: ふくらはぎを揉む3つのライン:

コメント

コメントを書く