« このブログ(右下)でも「今日のナカツリ」無料配信! | トップページ | 幕末の主役、篤姫と小松帯刀! »

2008年6月24日 (火)

「ザ・マジックアワー」vs「カンフーパンダ」?

◆三谷監督、PRパブで公開前後に約150媒体に登場!「ザ・マジックアワー」vs「カンフー・パンダ」、クチコミ対決?


 ▲映画 「ザ・マジックアワー」 ② 予告 Movie trailer
■三谷幸喜監督、宣伝しすぎ!?…「ザ・マジックアワー」舞台挨拶
 ・・・ 映画「ザ・マジックアワー」の大ヒット御礼舞台あいさつが2008年6月22日、東京・有楽町の日劇2で行われ、三谷幸喜監督(46)と俳優の佐藤浩市(47)、寺島進(44)が出席した。
 公開16日で動員160万人、興収20億円を突破。三谷監督は21日午後からこの日にかけて都内8か所で舞台あいさつし、「いろんな所で笑顔が見られて、監督みょうりに尽きる。このまま行くと1年で500億。すごいペースです」と満足げにあいさつした。
 三谷監督は公開前後に約150媒体に登場。佐藤は「街では三谷バッシングが出始めて、宣伝過多だなと思います」と毒づきながらも「優しい気持ちで意をくんでほしい」と呼びかけていた。
――――――――――――――――――――――――――――
◆「カンフー・パンダ」の上映が再開―四川省
 2008年6月22日、中国メディアが伝えるところによると、四川省の芸術家のクレームにより、四川省の全ての映画館で上映が中止されていた「カンフーパンダ」の上映が、22日再開された。
 2008年6月20日中国全土で公開が始まった作品「カンフーパンダ」について、四川省の芸術家の趙半狄(ジャオ・バンディー)氏からクレームが出された。
 クレームの内容は、「カンフーパンダ」は「中国の国宝とカンフーを盗み、中国で儲けようとしている」ことと、問題発言で物議を醸したシャロン・ストーンと同じハリウッド映画であることが問題だとのこと。
 映画館では、「一部の観客より『カンフーパンダ』の内容が不適切であるとの意見があった」として、上映を中止していた。


 ▲Kung Fu Panda Trailer 3 High Quality (01:18)
■2008年7月26日公開予定「カンフー・パンダ」
 スティーヴン・スピルバーグ率いるドリームワークスが手掛けた、動物たちによるカンフー・アニメーション大作。古くからの予言により、思いがけずにカンフーマスターを目指すことになったパンダの血と汗と涙の修行の日々をユーモアたっぷりに描き出す。声優陣もジャック・ブラック、アンジェリーナ・ジョリー、ジャッキー・チェンと東西のスターが勢ぞろい。個性豊かな面々が繰り広げる華麗なカンフー技と友情の物語は必見。(シネマトゥデイ)
 ◆KUNG FU PANDA - ANGELINA JOLIE SPEAKS (02:41)
 ◆Kung Fu Panda - Trailer (01:22)


 ▲Kung Fu Baby (00:36)

★映画のPRも必死?。三谷監督の150媒体出演はギャグか笑いのネタかもしれません。公開16日で動員160万人、興収20億円、このまま行くと1年で500億?という「ザ・マジックアワー」はまだ観ていませんが、そんなに皆が観ているなら押さえに観ておこう・・・ということになるか。
 それより何故か「カンフー・パンダ」は観てみたいキモチ・・・。YouTubeなどネットを使ったクチコミをもっと活用する方法がありそう。「Kung Fu Baby」などは、1,23万2,759回も閲覧されています・・・
================================================================

|

« このブログ(右下)でも「今日のナカツリ」無料配信! | トップページ | 幕末の主役、篤姫と小松帯刀! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18797/41633653

この記事へのトラックバック一覧です: 「ザ・マジックアワー」vs「カンフーパンダ」?:

» 効率よくお金をかけず広告を使う方法 [効率よくお金をかけず広告を使う方法]
自分たちのお店や商品が、広告費を一切掛けずにマスコミに取り上げられて、自分たちのお店や商品を無料で宣伝できたとしたら、どれほど多くのお客さんに認知され来店者数が増え、売上げが上がるでしょうか? [続きを読む]

受信: 2008年6月24日 (火) 22時11分

« このブログ(右下)でも「今日のナカツリ」無料配信! | トップページ | 幕末の主役、篤姫と小松帯刀! »