« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

300余の提灯が揺れる山車が練る!
二本松の提灯祭り

■福島県二本松市「二本松の提灯祭り」(10月4日~6日)

2012924nihonmatsujpeg19k

◆【見どころ】

秋田の竿灯、愛知の一色提灯祭りと並ぶ日本三大提灯祭りといわれ、豪華な提灯山車の曳きまわしが見応えのお祭り。
祭りの一番の見どころは宵祭りで、二本松神社の御神火で一斉に点火された300以上の提灯を付けた7つの町内の太鼓台が打ち上げ花火を合図に順次巡行して行きます。威勢のいい掛け声と祭り囃子のなか太鼓の音に合わせて揺れる鈴なりの灯りは壮観で、幻想的な美しさを見せてくれます。
また中日は昼に神輿渡御、夜再び灯りを点けた山車が各町内を練り歩き、最終日夜には山車は二手に分かれて曳きまわされます。

◆【ひとくち情報】

祭りの歴史は古く、1643年(寛永20年)に入府した二本松城の藩主丹羽光重公が領民誰もが神社に参拝できるようにしたのが始まりといわれ、約370年続いています。

◆交通アクセス:東北本線二本松駅下車

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・<ライター/マツリ大使>
―――――――――――――――――――――――
▼(参考)2011福島県二本松市「ちょうちん祭り」.mpg<by angela0119>

福島県二本松提灯祭り公式ウェブサイト
二本松観光協会/二本松の提灯祭り
二本松の提灯祭り/二本松市観光ガイド

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野菜や果物でユニークなオブジェを創作。
つくりもん祭り

■富山県高岡市福岡町「つくりもん祭り」(9月23日~24日)

2012918tukurimonjpeg27k

◆【見どころ】

野菜や果実、自然の草花などを利用し、菊人形のような見たて細工・「つくりもん」を飾って五穀豊穣に感謝するお祭り。
もとは地蔵祭りが起源でその歴史は300年と長く、毎年素朴ながらユニークで趣向を凝らした作り物が町のあちらこちらに数多く展示されます。
最近では時代を反映した話題の人物やアニメキャラクターなどを素材にしたアイデアに富んだ作品も多く作られるようになってきたということで、大人から子どもも楽しめる庶民芸術として注目度も高まってきています。

◆【ひとくち情報】

「地蔵祭り」はお地蔵さまを一軒の家に移し、野菜や果物、餅、菓子など秋の収穫物をお供えした五穀豊穣の感謝祭。江戸時代から続けられている伝統行事です。

◆交通アクセス:北陸本線福岡駅下車

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・<ライター/マツリ大使>

―――――――――――――――――――――――
▼(参考)つくりもんまつりの楽しさを伝えたい.wmv <by sakurakikou>

高岡市観光情報サイト/イベント情報
高岡市商工会|イベント・観光案内:福岡つくりもんまつり
福岡町つくりもんまつり:富山県観光公式サイト/とやま観光ナビ
伝統300余年の奇祭 つくりもんまつり(福岡町

| | コメント (1) | トラックバック (0)

急な石段で神輿を揉み合う!
伊香保まつり

■群馬県渋川市伊香保温泉「伊香保まつり」(9月18日~20日)

2012911ikahojpeg59k

◆【見どころ】

伊香保神社の例祭と地元に縁の文人・徳富蘆花を追悼するお祭り。
初日18日は蘆花の命日にあたり、記念碑の前で墓前祭が行われる他、温泉に感謝する湯汲み神事が執り行われます。19日~20日の例大祭では本神輿に加え、この祭りの名物・樽神輿の渡御が呼び物。よく知られた伊香保温泉の石段を子どもから大人まで腰で揉み合いながら登ります。365段の急な石段での激しい揉み合いはたいへんスリリングで、ときには勢い余って石段を転げ落ちることもあるといいます。

◆【ひとくち情報】

伊香保温泉には徳富蘆花記念文学館のほか、竹久夢二の記念館もあり人気のスポット。
樽神輿は酒樽を神輿に仕立てたもの。お神酒(おみき)を神に捧げます。地元では樽神輿は肩で担ぐのではなく、腰で揉むとされています。

◆交通アクセス:JR上越線渋川駅からバス25分

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・<ライター/マツリ大使>

―――――――――――――――――――――――
▼(参考)夜の石段街に樽みこし 伊香保まつり開幕<by RaijinCom>上毛新聞動画ニュース

渋川市・伊香保まつり
伊香保まつり/渋川市伊香保商工会
伊香保まつり・伊香保温泉・伊香保のイベント:るるぶ.com
2012911tarumikosijpeg7k

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豪快に四尺玉花火が打ち上げられる!
小千谷片貝まつり

■新潟県小千谷市浅原神社「小千谷片貝まつり」(9月9日~10日)

201293ojiyajpeg20k

◆【見どころ】

当地は三尺玉花火発祥の地といわれる所。花火づくりの歴史は400年にも及ぶとされています。お祭りでは神社へ花火の奉納、花火の「玉送り」行進、花火打ち上げの成功と無事を祈る古式豊かな「筒引き」など花火の町ならではの様々な行事が行われます。
夜に行われる花火の打ち上げでは、人々の祈りや願いが込められた奉納花火をはじめ総計1万5千発が打ち上げられます。中でも最大の見ものは花火の町が威信をかけて打ち上げる四尺玉。鋼鉄製の筒へ重さ420kgの玉を入れ地上800メートルまで打ち上げられ、直径800メートルもの大輪の花を夜空に咲かせます。あたりは耳もつんざく大音響と見物客の大歓声に包まれます。

◆【ひとくち情報】

片貝町で三尺玉が打ち上げられたのは1891年(明治24年)、四尺玉は1985年(昭和60年)に打ち上げに成功、ギネスブックに掲載されました。

◆交通アクセス:JR上越線小千谷駅からバス20分

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・<ライター/マツリ大使>

―――――――――――――――――――――――
▼(参考)World largest fireworks 2007 Katakai Japan!! <by somafire>

新潟県 小千谷市 ホームページ - 観光・お出かけ情報 - 片貝まつり
花火の片貝まつり
片貝まつり(新潟県・片貝町)浅原神社秋季大祭奉納花火大会
▼(参考)新潟県小千谷市 おぢやまつり2011 花火大会フィナーレ<by pachecoTUMMY>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »