« 乳酸菌生活のすすめ | トップページ | 脳梗塞から救うFASTの輪 »

2013年5月20日 (月曜日)

1日40分動く効果

■65歳以上 散歩、ウオーキング、ストレッチなどどんな活動でも、毎日合計40分程度で、健康に!

2013520movejpeg34k
………………………………………………………………………………………………
◆65歳以上の高齢者、1日40分、動けば達者に!がんや生活習慣病、認知症リスクは2割減!
 ・・・ 1日に40分ほど体を動かす高齢者は、10~15分程度の人より、がんや生活習慣病や関節痛、認知症になるリスクが平均21%低いことが、厚生労働省研究班の研究でわかったという。

 活動量が増えると、がんのもとになる細胞ができにくくなるほか、血の流れが良くなることが理由らしい。無理をして体を壊さないよう注意が必要だが、散歩やストレッチ、階段のアップダウン、掃除、料理、皿洗い洗濯などどんな動きでも効果があるという。
 また年齢に関係なく、活動時間が1日につき10分増えると、がんや認知症などになるリスクが平均3.2%減ることもわかった。

 ■健康でいるための活動目標
 ・65歳以上=散歩、ストレッチなどどんな活動でも、毎日合計40分程度
 ・18~64歳=歩く、自転車に乗る、掃除などを毎日計1時間/汗をかく程度の運動を1週間に1時間

★高齢者の男性は座っていたり、寝ていたり、普段あまり動き回ることはない。掃除したり料理したり、散歩・ウオーキング、庭いじりするぐらいが平均値か・・・。
 血液サラサラ譚(5月17日)で紹介した、スマホ・タブレットなどで使える連携ヘルスケアデバイスの「UP」などは、1日の“活動計”で、これでレコーディング(記録)すると励みになって効果的です!
 私の「iPad」「iPod Touch」には、「ラジオ体操1,2アプリ」が動画で入っているので、いつでもどこでもストレッチ体操が出来ます。私は主に何処でやるか、居間(いま)です!
================================================================

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18797/57425896

この記事へのトラックバック一覧です: 1日40分動く効果:

コメント

コメントを書く