« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月26日 (月)

江戸深川の商人魂に学べ!?

■山本一力作品「だいこん」「菜種晴れ」は、経営指南の“人情時代小説”

2008523daikon2jpeg23k

 江戸・浅草・深川で一膳飯屋「だいこん」を営む長女つばきとその家族の物語。腕のいい大工だが、博打好きの父・安治、貧しい暮らしのなかで夫を支える母・みのぶ、二人の妹さくらとかえで――。飯炊きの技と抜きん出た商才を持ったつばきが、温かな家族や周囲の情深い人々の助けを借りながら、困難を乗り越え店とともに成長していく。直木賞作家が贈る下町人情溢れる細腕繁盛記。
 豆腐屋の「あかね雲」、てんぷらの「菜種晴れ」と、“食べ物”店や江戸・深川を舞台にした人情時代小説のひとつ・・・
    ◇

 偽装表示に続いて料理の使い回しが発覚した「船場吉兆」、デパ地下で刺し身使い回しの「魚きん」・・・など“お店の品格”が問われています。
 ごはん焚きに天才的な手腕を発揮した「つばき」は、17歳で一膳飯屋「だいこん」をはじめ、様々な困難を知恵とアイデア、そして何よりも「誠意」によって乗り越えてゆく・・・まさに現代の老舗経営者たちに警鐘を鳴らしているかのようです。
 この本は、ビジネス誌「プレジデント」で新世代リーダーが読む本として、推薦されています。疲れに疲れて、どうしようもないときの緊急避難にぴったりとか。とにかく、大火事や洪水にも負けず、明るく、けなげに生きる「つばき」、まさに落ち込んでいる時に元気が出る小説です!
 お客様に誠実に生きる・・・。凛とした女将つばきの経営理念など、合理主義、もうけ主義の人たちに是非学んで欲しいところです。

   ◇

 江戸深川の商人(あきんど)は、大店も小商人も、筋目だった商いを誇りとした(「梅咲きぬ」)。
 「山本一力の江戸の品格」(松枝史明)には、江戸時代、真っ当な商人は「襟を正した商売」をした、信用はお金で買えない、誇りを持ち信頼を得るためのプロに徹する、お金よりプライドが大切・・・などのことばが並んでいます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・<ライター/鉄仮面>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月11日 (日)

TV出稿前に、YouTubeでチェック?

■これから、インターネットCMリサーチやPR/パブで、YouTube活用戦略へ!


▲White Call(ホワイトコール) あぁ‥ 時間切れ編 

■ソフトバンク「白いネコ」新CM 放送前に「ユーチューブ」登場の怪<J-CASTニュース 2008/5/ 9>より
  ソフトバンクは、大好評だった白い犬のお父さんが出てくる「ホワイト家族24」テレビCMに続き、新CMに「白いネコ」を起用すると08年5月8日の記者会見で発表した。CMの内容は決まっておらず、放送開始日も未定としていたが、なぜか、「ユーチューブ」に、「白いネコ」のCMが3種類もアップされているのだ。・・・中略

 ◆テストマーケティング用CMがアップ?
アップされた映像はいったい何なのか。話題つくりのため、ユーチューブにわざと流したのではないか、とも思える。J-CASTニュースがソフトバンクに取材すると、同社広報は、「テストマーケティングとして、以前に地方限定で流していたCMです。これを見ていた人が録画し、ユーチューブにアップしたのではないでしょうか」と説明した。
・・・中略

全国に放送予定のCMの内容や放送日は、まだ決まっていないのだという。この新プランへの申し込み開始は08年6月だから、それまでは待たなければならないようだ。

★外資系などはイベント・プロモーションなどで、YouTubeをうまくPR活動に使っているようです。今後、ティーザー広告や楽曲のPV(プロモーションビデオ)などで積極的に使われるでしょう。================================================================

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年5月 7日 (水)

中国の明日はどっちだ!? ポール・セロー「中国鉄道大旅行」

■ポール・セロー「中国鉄道大旅行」

200857chinabook2jpeg26k

200857chinabook1jpeg5k
 ■ポール・セロー著中野 恵津子訳:文芸春秋 発行年月 : 1994.7

 今年の中国はとりわけかまびすしい。北京五輪、チベット問題、それに日本との間の毒入りギョーザにガス田開発問題・・・。
 加えて、「出る杭は打たれる」でもあるまいが、資源の使い過ぎ、食料の取り過ぎ、地球環境を汚染し過ぎと、世界の見る目はキビシ~イものがある。
 裏を返せばそれだけ中国の発展はすさまじく、世界に脅威を与えている証左かも知れない。だからひと昔前の中国に触れてみたいと思ったわけでもないのだが、手に取ったのがポール・セローの「中国鉄道大旅行」。

 1980年代の後半、ロンドンを起点にフランス、ドイツ、ポーランド、旧ソ連、モンゴル経由で中国に入り、1年をかけて中国全土を鉄道で旅したノンフィクションである。
 たかだか20年前のことではあるが、そこで描写される風景の、なんと暗であり、陰であり、貧であることか。(トコロガ人々ハ必ズシモソウデハナイ・・・) 

 著者は中国史に関する博識を身に纏いながらもひけらかさず、皮肉・毒舌・ユーモアをもって好奇心の赴くまま果敢に探訪、<中国(人)の本音>を引き出していく。
 こう書くとちょっと重そうな印象を持たれるかも知れないが、ドッコイそうではなくて、どんな状況のもとでもヒトはしぶとく明るくて、それがこの本をユニークで面白いものにしています。
 関口知宏の「中国鉄道大紀行」もよかったが、こちらの方が本家だぜィの1冊。 
 ぜひご一読をと言いたいところだが、何せ1990年代の文春刊行本。
在庫なしの際はお近くの図書館まで是非!

・・・・・・・・・・・・2008.5.7 ライター/紀尾井町

――――――――――――――――――――――――――――
200857chinabook3jpeg10k
★代表的な旅行作家とその作品
・ポール・セロー「鉄道大バザール
・ポール・セロー 『The Old Patagonian Express』
・沢木耕太郎 『深夜特急』
・宮脇俊三 『最長片道切符の旅』
・椎名誠 『インドでわしも考えた』
・前川健一 『アジアの路上で溜息ひとつ』
・野田隆 『テツはこう乗る』『ドイツ=鉄道旅物語』
・ジュール・ヴェルヌ 『八十日間世界一周』
・アラン・ムアヘッド『白ナイル』<篠田一士訳/筑摩書房>絶版?

================================================================

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »