« オバマスピーチは、“10 Seconds Bite” | トップページ | 裏事情同時進行本? »

2008年2月25日 (月)

ローバート・B・パーカー「影に潜む」

■父権回復のカタルシス パーカー作品に見る男の矜持

2008225parkerjpeg20k

 ローバート・B・パーカーが「スペンサーシリーズ」を引っさげて日本デビューをしてから30数年、その間30数作、ほぼ年1作のペース。他のシリーズや単発ものもあるから、加えるとケッコウな数に上る。

 17、8作目位までは読んだが、そこでやめた。
 理由は何となくだが、スペンサーファンの冷たい視線を覚悟の上でいうと、スペンサーのご託宣にちょっと辟易、ホークのストイシズムやスーザンの理の勝った態度にもややうんざり・・・、といったところ!?
 もちろん「初秋」はケッサク大好きで何度か読み返したし、「レイチェル・ウォレス・・・」もインショウ深い。新作が待ち遠しい時期もあったし、ずいぶん楽しい時間を頂いたのも事実・・・・。

 そして、10数年ぶりに手にしたのが、「影に潜む」。これはスペンサーではなく、最近文庫化された警察署長ジェッシィ・ストーンシリーズの中の1冊。
 連続殺人ものだがちょいとヒネリがあって、被害者の傷痕はみんなふたつ。同時に異なった2丁の銃から撃たれている。果たして単独犯か複数犯か。又、被害者同士の繋がりはなく、その動機は?やがてジェッシィは自分を囮に・・・。
 まさに男はこうでなくっちゃ!を地で行ってます。
 原作はもとより訳者も同じ。従って登場人物の口調も似ていて、スペンサーだかジェッシィだかという感がしないでもない。
 でもそんなことはお構いなし、手を変え品を変え描かれるパーカーが考える男の生き様には何らのブレもない。
鼻につく向きもあろうかと思われるが、ここまで首尾一貫されるといっそ爽快さもありなんのナットクの次第・・・。

 西部劇のヒーローここに甦る!てな感じで、現代生活に鬱々たる想いの世のお父さん方に、父(男)権回復のカタルシスを供するシリーズではあります。

・・・・・・・・・・・・2008.2.25  ライター/紀尾井町

――――――――――――――――――――――――――――
★スペンサーシリーズ
「ゴッドウルフの行方」The Godwulf Manuscript(1973)
「誘拐」(1974)
「失投」(1975)
「約束の地」(1976)
「ユダの山羊」(1978)
「レイチェル・ウォレスを捜せ」(1980)
「初秋」(1980)
・・・他
★警察署長ジェッシィ・ストーンシリーズ
「暗夜を渉る」(1997)
「忍び寄る牙」(1998)  
「湖水に消える」(2001)  
「影に潜む」(2003)
「訣別の海」(2006)
「秘められた貌」(2007)
・・・他
================================================================
<出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』>より
■ ロバート・ブラウン・パーカー(Robert Brown Parker), 1932年9月17日 - )は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州出身の作家。
 1973年、私立探偵スペンサーを主人公としたハードボイルド小説『ゴッドウルフの行方(The Godwulf Manuscript)』で小説家デビュー。
 以後、スペンサーシリーズを中心に、ジェッシィ・ストーンシリーズ、サニー・ランドルシリーズ等がある。
================================================================

|

« オバマスピーチは、“10 Seconds Bite” | トップページ | 裏事情同時進行本? »

海外ミステリー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ローバート・B・パーカー「影に潜む」:

» 関連するRSS情報を集めています [原宿、渋谷に店舗を構えるエステファーストビューティーオンライン予約]
原宿、渋谷に店舗を構えるエステファーストビューティーに関するうわさなど [続きを読む]

受信: 2008年2月25日 (月) 23時06分

« オバマスピーチは、“10 Seconds Bite” | トップページ | 裏事情同時進行本? »