« サクラ咲く野川公園散策 | トップページ | サクラと鯉のぼりとの共演は珍しい »

2013年3月24日 (日曜日)

鹿児島大隅半島:尚志館の逆襲

■鹿児島大隅半島の高校が甲子園の土を踏むのは、春夏を通じて初めて!それも初戦で勝利!

2013324senbatsujpeg27k
………………………………………………………………………………………………
◆尚志館2―1大和広陵!9回表尚志館無死満塁、関は右翼線に逆転の2点適時二塁打を放つ!
 ・・・2013年春の選抜高校野球大会。第3日第1試合、9回表尚志館無死満塁、関は右翼線に逆転の2点適時二塁打を放つて粘りの初勝利!次戦は10日目、北照(北海道)との南北対決。

 ■【尚志館2―1大和広陵】
 ・・・地元紙のレポート:第85回選抜高校野球大会に尚志館の出場が決まった。大隅半島の高校が甲子園の土を踏むのは、春夏を通じて初めてである。悲願がようやく結実・・・。尚志館高校野球部のメンバーは、26人全員が大隅半島出身者で構成され、うち7人が志布志市出身者だそうです。
 昨秋の県大会では持ち前の投手力と長打力を武器に、優勝候補筆頭の鹿児島実業に1点差で競り勝ち、強豪の鹿児島城西と神村学園も退けて準優勝に輝く。県代表として臨んだ九州大会でも、佐賀や長崎の優勝校を撃破し4強進出。準決勝で済々黌(熊本)にコールド負けしていた・・・

★9回までの劣勢を跳ね返しての逆転勝利。大隅半島からの初出場で初戦突破!心からおめでとう。
 今まで鹿児島の代表校といえば鹿児島実、樟南、鹿児島商の鹿児島市内(薩摩半島)の「御三家」や神村学園などでした。尚志館高選手たちの出身地は志布志市のほか、鹿屋市や垂水市など大隅一円に及んでいて、鮎川隆憲監督がくまなく足を運んでは、かき口説いて集めたとか。薩摩半島もガンバレ!
================================================================

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18797/57027192

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿児島大隅半島:尚志館の逆襲:

コメント

コメントを書く