« 右へ大きく触れたワイパー選挙orオセロ選挙? | トップページ | イワシの油が原料「エパデール」、生活習慣病で初のスイッチOTC »

2012年12月18日 (火曜日)

触って話せる文字パッド

■病気などで声を出しにくい人の代わりに発声してくれるiPadとiPhone向けアプリ「話せる文字パッド」!

20121218monopadjpeg39k
………………………………………………………………………………………………
◆声が出なくても、触って話せる文字パッド アプリ(アップル)発売へ
 ・・・ 福祉用具販売のジャパンアイテムコーポレーションは、病気などで声を出しにくい人の代わりに発声してくれるiPad(iPodTouch)とiPhone向けアプリ「話せる文字パッド」を12月19日に売り出すという。
 50音順に並んだひらがなで短文を作り、再生ボタンに触れれば声が流れる。税込み1千円で、米アップルのサイト(Apple Store)で購入できる。<朝日新聞デジタル12月18日>

20121218mojipad2jpeg2k
 ■音声認識メール クラウド(By Advanced Media,Inc)
 ・・・大語彙音声認識技術を利用したテキスト入力支援アプリ。本体に向かってしゃべると文字に変換されます。
音声認識辞書をこれまでの約10倍に大幅拡充し、より多様なバリエーションが・・・

 ・・・(ある人は「音声認識メール・クラウド」の使い方を以下のように)
 iPad,iPhone.iPodTouchをマイク代わりにし、本を読みあげるだけで簡単にテキスト化。多少修正が必要ですが、Gmailで自分宛に送付したり、evernoteのノートにUPすれば、後はいつでもブログなどに転載することが可能となりますし、自分用の書籍メモとしても重宝する・・・という。
 また、SMS(Facebookなど)やtwitter、mixiボイスやevernoteへの直接の投稿が可能となっているようです。

★ひらがなで短文を作り、再生ボタンに触れれば声が流れる「触って話せる文字パッド」もいいですが、しゃべったり、読みあげたりするだけで簡単にテキスト化するアプリ(ソフト)も、これから高齢化する人たちにはいいですね。
 手先が動きにくくなっても(キーボードで文字を打てなくなっても)、しゃべるだけで、会合や飲み会のお知らせメールを一斉に配信できるようになりました・・・
 ・・・もっとも若い人たち?は、文字でなく瞬時に“スタンプ”の絵でコミュニケーションする時代に?
================================================================

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18797/56347213

この記事へのトラックバック一覧です: 触って話せる文字パッド:

コメント

コメントを書く