« 新年を迎える仏様のお清め。
薬師寺御身拭い
| トップページ | 今年を占う力勝負!
高田大俵引き »

七転び八起き。開運を願う縁起市
川越喜多院だるま市

■埼玉県川越市喜多院「川越喜多院だるま市」(1月3日)

20091229darumajpeg27k

◆【見どころ】

厄除けで知られる慈恵大師(じえだいし)、別称元三大師(がんざんだいし)の縁日で、新しい年のはじめを迎えるので初大師と呼ばれるこの日に毎年盛大な「だるま市」が開かれます。
境内や参道には、関東各地のだるま商・約50店が並びます。店ごとに顔が異なり、大きさも手のひらに乗るものから、一抱えもある大きなものまで様々。最近では赤い色だけでなく、白、黄、緑、青、ピンクなど願い事別に色分けした風水だるまなどバラエティーに富んだだるまも多く、見ても楽しめそうです。
喜多院はもともと初詣の参拝者も多い上、開運の縁起物とされる「だるま」を求める大勢の人が加わって、毎年たいへん賑わうということです。

◆【ひとくち情報】

喜多院の初詣客は、埼玉県では大宮氷川神社に次いで第2位。三が日で40万人を超えますが、そのうちだるま市が開かれる3日に30万人以上が訪れるということです。
「だるま」は緋色の袈裟(けさ)で身を包み坐禅をしている達磨大師の姿をうつしたもので、七転八起と称して室町時代に中国から伝えられました。「起き上がり小法師」などともいわれ流行したといいます。江戸時代には赤い色彩が子供の疱瘡(ほうそう)よけのまじないとして信じられ、また起き上がるということから、農業・漁業・商業などの繁栄の縁起物とされました。

◆交通アクセス:JR川越線、東武東上線川越駅または西武新宿線本川越駅からバスか徒歩

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・<ライター/マツリ大使>

――――――――――――――――――――――――――――
▼(参考)2008喜多院達磨市<by ohiko2000>

川越大師喜多院ー初大師とだるま市
川越・観光ブログ
川越大師喜多院で『初大師とだるま市』<プチたび>

|

« 新年を迎える仏様のお清め。
薬師寺御身拭い
| トップページ | 今年を占う力勝負!
高田大俵引き »

冬~関東」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18797/47147323

この記事へのトラックバック一覧です: 七転び八起き。開運を願う縁起市
川越喜多院だるま市
:

« 新年を迎える仏様のお清め。
薬師寺御身拭い
| トップページ | 今年を占う力勝負!
高田大俵引き »