« 3000本を超える竹飾りが圧倒!
湘南ひらつか七夕まつり
| トップページ | たおやかに白鷺が舞う
鷺 舞 »

重さ50キロもの大松明が石段を駆け上がる
那智火祭り

■和歌山県勝浦町熊野那智大社「那智火祭り」(7月14日)


▲07/14/2007 那智の火祭り_4 (44秒)

◆【見どころ】

 熊野十二社権現が扇神輿に乗って、年に一度本殿から那智の滝に里帰りする神事。那智の雄大な自然の中で行われる荘厳な火の祭りとして知られている。
十二体の扇神輿を、燃え盛る十二基の大松明で清めながら那智の滝に迎える儀式が見どころでハイライト。

 一気に石段を駆け降りる神輿と、駆け上がる松明方合わせて200人ほどが途中で出会うと、松明は円陣を組み、後退しながら神輿を迎えてお清めをしつつ滝へ滝へと誘う。
滝に着いた後は、滝の前で神霊の降臨を祈る儀式が行われ、今度は辺り一帯神秘的な厳かな空気に包まれる。
 また、神輿出発の前に奉納される、稚児による大和舞いや国の重要無形民俗文化財指定の田楽舞も一見の価値がある。

◆【由来】

 那智の火祭りは熊野那智大社の例大祭で別名「扇祭り」とも呼ばれる。
那智山の信仰は神武天皇東征の時に、那智の滝を大国主命の御霊代として祀ったことに始まるとされており、仁徳天皇の頃那智山中腹に社殿を祀ったのが今の熊野那智大社の起源。全国の熊野神社の御本社でもある。
 那智の火祭りは日本三大火祭りにも数えられ、熊野路に夏本番を告げる風物詩といえよう。

◆交通アクセス:JR那智駅よりバス「那智山」下車

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・<ライター/マツリ大使>

――――――――――――――――――――――――――――
200877himatsurijpeg9k
熊野那智大社 http://www.kumanonachitaisha.or.jp/ 
 ■那智の火祭り
 ■例大祭行事案内
 ■交通アクセス

那智の火祭り(那智勝浦町 http://www.rifnet.or.jp/~nakatora/himatsuri.htm 

|

« 3000本を超える竹飾りが圧倒!
湘南ひらつか七夕まつり
| トップページ | たおやかに白鷺が舞う
鷺 舞 »

夏~近畿」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18797/41765742

この記事へのトラックバック一覧です: 重さ50キロもの大松明が石段を駆け上がる
那智火祭り
:

« 3000本を超える竹飾りが圧倒!
湘南ひらつか七夕まつり
| トップページ | たおやかに白鷺が舞う
鷺 舞 »