« 超高層・・・虎の門ヒルズ誕生 | トップページ | ウエザーニューズの「第一回桜開花予想」 »

2013年3月 3日 (日曜日)

MSタブレット「Surface(サーフェス)」3月15日、日本発売

■Surfaceは、WordやExcel、PowerPointといったオフィスソフトを導入済み。価格は4万9800円から。販路はビックカメラ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラの家電量販店3社の約1000店舗と自社のネット通販に限定。

201333mssurfacejpeg27k
………………………………………………………………………………………………
◆マイクロソフトの苦悩・・・自社タブレットで、パソコンメーカー各社への配慮で「板挟み」?
 ・・・日本マイクロソフト(MS)は1日、自社ブランドのタブレット「Surface(サーフェス)」を15日に発売すると発表した。Windows陣営を盛り上げたいという願いと、重要なパートナーであるパソコンメーカー各社への配慮とで板挟みになり、積極的な販促ができない苦悩が浮かび上がる。

 ■タブレット端末「Surface(サーフェス)
 ・カバーを兼ねた着脱式のキーボードを別売りで用意
 ・WordやExcel、PowerPoint などのオフィスソフトも標準搭載し、ビジネスでも使える
 ・販路はビックカメラ、ヤマダ電機、ヨドバシカメラの家電量販店3社の約1000店舗と自社のネット通販に限定
 ・フル機能のWindows8を搭載した「Surface Pro」は日本市場への投入をさらに先送りする
 ・既存のWindowsとの互換性に制限のあるタブレット用のWindows8「WindowsRT」を搭載した「Surface RT」だけを発売する
 ・CPUが米インテル製ではない
 ・Windows8ではなく「Windows RT」を搭載。既存のWindowsアプリや、Excelのマクロが動かないといった制約がある
 ・インストールできるのは、アプリ販売サービス「Windowsストア」で提供しているアプリに限られる
 ・Windows8にないメリットもある。(1)電池駆動時間が長い(2)薄型軽量である(3)画面をオフにした状態からの復帰時間が短い――

★ビジネス・タブレットの時代到来か。Ms「Surface(サーフェス)」をグループウエアとして社員全員に配布するようにしたい企業が増えるかも・・・。営業活動も、企画プレゼンもタブレット「Surface(サーフェス)」でパワーアップ!Word、Excel、PowerPoint を会社で使っていた団塊世代もこのタブレットならオーケーだ!
================================================================

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18797/56882898

この記事へのトラックバック一覧です: MSタブレット「Surface(サーフェス)」3月15日、日本発売:

コメント

コメントを書く