« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月

師走の京の風物詩
南座の顔見世

■京都府東山区「南座の顔見世」(11月30日~12月26日)

20121127manekiagejpeg28k

◆【見どころ】

東西の歌舞伎の名優が顔をそろえる興行で、京都に師走の訪れを告げる風物詩。劇場の入り口上には勘亭流で役者名が書かれた「まねき」と呼ばれる白木の看板がずらりと並べられることがよく知られています。
今年は中村勘太郎改め六代目中村勘九郎の襲名披露を中心に、人間国宝・坂田藤十郎や片岡仁左衛門、市川団十郎らの東西人気役者が顔をそろえて舞台を華やかに盛り上げます。
呼び物の中村勘九郎襲名披露では、「対面」で曽我五郎、「船弁慶」で静御前と知盛の霊を演じることになっています。

◆【ひとくち情報】

勘亭流は太くて丸みを帯びた書体で、看板に隙間なく書き劇場の大入りを願う

◆交通アクセス:京阪電車・祇園四条駅、阪急電鉄・河原町駅下車

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・<ライター/マツリ大使>

――――――――――――――――――――――
▼(参考)京都の風物詩・南座顔見世興行前に"まねき上げ"(12/11/26)<by ANNnewsCH>

歌舞伎美人(かぶきびと):歌舞伎公式総合サイト
京都四條 南座<歌舞伎・演劇>松竹株式会社
吉例顔見世興行

| | コメント (0) | トラックバック (0)

光の広がりで慈悲の広がりを現わす
遊行寺の一つ火

■神奈川県藤沢市遊行寺「遊行寺の一つ火」(11月27日)

20121119yugyoujijpeg22k

◆【見どころ】

一つ火とは、一度だけ発火作法が許されて古い火を新しい火に変え、阿弥陀の慈光に照らされた世界を出現させるという願いを込めた行事。
念仏の合唱が終わると灯火が消えて堂内は真っ暗になります。そこへ火打ち石を打つ火花と共にロウソクに火が点けられ、徐々に光が広がっていきます。その光の広がりが、仏の慈悲で救いが広まっていく様子を現わし、念仏の教えが盛んになると言われています。
夜間に堂内の全ての火が消され、そこから次第に堂内が明るくなり修行僧が念仏の声を高めていくのは圧巻です。

◆【ひとくち情報】

一つ火は一遍上人以来700年行われている修行のひとつで、時宗の総本山・遊行寺最大の行事とされています。

◆交通アクセス:JR・小田急藤沢駅からバス藤沢橋下車

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・<ライター/マツリ大使>

―――――――――――――――――――――――
▼(参考)【湘南】念仏信仰の名刹:遊行寺の一つ火(御滅灯) <by denwa010ko>

時宗総本山遊行寺ホームページ
遊行寺の一ツ火|観光神奈川NOW 11月
時宗と一遍上人

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全国の神々をお迎えする神事
神在祭(お忌みさん)

■島根県松江市佐太神社「神在祭(お忌みさん)」(11月20日~25日)

20121112sinzaisaijpeg19k

◆【見どころ】

旧暦10月は全国の八百万(やおよろず)の神々が出雲に集まる月で、他の地方と異なり神在月といい、出雲では神在祭が行われます。中でも佐太神社の神在祭は文献上もっとも古く、祭りの次第も500年前の記録とほぼ同じ内容で執り行われています。
神在祭の前夜(陰暦10月10日)は国譲りの伝承地・稲佐浜で神々を迎える神迎神事が行われた後、出雲大社へご神幸。翌陰暦11日には出雲大社で神迎祭が行われます。
そして最終日には全国に神々をお見送りする神等去出祭(からさでさい)を執り行って祭りは幕を閉じます。

◆【ひとくち情報】

神在祭は出雲地方の晩秋の風物詩。神等去出神事では神職や崇拝者がお供して2㎞離れた神ノ目山まで神々を送る様子が見られます。

◆交通アクセス:JR山陰本線松江駅からバス約25分

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・<ライター/マツリ大使>

――――――――――――――――――――――
▼(参考)日本の祭り 出雲大社の神迎祭<by okinawanoyamato2>

神在祭(お忌さん)/佐太神社公式ホームページ
島根県神々の国しまね~神在月に集う
佐太神社神在祭/じゃらん観光ガイド<イベント情報>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家来衆の妙技も見事な大名御列
萩時代まつり

■山口県萩市「萩時代まつり」(11月11日)

2012116hagijpeg28k

祭りのメインは江戸情緒を感じさせる大名行列。
享保5年(1720年)、萩藩主が市内の金谷天満宮の社殿を修復したことをきっかけに始まった奉納行列を今に受けついだもので、「平安古備組」と「古萩町大名行列」を合わせて総勢200名を超える行列が城下町を練り歩いて古都にふさわしい歴史絵巻が再現されます。
なかでも道々、奴姿の男衆がお姫様の駕籠の前で草履を取って舞う「草履舞」や、『イサヨ~シ』の掛け声とともに槍・鳥毛を次々投げ合う「投げ渡し」が披露され、その妙技に見物客から歓声と大きな拍手が送られます。
また岩国藩鉄砲隊による実演も予定されています。

◆【ひとくち情報】

萩は数々の歴史の舞台として知られ、その街並みが今も大切に残された町。今でも江戸時代の古地図が使える――といわれるほどです。

◆交通アクセス:JR山陰本線萩駅下車

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・<ライター/マツリ大使>

―――――――――――――――――――――――
▼(参考)萩時代まつり2011 山口県萩市<by opticanon>

萩市観光ポータルサイト|萩時代まつり
萩時代まつり/萩商工会議所
萩時代まつり:11月11日(日)/萩市観光協会公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »