« 新たまねぎに血液サラサラ効果 | トップページ | サッカーW杯予選突破!(負けても予選突破が待っていた?) »

2013年6月 4日 (火曜日)

世界で金賞!枕崎の紅茶「べにふうき」

■うまいッ!「世界が注目する紅茶!枕崎市(鹿児島)の、べにふうき!」

201364blackteajpeg31k
………………………………………………………………………………………………
◆紅茶に肥満、糖尿病リスクを下げる効果 ・・・?
 ・・・紅茶消費量の多い国では2型糖尿病有病率が低いことが、独立系の生物科学研究機関データ・マイニング・インターナショナル(スイス・ジェノバ) のAriel Beresniak氏らによる数学的な解析研究で明らかになった。
 紅茶の日常的な消費が糖尿病および肥満リスクを減らすことは、生物学や生理学、経済学分野の研究でも過去に示唆されており、これを裏付ける結果となる。<HealthDay2012.11.22>

 ■世界が注目する紅茶!べにふうき~枕崎市(鹿児島)産~
 ・・・本場イギリスでも大評判の紅茶が、鹿児島県枕崎市で生産される「べにふうき」だ。まろやかな中に、ほのかな苦みがあり、蜜のような香りが特徴。イギリスの品評会でも、毎年、金賞を獲得するほどの高品質だ。生産者の茅野薫さんは「一芯二葉」という先端の茶葉のみ厳選し、手作業にこだわって極上の紅茶を生み出している。<NHK2013年6月2日(日)早朝番組で紹介>
201364blacktea2jpeg12k

★全国でブームになりつつある「国産紅茶」。今朝も狭山紅茶から作られる「東京紅茶」がNHKで話題に・・・。
 その前に6月2日(日)早朝のNHK番組で鹿児島薩摩半島南端の茶畑が登場。
 鹿児島県枕崎で作られる紅茶は、フルーティーなあまい香りとほのかな渋みが特徴で、本場イギリスの食品コンクールで三つ星金賞を獲得するほどのおいしさ。
 明治時代に始まったという枕崎での紅茶生産は、昭和40年代、輸入品に押されて一時ストップしますが、9年前、紅茶への夢を捨てずにいた地元の人々(生産者の茅野薫さんなど)の手で復活。
 ※番組で紹介した「紅茶」は、瀬戸茶生産組合にて・・・瀬戸は“二十日馬かけ”場か別府の近く?

 紅茶は健康に良い影響を及ぼすフラボノイドを何種類も含有しており、醸造の過程でフラボノイドを放出します。
紅茶の日常的な消費が糖尿病および肥満リスクを減らす効果と聞けば、緑茶と紅茶と交互に飲む?
================================================================

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18797/57525098

この記事へのトラックバック一覧です: 世界で金賞!枕崎の紅茶「べにふうき」: