« 百花王、牡丹の花じゅうたん | トップページ | 世界一小さなCMも可能? »

2013年5月 2日 (木曜日)

大丸用水歴史散策

■江戸時代から始まった多摩川取水の“農業用水”、大丸用水散策路を春のウオーキング

201352oomaruyosuijpeg24k
………………………………………………………………………………………………
◆ゴールデンウイークは、春の東京歴史散策
 ・・・日本の上空にこの時期としては強い寒気が流れ込んでいる影響で、1日2日は全国的に気温が低くなりました。それでも昼間は太陽も顔を覗かせる予報なので、多摩川用水路のひとつ、300年の歴史を持つ稲城市の文化遺産「大丸用水(おおまるようすい)~<東京都稲城市大丸~神奈川県川崎市登戸>を散策。

 ■文化遺産/大丸用水(おおまるようすい)
 大丸用水は、稲城市大丸の取水口から多摩川の水を取り入れて、川崎市登戸まで流れる多摩川右岸側に位置する用水で、9本の本流と約200本の支流を合わせた総延長は70kmに及びます。
  その歴史は古く多摩川沿いの他の用水路と共に、江戸時代初期に農業用水として開削されたと考えられます。現在では稲城市から川崎市多摩区生田までの梨園や水田等に水を供給しています。民家や水田・畑が用水路の脇に隣接している箇所も多く、用水路沿いの小道は散策路として整備されています。<参照:HPなど>

★大丸用水路のウオーキング路は短いので、川崎街道と府中街道が交わる大丸交差点から、是政橋を経て多摩川を渡り、府中本町へ。途中、あの生鮮食品から日用品雑貨まで専門店が90店がひしめく「大東京綜合卸売センター」に立ち寄る。
201352daitokyojpeg10k
 ■大東京綜合卸売センター
 JR府中本町駅より徒歩15分。築地市場に並ぶ多摩地域最大級の卸売市場。生鮮食料品から生活雑貨まで約90店舗が軒を連ねています。小売から、大量のまとめ買いまでオーケー。

 安い新鮮なマグロを食べさせてくれる食堂で第一次飲み会。閉店まぎわを時間延長して貰って、おいしいサントリーのプレミアムビール(隣にサントリーのビール工場あり)をスタートに、焼酎(ロック)など。武蔵野線で西国分寺まで行き、かの有名な屋外やきとり店、さらにJR西国駅エキナカならぬホームナカ立ち飲みやで仕上げ・・・
 総歩数10865歩(4.34km)、意外と春うららののんびり散策でした。(4月末でリタイアしたGさんも特別参加)
================================================================

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18797/57296620

この記事へのトラックバック一覧です: 大丸用水歴史散策:

コメント

コメントを書く