« 縁起だるまとして人気!高崎だるま市 | トップページ | お祭り・イベント情報をYouTubeでPR! »

商売繁盛、笹もってこい!十日戎

■商売繁盛、笹もってこい!十日戎(とおかえびす)・・・1月9日~11日

200819ebisusanjpeg29k

■十日戎(とおかえびす)
 十日戎とは、漁業や市場の神様で七福神の1人にも数えられる「戎」を祭っている神社で行われる祭りです。通常、1月10日を本戎、前日を宵戎、翌日を残り福と呼び、3日間行われます。
 えびすが祭られ十日戎を行う神社は西日本の各地にありますが、特に大阪の今宮戎神社と兵庫の西宮神社の十日戎が有名。どちらの祭礼にも、3日間で100万人もの参詣客が訪れます。
 また、西宮神社では、鎌倉時代の正元年間(1250年代)には、すでに十日戎の祭典が行われていたという記録も残っています。

 祭りの内容などはその神社によって異なりますが、今宮戎神社の場合、参詣者は福娘から「吉兆」と呼ばれる縁起物を授かり、福笹につけてもらって持ち帰ります。吉兆には小判や鯛など10数種類の形があって、自分で選ぶことができます。その他の神社では、すでに吉兆が飾られた福笹を授かるのが一般的です。
 釣り竿と鯛を持った神様であるえびす自体は全国的に知られていますが、えびすを祭る神社は東日本には少なく、十日戎という祭りも関東では馴染みが薄いようです。

200819fukusasajpeg14k
 またこの「恵比須講」の開催時期は東と西で違いがあり、関西地方では「十日戎」といって毎年1月10日に、関東では1月20日と11月20日に行われます。
 おもに関西のほうで盛んなこのお祭り。毎年、兵庫の西宮神社や大阪の今宮戎神社では、沿道で笹(実際には孟宗竹)の枝先に縁起物を飾った「吉兆」の露店が軒を連ね、大変な賑わいを見せています。
 「商売繁盛、笹もってこい!」の威勢のいい売り声は、「恵比寿様」の名物といってもいいでしょう。
<暮らしの歳時記>より
――――――――――――――――――――――――――――
今宮戎神社・・・ 今宮戎神社の公式HP。記帳もできます。以下◆えべっさん入門
<日時>
 毎年1月9日~11日。9日が「宵戎(よいえびす)」、10日が「十日戎(とおかえびす)」、11日が「残り福(のこりふく)」と呼ばれます。やはり本命の十日戎が一番混雑しますが、縁起物を買うんなら「値切れる」残り福の夜がお勧め。
<場所>
 関西中心に「恵比寿神(えびすのかみ)」を祭る神社で行われます。特に有名なのは本家である兵庫県西宮市(神戸の近く)の「西宮戎(にしのみやえびす)」と、商売の町大阪の「今宮戎(いまみやえびす)」です。今宮戎は、通天閣や日本橋でんでんタウンの近くにあり、南海電車の「今宮戎」駅が最も近いです。JRでは「新今宮(しんいまみや)」、地下鉄では「恵比寿町(えびすちょう)」か「大国町(だいこくちょう)」が最寄で、いずれもそこから5~10分程度歩きます。

※参考~2007年の「今宮戎(いまみやえびす)」

▲えべっさん

 

|

« 縁起だるまとして人気!高崎だるま市 | トップページ | お祭り・イベント情報をYouTubeでPR! »

冬~近畿・中国」カテゴリの記事

コメント

十日戎だいすきです。勉強になりました。
ちなみに有名戎の一覧と起源。

①今宮戎神社の十日戎の起源  十日戎の行事は江戸時代中ごろから賑わいを見せだし、延宝三年(1675)の現在残る最古の 大阪の案内の図「葦分舟」には今宮の十日戎の風景が描かれています。

②西宮神社の十日戎の起源  毎年商売繁盛を祈願する十日えびすは、古くは御狩神事(みかりしんじ)とか忌籠祭(いごもりさい)と称されていました。かっては、市中の各戸も九日の夕刻に門を閉じ、静寂を守っていたことが室町時代の重篇応仁記に記録されています。

③堀川戎の十日戎の起源  江戸時代中ごろより祭礼が盛り上がり、 ミナミの今宮えびすとキタの堀川えびす が大阪の 十日えびすを代表するようになる。

④大阪天満宮の十日戎の起源  戦後途絶えていた十日戎を、上方落語教会会長 桂三枝の意向もあり復活する。

⑤柳原蛭子神社の十日戎の起源  神戸市兵庫区の柳原のえべっさんの十日戎は、そんなに古い行事ではなく、先々代の宮司(井上四郎宮司)が、西柳原町内や柳原商店街や福海寺(大黒さん)の協力をえて、西宮戎(西宮神社)の十日戎の繁栄を参考に始めた。

三大十日戎 ①西宮神社 ②今宮神社 ③京都戎神社(柳原蛭子神社)(堀川戎神社) などが三大十日戎としてあげられる。


投稿: | 2009年7月17日 (金) 07時28分

商売繁盛と家内安全を祈る柳原えびすのお参りに
兵庫駅を利用するのは如何な物かと言われました。
以前に柳原えびすの氏子と宮司の間に確執があり、
結果的に宮司は、兵庫駅に飛び込まれてしまったようです。ご利益は商売には良くても、家内安全には難が有るようです。

投稿: | 2012年1月22日 (日) 07時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18797/17630025

この記事へのトラックバック一覧です: 商売繁盛、笹もってこい!十日戎:

» 本戎 [ウイイレ2008 ウイニングイレブン 攻略掲示板 解析 ]
十日戎始まる 大阪・今宮戎神社朝日新聞「商売繁盛でササ持ってこい」のかけ声が響く境内では、公募で選ばれた45人の福娘が、参拝客の福ザサに縁起物を結びつけ、笑顔を振りまいていた。10日は「本戎」 ... 宵々戎 08... 昨年も書いてますが関西圏では馴染みの深い商売繁盛の祭事、いわゆる‘えべっさん’です十日戎は九日、十日、十一日の三日間に亘り行われ、九日(宵戎)、十日(本戎)、十一日(残り福)という呼び方をします十日戎の由来は下のURLを参考まで(。 ... 商売繁盛、笹もっ... [続きを読む]

受信: 2008年1月10日 (木) 07時20分

« 縁起だるまとして人気!高崎だるま市 | トップページ | お祭り・イベント情報をYouTubeでPR! »