« 世界一小さなCMも可能? | トップページ | 長嶋氏、左手1本で松井のインハイの球を空振り »

2013年5月 4日 (土曜日)

iPS細胞を使った難病の創薬プロジェクト

■iPS使い新薬開発~製品化へ国主導・産学連携で動き出す

201354ipsjpeg30k
………………………………………………………………………………………………
◆患者数が少ない50難病、iPS細胞使い新薬製品化へ…国主導・産学連携で
 ・・・政府は、iPS細胞(人工多能性幹細胞)を使い、患者数が少ない難病の新薬開発を加速させるプロジェクトに乗り出した。

 パーキンソン病など50以上の難病が対象で、2016年度までに治療薬の候補物質を探す共同研究体制を整える。基礎研究から薬の実用化までをにらみ、企業を加えた国主導のiPS細胞プロジェクトは初で、産学の連携で日本発の難病治療薬を送り出す構想・・・。<参照:YOMIURI2013年5月3日>

 ■iPS細胞、てんかん再現!
 ・・・福岡大と慶応大などのグループは、薬で発作を抑えにくい難治性てんかん患者の皮膚からiPS細胞(人工多能性幹細胞)を作り、病気の状態の再現に成功。<資料/asahi.comなど>
 患者由来のiPS細胞を使った病気の仕組み解明や治療法開発の研究は、新たな研究の手法として注目され、これまでアルツハイマー病やパーキンソン病などの患者のiPS細胞が作製されている。

★iPS細胞の技術を使うと、難病患者の皮膚や血液の細胞から、神経や筋肉などの患者自身の病気の細胞を作り、生きたままの状態で増やすことができる。難病の研究に使えば、原因を調べたり、薬の効き目を確かめたりする研究が、飛躍的に進むと期待されるという。
 (私を含めて)脳梗塞などの半身後遺症のある人や認知症などの人たちは、あと数年、あと10年?と心待ちにしている“治療法”です。
================================================================

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18797/57311102

この記事へのトラックバック一覧です: iPS細胞を使った難病の創薬プロジェクト:

コメント

コメントを書く