« 日本の生きもの図鑑 | トップページ | タモリさんの弔辞全文&真相明らかに! »

2008年7月30日 (水)

ベネチア国際映画祭に日本から3作品

■8月同27日から開幕する第65回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門に、注目の3作品(予告編)をちょっと立ち見してみました・・・


 ▲映画 「アキレスと亀」予告 Movie trailer(02:10)

◆ベネチア国際映画祭:宮崎、押井、北野監督がそろい踏み 「金獅子賞」争う<毎日JP2008年7月30日>より
 宮崎駿監督の劇場版アニメ「崖の上のポニョ」(公開中)と押井守監督の「スカイ・クロラ」(8月2日公開)が、8月同27日から開幕する第65回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門に選出されたことが明らかになった。日本の劇場版アニメが同映画祭のコンペティション部門に選ばれるのは初めて。また、北野武監督の最新作「アキレスと亀」(9月公開)も選ばれ、3人の最新作がそろい踏みとなる。

 同映画祭は、カンヌ、ベルリンに並び世界三大映画祭に数えられ、世界最古の歴史を持つ映画祭としても知られている。コンペティション部門は、同映画祭最高賞の「金獅子賞」を選出する。宮崎監督は、04年の第61回で「ハウルの動く城」が同部門で「オゼッラ賞」を受賞し、第62回では、優れた作品を生み出し続けている監督として「栄誉金獅子賞」を贈られている。押井監督は「イノセンス」で04年の第57回カンヌ国際映画祭のオフィシャルコンペティション部門に選ばれている。・・・以下略
――――――――――――――――――――――――――――
<予告編>

 ▲スカイ・クロラ The Sky Crawlers 予告編(02:15)


 ▲崖の上のポニョ予告(01:26)

★注目は押井監督の「スカイ・クロラ The Sky Crawlers 」。作品が『映画』として認められたということで、望外の喜び」と押井監督は語っている・・・日本映画ガンバレ!
 一方、「韓流“終焉”!? 韓国映画界、上映作の9割が赤字」(夕刊フジ7月29日)という記事もある。
 制作費の半分を主演に払うようなスターありきで、ありきたりのストーリー作品が少なくない。粗製乱造で面白い作品が減っていることが低迷の最大の原因・・・という説もある。
================================================================

|

« 日本の生きもの図鑑 | トップページ | タモリさんの弔辞全文&真相明らかに! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18797/42012384

この記事へのトラックバック一覧です: ベネチア国際映画祭に日本から3作品:

» アキレスと亀 [こはる日記]
ベネチア国際映画祭:快挙3作品出品! モナ復帰ある? 毎日新聞8月27日にイタリ... [続きを読む]

受信: 2008年8月 2日 (土) 12時40分

» アキレスと亀 [ありさ日記]
北野監督、“本場”の反応「興味あるよ」…「アキレスと亀」ベネチア出品 スポーツ... [続きを読む]

受信: 2008年8月 2日 (土) 21時46分

« 日本の生きもの図鑑 | トップページ | タモリさんの弔辞全文&真相明らかに! »