« 近未来的なデザインで話題! | トップページ | 電子書籍を楽しむ高齢者 »

2012年11月20日 (火曜日)

お米は太りにくい炭水化物?

■太りにくい炭水化物ってあるの?低炭水化物ダイエット、あるいは糖質オフダイエットというけれど・・・

20121120ricedietjpeg21k
………………………………………………………………………………………………
◆どんな食材にも含まれている「糖質」
 ・・・糖質とは一般的に、炭水化物のうち食物繊維を除いたものと言われているが、実は食物繊維も糖質のひとつ。砂糖はもちろん、ごはん(米)やパン(小麦)、麺類、いも類、根菜類、果物類(バナナ他)等だけではなく、トマトなどの甘いと感じる野菜のほとんどに含まれている。
 さらに糖質は体のエネルギー源となる大切なもの。そのため神経質になる必要はなく、極端な制限はかえって脳が甘いものを欲しがり逆効果となってしまうため適度な摂取が必要だ。<資料:雑誌「MAQUIA」12月など>

 ■お米は太りにくい炭水化物?
 塩分も脂肪分もゼロのお米は、炭水化物のなかでも太りにくい優秀な食材のため、小麦を減らしお米を食べることが推奨されています。腹持ちもいいお米は、まさに「糖質オフ」うってつけの食材・・・

★私も低炭水化物ダイエットにチャレンジ・・・約10kg減となりました。食材や調理法、食べ方に注意すると効果的で、なるべく精製されていない“玄米”を選んだり、あえて手間をかけず蒸すだけのシンプルな方法をとったりするのがベターだそうです。
 「糖質」は野菜にも、果物にも入っています。果物は消化吸収が早く、体に負担が少ないのでよいのでは。さらに糖分は含んでいますが、砂糖などの精製された糖分とは違うので常識的な量であれば、例えばリンゴ1個やバナナ一本食べるくらいならいいか・・・自然のバランスのとれたビタミンとミネラルが摂れ、体に優しい=ダイエット法という説あり!ちなみに食品100g当たりの炭水化物の含有量、バナナは22.5g、りんご14.6g。
================================================================

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18797/56156456

この記事へのトラックバック一覧です: お米は太りにくい炭水化物?:

コメント

コメントを書く