« 入谷鬼子母神で朝顔市 | トップページ | 私の命を甦らせた心肺蘇生とAED »

2013年7月 7日 (日曜日)

医療シティ・・・渋谷

■医療の街、渋谷に助けられる幸運

201377mysityjpeg29k
………………………………………………………………………………………………
◆今日は七夕。幸運の天の川は見えるかな
 ・・・東京で、2013年初めて猛暑日を記録するなど、今日7日も厳しい暑さとなり、全国各地で真夏日となりました。七夕の関東の天気は?関東で晴れれば、9年ぶりに「天の川」が見えるという・
 ・・・その「天の川」に私は先月渋谷で、突然5日~6日間、意識を無くして漂うことになりました。

 ■渋谷のエスカレーター上で突然意識を失う
 その日、同僚とのウオーキングの待ち合わせ場所・三鷹駅(14:00)を目指し、東急線から井の頭線に向かって、渋谷マークシティのエスカレーターに乗った・・・そこから意識がなく、5日経って「日赤救急センター」で奇跡的に覚醒する。いったい何が起こったのか。少しずつ関係者に聞いてときおこしてゆきたい。

 ある人の証言によれば、私はそのエスカレーターで突然、後ろへ倒れかかり誰かが支えてくれ、最後は心肺停止状態で倒れ込み、嘔吐し、唇などを損傷していたとか。すぐに心臓マッサージ、AEDによる心臓蘇生に!2回目でようやく心臓が動き出し、すぐに救急車に!そしてわずか5分~10分後には、日赤救急センターに運び込まれる。

★ここで第1の幸運を知ることとなる。渋谷という地域が“医療ブランド”ということ。駅周辺には、AED機器やそれを使える人が多いのだ。渋谷は“たえず動いている街”。(エスカレーター)で動いていて、急に倒れ込んだことで、即対応が出来たのかもしれない。もしベンチなどに眠るように倒れ込んでいたら手遅れになったか・・・?
 いままで“突然死”した旧会社同僚のT君やN君、K君のお兄さんなどは、もし発見が早く、適切なAED蘇生処置を受けていれば助かったのかも知れないのだ。倒れた周辺環境、経験のある人間関係が生死を分けることになる・・・
 私は幸運にも、渋谷という街で倒れ、直ぐ近くにAEDや操作に慣れた人々のおかげだったということになる。さらに、すぐ運び込まれた救急センターでも第2の幸運に・・・それは次回に報告。
================================================================
 

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18797/57744843

この記事へのトラックバック一覧です: 医療シティ・・・渋谷:

コメント

コメントを書く