« がんとの闘い | トップページ | 新装歌舞伎座こけらおとし »

2013年4月 2日 (火曜日)

「ミスタープロ野球」「ゴジラ」に、ダブルで国民栄誉賞

■政府が国民栄誉賞を授与する方針を固めた松井秀喜氏と長嶋茂雄氏

201342kokumineiyosho
………………………………………………………………………………………………
◆長嶋茂雄、松井秀喜各氏に国民栄誉賞 異例の同時授与へ
 ・・・ 巨人終身名誉監督の長嶋茂雄氏(77)と、巨人とヤンキースで活躍した松井秀喜氏(38)の2人に、国民栄誉賞が授与されることになった。政府は1日、プロ野球の発展に貢献したとして、2人に授与する方針を固めた。固い師弟関係で結ばれているミスターとゴジラ。異例となる同時授与となる見通し。
Nagasima3gifanime24k
 ■ミスタープロ野球・・・長嶋茂雄
  長嶋茂雄氏はミスタープロ野球として、プロ野球界の発展に大いに貢献。
ファンを沸かせるビッグプレー、伝説となっている天覧試合のサヨナラ本塁打、引退あいさつで「わが巨人軍は永久に不滅です」の名ぜりふ。野球ファンの心の中心には、いつも背番号「3」があった。引退後に巨人監督を2度務め、ここでも野球ファンだけでなく、多くの国民を魅了。まさに国民栄誉賞にふさわしい存在だった。

 ■ゴジラ・・・松井秀喜
 昨季限りで現役引退した松井氏は、4球団の競合の末、1993年に巨人入り。くじを引き当てた長嶋氏の指導の下、スーパースターへと上り詰めた。日本では巨人の4番に君臨。03年からはメジャーへ。名門・ヤンキースの中心選手として活躍。ヤンキースのワールドシリーズ制覇に貢献した09年は、日本人初の同シリーズMVPに輝いた。昨年に引退したというタイミングで、恩師とともに授与されることになった。松井氏の背番号「55」にちなみ、5月5日の授与を検討されている。~<資料各スポーツ紙>

★長島茂雄氏の華麗なるサードのプレイをよく真似たものでした。ゴジラこと松井秀喜氏のMLB出場で、NHKBS1の午前中のヤンキース戦中継は欠かさず見るようになりました。

 長嶋さんの脳梗塞は「心原性脳塞栓症」で、心臓に出来た大きな血栓が脳の血管に詰まる梗塞。太い血管に詰まるので初期に重篤な症状になる傾向があるそうです。一時は重態となり、一命は取り留めたものの、右半身に麻痺が残り、言語能力にも影響が出ました。私も急性不整脈になり、「心原性脳塞栓症」を予防するために抗凝固薬の「ワルファリン(ワーファリン)」を服用中です。
================================================================

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18797/57092569

この記事へのトラックバック一覧です: 「ミスタープロ野球」「ゴジラ」に、ダブルで国民栄誉賞:

コメント

コメントを書く