« 2008年9月 | トップページ

2010年1月

2010年1月29日 (金)

ついにアップルの電子タブレット「iPad」登場!

■電子書籍リーダー相次ぐ、本の買い方・持ち運び方・読み方・本棚が変わる?さらに作家スタイルも?

▼Apple 新製品 iPad!<cimbalcinta2010年01月27日>

 ■[新製品]米Apple、遂に注目の「iPad」を発表!
 ・・・電子書籍や電子新聞にも・・・!遂に発表されたAppleのタッチデバイス「iPad」
 米Appleは現地時間27日、同社の新製品として9.7V型タッチパネル液晶を搭載した「iPad」を発表。3月末に発売予定。同日から予約受付を開始した。
 ・・・iPhoneやiPod touch同様に音楽・映像・ゲームなどのマルチメディアプレーヤーとして、また、web閲覧ツールとして楽しめる。そのほかに大きな特長として電子書籍リーダーとしての機能を備えた。Appleが提供するアプリの名称は「iBooks」。iTunesの電子書籍版といった印象だ。<RBB TODAY2010年1月28日>
 ■書籍端末、「キンドル」(アマゾン)、「リーダー」(ソニー)・・・
  「キンドル」(アマゾン)、「リーダー」(ソニー)に相次いでアップル参入。マイクロソフトや韓国勢なども参入か。
 アマゾンが1月28日発表した昨年の年末商戦では、電子書籍の販売額が紙媒体の書籍通販額を初めて上回った。昨秋以降、世界約100カ国・地域を対象に出荷を始めた電子書籍専用端末の「キンドル」が数百万人に普及し、配信収益に大きく貢献したという。

2010129ipodjpeg17k

★さて中高年がメインの“書籍市場”での反応は如何?60歳年代の友人はなじめないという人もいる。老眼の高齢者には、書体を大きくして読めるのでしょうから便利でしょう。多分、しおりを入れたり、アンダーラインを引いたり、メモを書き込んだり、疲れた時は音声で聞き読みできるようにはなるでしょう。
  アップルの「iPod(アイポッド)」で音楽のダウンロードが進み、国内のレコード店の廃業が進んだように、取り次ぎや書店を苦境に追い込みかねない・・・ということも言われています。
 また、出版不況で業績が悪化している出版会社にはどう影響してくるのでしょうか。さらに、作家・ライターは?
================================================================

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2008年9月 | トップページ