« きょう立春、ヒカンザクラ早春告げる | トップページ | 日本最南端の私鉄「南薩鉄道」は夢の中 »

2013年2月 7日 (木曜日)

85th「歩こう会」~東京のへそ「大宮八幡宮」

■85th歩こう会・・・安産・子育て厄除け八幡さま、和田堀公園~善福寺川ウオーキングコースを歩く

201326omiyahatiman1jpeg21k
………………………………………………………………………………………………
◆東京のへそ(重心)、そして東京の古層地帯~縄文時代から栄えた?善福寺川と松ノ木遺跡
 ・・・古道を歩いて、聖地・大宮八幡宮へ。
 井の頭線永福町に集合して、直ぐ近くの行列ラーメン店「大勝軒」で昼食(有志のみ)。東池袋系や代々木上原系の“大勝軒”とは全く関係がないのだそうです。広い器に魚介系だしをメインとしたスープに量の多いちぢれ麺が特徴とか。
 そこからなんと赤木圭一郎のお墓へ行こうとなって、まっすぐ東へ歩いて杉並区の大円寺へ。いくら探しても見つからない。お寺の若い人に聞いてもわからない。あとで調べると・・・
 お墓は最初、杉並区の大円寺にありましたが、その後、品川区の妙光寺に移り、現在は静岡県富士市の『大石寺』にあるそうで・・・。また鎌倉の『長勝寺』には記念碑があり、TONYファンの心のより所となっているとか。
201326omiyahatiman4jpeg28k
 ■聖域「大宮八幡宮」
 善福寺川の南の高台に立地し、大きな森に囲まれた荘厳な八幡さま。今年2013年が鎮座950周年記念にあたる広大で厳格な神域で、「多摩の大宮」とも称される・・・。
 大宮八幡宮の歴史は、1063年起源より古く、善福寺川対岸の松ノ木遺跡が古代の生活の場であったのに対して、この地は都内初の方形周溝墓の発掘場としても知られており。八幡宮鎮座以前から「聖地」とされてきたという。そして多くの古道がこの大宮八幡宮につながっています。
 その古道を北へたどり、青梅街道を左折して荻窪の“お魚居酒屋”で打ち上げ。
201326omiyahatiman3jpeg18k

★いまJR中央線沿線の駅のあたりは賑やかな盛り場・・・しかし昔、中央線の駅ができた場所は、なにもないまったいらなところ、つまり、人が住めないところだった・・・<『中央線がなかったら/見えてくる東京の古層』NTT出版>
 古道(街道)、川(湧水)、聖域(神社やお寺)などが交差する地点が昔の生活の重点地域だったのでしょうか。その古道をたどった「歩こう会」でした。総歩数14,741歩(5.89km)。
201326omiyahatiman2jpeg12k
================================================================

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18797/56712919

この記事へのトラックバック一覧です: 85th「歩こう会」~東京のへそ「大宮八幡宮」:

コメント

コメントを書く