« おやじ達を虜にするオヤジ歌手 | トップページ | このミス4位!摩訶不思議なミステリー短編集「物しか書けなかった物書き」 »

2008年1月 8日 (火)

言葉で時代を絡め取った男!阿久悠

■言葉で時代を絡め取った男、阿久悠「歌謡曲の時代」「夢を食った男たち」

200818akuyujpeg20k

 昨年末、上記の本を続けて読んだ。そして去年は、阿久悠の歌で終わった・・・。紅白歌合戦のラスト4曲である。例年は見ないが、去年は見た。
 「あの鐘を鳴らすのはあなた」「冬の蛍」「津軽海峡・冬景色」、そして「契り」。歌手の好みは別にしても、いずれも熱いものがあった。

 「・・・最近は素人がうまく歌える、いわゆる<歌い唄>は多いが、プロが聴く者を圧倒する<聴かせ唄>が少なくなった・・・」という意味のことが本にあったが、その点で言うと、この4曲は文字通り<聴かせ歌>であったのではないか。

 さて、この2冊。

 「歌謡曲・・・」の方は、過去のヒット曲のタイトルを現代の視点で捉え直したものであり、世相の移ろいが見えて興味深い。
 また「夢を・・・」は、かのTV番組「スター誕生」を素材に、まさにスター誕生までのあれこれを綴ったもので好奇心を誘う。
 しかし読後に感じたことは、他でもない〝飽くなき阿久悠パワー〟であった。言葉で時代を絡め取り、様々な人生をあぶり出した5000曲にも及ぶ作品に、受賞曲の数々・・・。まさに、「創造が好きなロマンチストであり、時代の好きなリアリスト」の真骨頂と言える。
 歌は、時代と共にあり、時代を超えてある。昭和後半から平成が語られる時、口ずさまれるヒット曲の中で、阿久悠作品の占めるところは大きい。

・・・・・・・・・・・・2008.1.8  ライター/紀尾井町

――――――――――――――――――――――――――――
▼阿久悠 特集(7分23秒)~YouTube

・山本リンダ - どうにもとまらない 1972/石川さゆり - 津軽海峡・冬景色 1977/岩崎宏美 - シンデレラ・ハネムーン 1978/ザ・タイガース - 色つきの女でいてくれよ 1982/桜田淳子 - 天使のくちびる 1975/沢田研二 - 勝手にしやがれ 1977/西城秀樹 - ブーメラン・ストリート 1977

――――――――――――――――――――――――――――
▼阿久悠の世界/主題歌&挿入歌特集(5分31秒)~YouTube

|

« おやじ達を虜にするオヤジ歌手 | トップページ | このミス4位!摩訶不思議なミステリー短編集「物しか書けなかった物書き」 »

音楽~歌謡曲」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 言葉で時代を絡め取った男!阿久悠:

« おやじ達を虜にするオヤジ歌手 | トップページ | このミス4位!摩訶不思議なミステリー短編集「物しか書けなかった物書き」 »