« 新緑ウオーキング | トップページ | 長寿の秘訣は »

2013年4月18日 (木曜日)

統計学は最強の武器

■統計学は、最善最速の正解を出す!人類の寿命は疫学が伸ばした!

2013418toukeigakujpeg43k
………………………………………………………………………………………………
◆疫学や公衆衛生施策、さらに経営判断の場、政策立案や研究の諸分野、スポーツ戦術の場など
 ・・・あらゆる学問のなかで統計学が最強の学問であるという。どんな権威やロジックも吹き飛ばして正解を導き出す統計学の影響は、現代社会で強まる一方である。
「ビッグデータ」などの言葉が流行ることもそうした状況の現れだそうです・・・。

 統計学によって得られる最善の道を使えば、お金を儲けることも、自分の知性を磨くことも、健康になることもずいぶんと楽になるだろう。
だがそれはあくまで副産物である。統計リテラシーによって手に入る最も大きな価値は、自分の人生を自分がいつでも最善にコントロールできるという幸福な実感なのだ。<本の(「おわりに」より>

 広告会社がプレゼンに使うような「統計」は、むしろうさんくさく見えることがある~朝日書評より。私たちもよくパワポやエクセルを使って、美しいグラフやチャートに凝ったものでした。「しょせん統計でしょ、ところで具体的提案は?」

 ■映画「マネーボール」と“セイバー・メトリックス”
 ・・・セイバー・メトリックスとは、野球ライターで野球史研究家・野球統計の専門家でもあるビル・ジェームズ(en:Bill James)によって1970年代に提唱されたもので、アメリカ野球学会の略称 SABR(Society for American Baseball Research)と測定基準(metrics)を組み合わせた造語。

 1997年にアスレチックスのGMとなったビリー・ビーンの球団運営戦略を紹介したノンフィクション『マネー・ボール』(マイケル・ルイス著)により、日本でも一般的に知られるようになった。映画にもなりましたね。
 メジャーリーグでは、セイバーメトリクスに基づく指標 (OPS、WHIP、RF: アウト寄与率、P/IP、 GO/AO、K/BB、K/9、BB/9、DER: 守備効率、など) を公式記録に使用している。出塁率や長打率、選球眼などだ。

★全日本女子バレーチームがタブレット型端末、iPadをコートに持ち込んで指示を出しています。世界標準となっているイタリア製の分析ソフトが使われている。
 さらに統計を使って米大統領選の結果を完璧に予想したネイト・シリバー氏(35)。各種世論調査の結果に、過去の「外れ方」や調査規模、実施時期などを加味して分析・・・。
 そして、19世紀のロンドンで、コレラに対して史上初めて統計学の力を使って万単位の人名を救う「疫学の父、ジョン・スノウ」の逸話。私もiPadを使って、自分自身の生活習慣“ビッグデータ”を作成中!
================================================================


 

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18797/57200787

この記事へのトラックバック一覧です: 統計学は最強の武器:

コメント

コメントを書く