« “えぶり”を持って優雅に舞う「八戸えんぶり」 | トップページ | ♪ウメは咲いたか~水戸梅祭り »

「蘇民祭」ポスター騒動!

■岩手県 奥州市 黒石寺蘇民祭(2月13日)・・・ポスター騒動の「蘇民祭」に報道陣170人

2008214hdakaposterjpeg23k

 JR東日本がポスターの張り出しを断った騒動で注目された岩手県奥州市の「蘇民祭」が、13日夜半から開かれた。14日早朝まで8時間以上にわたる「裸の男と炎」の奇祭に、例年の3倍に膨れあがった報道機関47社、約170人も含め、大勢の見物人が詰めかけた。<Asahi.com2008年02月14日>

■裸祭りのポスター掲示断る 「客に不快感」とJR盛岡支社<MSN産経ニュース>より
  岩手県奥州市の黒石寺で1000年以上の歴史がある「蘇民祭」の観光ポスターを、市がJRの駅構内に掲示しようとしたところ、JR東日本盛岡支社が「ポスターは客に不快感を与えるかもしれない」と断っていたことが8日、分かった。・・・中略
 奥州市によると、祭りのポスターは数十年作製してきたが、掲示拒否は初めてで、市は印刷枚数を200枚減らして1400枚とし、駅で張れない分は市内や首都圏で張るという。

 厄払いなどを願う蘇民祭は、下帯姿の男衆が護符が入った麻袋「蘇民袋」を奪い合う祭り。今年は2月13日夜~14日未明を予定している。
――――――――――――――――――――――――――――
蘇民祭は複数存在するが、全裸が許されるのは黒石寺の蘇民祭のみ
 黒石寺の蘇民祭は、いにしえから続く様々な儀礼を伴った民俗行事である。医療技術や生 産技術が未熟な時代に庶民は、神仏に加護を願い一年の安泰を祈願したのです。大変真剣 な祭であるのです。蘇民祭は、蘇民将来の信仰に基づく祭礼。
 ▼岩手県 奥州市 黒石寺蘇民祭


|

« “えぶり”を持って優雅に舞う「八戸えんぶり」 | トップページ | ♪ウメは咲いたか~水戸梅祭り »

冬~東北」カテゴリの記事

コメント

伝統的な神事に「セクハラ」だ「わいせつ」だって、いったい日本はどうしたんだ?という気持ちですよ。それに最近の変なメディア報道の過熱気味は、どうかならないんでしょうかね?

祭り好きな人間にとっては、こんな熱い祭りこそ、祭りなのだ!と大声で怒鳴りたい感もあります。でも、こんな祭りに悪乗りし、騒ぐこと・・裸になること自体を目的として参加する人間が多いのも事実のようですね。

投稿: 楽閑人 | 2008年2月17日 (日) 18時35分

本日ミリブロの当ブログで残されたコメント…そのまま返します。

理由無く、『うざい』とね♪

理由無きで人のブログに「うざい」と残したのではないでしょうから、古代のハムラビ法典の言葉にある一つをそっくりそのまま返します。目は目を…人のブログで残したコメント「うざい」にはその人のブログのブログで残した、コメントへ「うざい」でね!!

口惜しければ、同じ条件でシューティングの世界を実績残すように!!
それが出来なく、文句あるならば何時でもどうぞ!

何時でもやり返しますので!

投稿: ふくじ | 2010年12月16日 (木) 21時12分

セクハラとか意味解らん(笑)恋愛経験少ない女性やヒョロヒョロのモテない男性が騒ぐんでしょうね…(笑)

投稿: あ | 2011年2月 5日 (土) 20時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18797/40120753

この記事へのトラックバック一覧です: 「蘇民祭」ポスター騒動!:

» 天下の奇祭 [富久亭日乗]
 JR東日本が駅にポスターを掲示するのを 拒否したという騒動で、 岩手県奥州市で毎冬行われる 天下の奇祭「蘇民祭」のことを思い出した。   わしが奥州市(当時は水沢市といった)に住んでおったのは、 もう20年も昔のことだ。    黒石寺という名刹で行われる蘇民祭は 五穀豊穣を願って、寒さの厳しい中、 荒くれ男たちが褌一枚の裸になり、 「ハァ・・揃うた揃うたよ 皆様揃うた 秋の出穂より なおよく揃うた   ジョヤサ ジョヤサ  ハァ・・場所だ場所だよ 山内場所だ   上は妙見 その下薬師  ジョヤサ ... [続きを読む]

受信: 2008年2月21日 (木) 08時10分

« “えぶり”を持って優雅に舞う「八戸えんぶり」 | トップページ | ♪ウメは咲いたか~水戸梅祭り »