歌~フォーク

2007年7月22日 (日)

放送禁止歌

■「放送禁止歌」ラジオ特番で一挙放送<スポーツニッポン2007年7月20日>

  国内で発売中止や放送自粛にあった歌の数々をTBSラジオが一挙に放送、紹介する。22日午後7時から特別番組「TABOO SONGS~封印歌謡大全」を編成。封印された背景などに触れながら、問題視された部分も放送。それぞれの歌に込められた本来のメッセージを解き明かす。
 さまざまな理由で長く放送されなかった“封印歌”の数々を、TBSが一挙に解禁する。
 戦中に軍部によって発売を禁止された渡辺はま子の「何日君再来」をはじめ、戦後の59年に民放連が定めた「放送音楽などの取り扱い内規」に抵触し、リストアップされた岡林信康「手紙」、山平和彦「放送禁止歌」など約20曲。
 新潟県中越沖地震で柏崎刈羽原発の火災があったタイミングでもあり、原発を問題視した内容のため発売中止に追い込まれたRCサクセション「サマータイム・ブルース」や、今年3月に肝細胞がんで死去した鈴木ヒロミツさん(享年60)が在籍した「ザ・モップス」の「ブラインド・バード」(作詞阿久悠)も放送される。
 TBSラジオの三条毅史プロデューサー(41)は「日本の音楽史の遺産として見直す機会をつくりたかった。1つの言葉だけを取り上げて判断するのではなく、歌全体のメッセージに耳を傾けてもらえれば」と企画意図を説明。番組の趣旨から、編成局も“封印歌”の一挙放送を了承した。・・・以下略

■参考>森達也『放送禁止歌』ドキュメンタリー/YouTube(1/6~6/6)

 ▲森達也『放送禁止歌』ドキュメンタリー (1/6)~YouTube


 ▲森達也『放送禁止歌』ドキュメンタリー (2/6)

※以下、YouTube(3/6~6/6)はYouTubeで・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)