« 老年症候群とは | トップページ | もうすぐ春の井の頭公園ウオーキング »

2013年2月25日 (月曜日)

「食べる順番」と血糖値

■血糖値抑制には、炭水化物より先に野菜から食べましょう・・・そして運動です!

2013225ketochijpeg25k
………………………………………………………………………………………………
◆食べる順、「まず野菜」がおすすめ 血糖値抑制に効果!
 ・・・食事のメニューが同じでも、最初に野菜を食べると血糖値の上がり方がゆるやかになるとする報告を、大阪府立大の今井佐恵子教授(臨床栄養学)らのグループが論文にまとめ、英国の糖尿病専門誌に掲載された<by デジタル朝日>

 患者と健康な人のいずれでも、野菜を先に食べたときに食後の血糖値の上昇幅が半分ほどに抑えられた。炭水化物が先だと血糖値は1デシリットルあたり300ミリグラム以上に達したのに野菜が先だと150~250ミリグラムほどですむ人もいた。食前の血糖値の低下も抑えられた人もいて、24時間の変動幅は約3分の2に減少したという・・・

★野菜が先だと、食物繊維の作用で炭水化物の吸収がゆっくりになることなどが考えられるそうです。早食いをすると効果が弱まると・・・。テレビの番組でもよく出てきていた話でした。
 さらに“日ごろ熱心に運動している糖尿病患者は、ほとんどしない人に比べて死亡の危険性がほぼ半分に下がることが、厚生労働省研究班(主任研究者=曽根博仁・新潟大教授)の大規模調査で判明した”というニュースもあります。<毎日など>
 運動は血糖値や血圧を改善させるほか、ストレス軽減効果もあるのかもしれないと厚生労働省研究班の教授は話しているそうです。明日はウオーキングの予定で、夜は居酒屋のおきまりコース・・・野菜をはじめに注文し食べてみましょうか?
================================================================

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18797/56840715

この記事へのトラックバック一覧です: 「食べる順番」と血糖値:

コメント

コメントを書く