カテゴリー「春~九州」の9件の投稿

バナナのたたき売りも見られる
門司みなと祭

■福岡県北九州市門司区「門司みなと祭」(5月25日~26日)

2013519minatomatsurijpeg33k

◆【見どころ】

100年以上の歴史を持つ門司港を舞台に行われる港まつり。
カーニバル形式で区内を5時間近くかけて踊り歩く祝賀パレードが1000人超規模で繰り広げられます。また、普段は見られない自衛隊や海上保安庁の艦船の一般公開もあるとのこと。
さらに門司港といえばバナナのたたき売りで知られた所とあって、大正14年発祥とされる名物のたたき売りの実演販売が3か所で行われ祭りを盛り上げます。

◆【ひとくち情報】

パレードにはミスポート門司の人力車や音楽隊、シャギリ隊、仮装車などが参加予定。
バナナのたたき売りは「門司港バナナの叩き売り連合会」のメンバーが威勢よくバナナ節の口上を披露してくれます。

◆交通アクセス:JR門司港駅下車

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・<ライター/マツリ大使>

――――――――――――――――――――――
▼(参考)門司みなと祭<by 登巳 北家>

門司みなと祭公式ホームページ - 北九州商工会議所
門司みなと祭 イベントプログラム
門司みなと祭の歴史
門司みなと祭 門司港のイベント:るるぶ.com

| | コメント (0) | トラックバック (1)

泥田で跳ねて豊作祈願
せっぺとべ

■鹿児島県日置市八幡神社・鬼丸神社「せっぺとべ」(6月5日)

2012529seppetobejpeg18k

◆【見どころ】

約400年前から日吉地域に伝わるお田植祭り。
白装束の若者たちが泥田の中で円陣を組み、酒を飲んで唄を歌いながら威勢よく飛び跳ねます。激しく飛び合うことで田んぼの土をよくこね、害虫を踏みつぶすとされているので全員休むことなく跳躍。真っ白だった衣装が徐々に泥にまみれ最後は全員顔まで真っ黒に。泥まみれになりながら今年一年の五穀豊穣と悪疫退散を祈願します。
他にも当日は子どもも参加する棒踊りや笠踊り、虚無僧踊りなども奉納されます。

◆【ひとくち情報】

「せっぺとべ」は踊るときの掛け声で、鹿児島弁で「精一杯飛べ」の意味があります。元気に飛ぶことで田の神様や藩の殿様にアピールするとされています。

◆交通アクセス:JR鹿児島本線伊集院駅からバス15分

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・<ライター/マツリ大使>

―――――――――――――――――――――――
▼(参考)「せっぺとべ」<by goisitya:2011/06/06アップロード>

鹿児島県日置市公式ホームページ/祭りイベントカレンダー:6月第1日曜<せっぺとべ>
せっぺとべ|イベント|鹿児島県観光サイト
お田植祭り 「せっぺとべ」<薩摩の伝統行事・祭その6>

| | コメント (0) | トラックバック (1)

夏の健康を祈って「雪餅」を食べる
八代神社氷室祭

■熊本県八代市八代神社「八代神社氷室祭」(5月31日~6月1日)

2012522himurosai1jpeg19k

◆【見どころ】

毎年5月31日夜から翌6月1日に、暑くて厳しい夏の間の健康を願って行われる行事。もとは江戸時代初期、八代の住民が肥後藩主の父親・細川忠興の夏越しの無事を祈って、近くの三室山の氷室に冬蓄えた雪を献上したことで始まったとされています。
今は還暦や厄年などの節目を迎えた人などが多くお参りして無病息災を祈願しますが、ここの特徴は祈願やお祓いを済ませたあと名物の「雪餅」を食べること。雪餅はこの時だけ作られるもので、食べると一年間病気にかからないと言われているため、境内や参道には10軒を超す雪餅の店が並び、買い求め食べる多くの参拝者でにぎわいます。

◆【ひとくち情報】

「雪餅」は搗かずに作った米粉の皮で餡子を包みセイロで蒸したもので、雪に見立てたお餅です。
6月1日は「氷の朔日(ついたち)」ともいわれ、宮中では氷室に保存した氷を食べる行事があったとされています。

◆交通アクセス:JR鹿児島本線八代駅から徒歩20分

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・<ライター/マツリ大使>

―――――――――――――――――――――――
2012522himurosai2jpeg19k
氷室祭|八代市公式ホームページ
熊本 「氷室祭」イベント・行事情報
熊本県のイベント情報:氷室祭/JRおでかけネット

| | コメント (0) | トラックバック (1)

カラフルな山笠が川面に映える
風治八幡宮川渡り神幸祭

■福岡県田川市風治八幡宮「風治八幡宮川渡り神幸祭」(5月19日~20日)

201257tagawajpeg29k

◆【見どころ】

2基の神輿、11基の山笠が彦山川を水しぶきをあげて御旅所まで往復する、美しくて勇壮さあふれるお祭りです。
5色のカラフルなバレンを飾り立てた2~4トンもの華麗な山笠と、総重量2トン、担ぎ手が60人も必要な西日本では最大級とされている神輿の渡御が2日に亘ってパワフルに展開されます。
16世紀に流行った疫病の平癒祈願と成就のお礼として奉納されたことに始まるとされ、それ以来450年の伝統ある行事。夏祭りの先頭を切る祭りのひとつで筑豊地方の初夏の風物詩として親しまれています。

◆【ひとくち情報】

お下がりの川渡り神幸祭は初日13時頃から、お上りは2日目の同じ13時頃からの予定になっています。

◆交通アクセス:JR日田彦山線または平成筑豊鉄道田川井田駅下車

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・<ライター/マツリ大使>

――――――――――――――――――――――
▼(参考)福岡県田川市 風治八幡宮川渡り神幸祭<by mhirano0531>

風治八幡宮/川渡り神幸祭:福岡県無形民俗文化財指定<by 川渡り青年友志会>
風治八幡宮 川渡り神幸祭~みこしをかつぐ会
ふくおか民俗芸能ライブラリー

| | コメント (0) | トラックバック (1)

4kmにわたり 500超の店で賑わう
有田陶器市

■佐賀県有田町「有田陶器市」(4月29日~5月5日)

2012425aritayaki1jpeg36k

◆【見どころ】

毎年ゴールデンウィーク期間中に行われる全国最大級の陶器市です。1896年(明治29年)から行われていた陶磁器品評会が1915年(大正4年)から等外品を大売り出ししたのがこの陶器市の始まりで、今年で109回目を迎えます。
JR有田駅前から市内4kmにわたって500を超える店が出店し、訪れるお客さんも毎年100万人を超える規模。
ブランド品を求めて初日から来る人や安く買おうと最終日狙いの人、また、お店の人とのやり取りを楽しんでのんびり買い物をする人など様々な焼き物ファンで静かな焼き物の里が大いに賑わいます。

◆【ひとくち情報】

陶器市の開かれている距離が長く店も多いので、軍手にスニーカーのいでたちでリュックやカートを持参するのがお奨めということです。

◆交通アクセス:JR有田駅またはJR上有田駅下車

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・<ライター/マツリ大使>

―――――――――――――――――――――――
▼(参考)第108回 有田陶器市 5月5日最終日<by TheFuudotime>

あそぼーさが:有田陶器市(有田町)/ 佐賀県観光連盟
有田陶器市へようこそ
有田陶器市☆最新お店情報
▼(参考)2011有田陶器市 草山窯展示場のようす。その1<by MrKamasyu>

| | コメント (0) | トラックバック (1)

泥土を投げ付け豊作を占う。
阿蘇神社泥打祭り

■福岡県朝倉市阿蘇神社「泥打祭り」(3月28日)

2012321dorojpeg22k

◆【見どころ】

酔っ払ってフラフラになった代宮司(宮司の代理)目がけて子どもたちが泥土を投げ付ける、珍しいお祭り。
おみくじで選ばれた代宮司が純白の神衣になって大盃で酒を飲み、牡獅子・牝獅子の先導で約500m離れた道祖神まで神幸します。途中には泥土を持った12人の子ども待ち受け、ヨロヨロの代宮司に一斉に投げつけてきます。代宮司は目も開けられない状態になりながら一歩一歩あるいていきますが、あとは人も道も家までも泥だらけになる激しさです。
豊作占いの例祭で、代宮司に多く泥がつくほどその年が豊年になるとされています。

◆【ひとくち情報】

阿蘇神社は肥後熊本の阿蘇大明神を勧請している神社。
泥打祭りは福岡県の無形文化財に指定されています。

◆交通アクセス:JR博多駅からバス約50分

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・<ライター/マツリ大使>

―――――――――――――――――――――――
▼(参考)泥打ち祭り2011<by Hidekawa0627>

福岡県朝倉市トップ >観光情報 >春(3月~5月) >泥うち祭り
福岡おでかけナビ/泥打祭り[阿蘇神社
★『泥の多少で豊凶占う』―泥打ち祭り

| | コメント (0) | トラックバック (1)

大迫力!数千人が掛け声かけて踊る。
牛深ハイヤ祭り

■熊本県天草市牛深町「牛深ハイヤ祭り」(4月15日~17日)

2011412ushibukajpeg51k

◆【見どころ

市民総参加の春祭りで、祭りのハイライトは毎年数千人もが参加して行われる「ハイヤ総踊り」。揃いの法被を着た老若男女の踊り子が「ハイヤ、ハイヤ」の掛け声をかけながら『牛深ハイヤ節』に合わせて熱狂的に踊り歩きます。一般の飛び入りでの参加もできるため徐々に数が増えていくとか。
海の安全を願って行われる行事ですが、今年は天草から東北地方の皆さんを元気づけようと、「天草から南風に乗せて 頑張れ東北!がんばろう日本!」をスローガンに東日本大震災の被災者を応援する祭りにするということです。祭り期間中は募金活動も行われます。
また同時に行われる、牛深の新鮮な魚介類が並ぶ水産フェアや大漁旗を掲げた漁船団による勇壮な海上パレードも見ものです。

◆【ひとくち情報】

『牛深ハイヤ節』は、津軽アイヤ節、佐渡おけさ、北海道ソーラン節、阿波踊りなど、全国40ヶ所のハイヤ系民謡のルーツとされ、風待ち、
シケ待ちの船乗りたちをもてなす酒盛りの歌として歌い出されたものといわれています。

◆交通アクセス:本渡からバス牛深港下車

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・<ライター/マツリ大使>

――――――――――――――――――――――――――――
▼正調 牛深ハイヤ踊り!<by oogase>

イベント情報 - 牛深ハイヤ祭り開催 / 天草市ホームページ
牛深ハイヤ祭り実行委員会/2011 牛深ハイヤ祭り
第40回!牛深ハイヤ祭り!/熊本県観光サイト・なごみ紀行

| | コメント (0) | トラックバック (1)

日本一といわれる松明武者行列
雲仙市観櫻火宴

■長崎県雲仙市「雲仙市観櫻火宴」(3月26日)

2011321unzenjpeg46k

◆【見どころ】

日の暮れた頃、200名もの甲冑武者が燃え盛る松明を持って、掛け声も勇ましく桜咲く橘公園や町内を練り歩きます。その後繰り広げられる闇の中での武者軍団同士の合戦劇も迫力満点、祭りが一気に盛り上がります。また出陣式では火矢や大砲の実演もあってこちらも見応え十分。
武者行列には、稚児武者、元服武者、武将、女武者などに一般参加も可能とのことで、参加を楽しみにする人も多いということです。

◆【ひとくち情報】

当地は雲仙普賢岳の火砕流により被災した地域として、祭りを通して東日本大震災の復興支援の実施を決定。また、観櫻火宴はもともと慰霊と鎮魂の祭りで掛け声の「いやさか(栄えあれ)」は故郷の復興を願うエールの言葉といわれ、祭りを通して犠牲者の方の慰霊と鎮魂、被災地への希望を願う支援の祭りにしたいとのことです。
祭りでは、救済援助・復興支援の義援金募集も行われます。

交通アクセス:JR諫早駅より島原鉄道愛野駅下車

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・<ライター/マツリ大使>

――――――――――――――――――――――――――――
▼SAMURAI < by higasikokubaru>

雲仙市Official Web Site<上部ポスターとも>
長崎県雲仙市から「いやさか(復興への願い)」の声<観桜火宴>
<動画:YouTube>Kanoh Kaen 2009 Part-1 (観櫻火宴2009第一幕)by yukichika7

| | コメント (0) | トラックバック (1)

シャモジの音が鳴り響く「博多どんたく」

■福岡県福岡市「博多どんたく」(5月3~4日)


 ▲福岡市民の祭博多どんたく港まつり 

◆【見どころ】

 誰もが参加できる福岡市民の祭りとして大勢の参加者、見物客で賑わうゴールデンウィークの名物祭り。特に人出の多さは毎年ニュースなどでも取り上げられるほどでその数は200万人を超える。
 会社や団体の参加も多く、若者からお年寄りまでが思い思いの装いで三味線を弾いたりシャモジを叩きながら、街に作られた舞台や広場で芸を披露しながら歩くたいへん陽気なお祭りである。
 昔から「シャモジを叩くも芸のうち」といわれ、叩き方にも年季が感じられる。その練り歩く姿を「通りもん」と呼び、3日は博多地区、4日は福岡地区を回り街中がどんたく一色で湧きかえる。

◆【由来】

 博多どんたくは829年前の治承3年(1179年)、平重盛の善政を偲んで始まった小正月の「松囃子」が起源とされる。
 明治5年に浪費を理由に禁止された「松囃子」が明治12年福岡区と博多区の合併を祝って復活したときに「どんたく」と呼ばれるようになった。
 「どんたく」はオランダ語のZONDAG (休日)が語源。よく使われる「半ドン」も半分ドンタクのこと。
 シャモジを叩くのは、食事じたく途中のおかみさんが祭りの音色に誘われ、シャモジを叩いてお囃子に加わったことからという

◆開催場所~福岡県福岡市各所・《前夜祭》博多国際センター
・《花電車》市内幹線道路、どんたく広場
・《どんたく港祭り式典》
 ベイサイドプレイス博多埠頭、港本舞台
・《どんたくファミリーコンサート》
 電気ホール
・《博多松ばやし》市内一円
・《どんたく演舞台》お祭り本舞台他市内
 各所 
・《どんたくパレード》明治通り

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・<ライター/マツリ大使>

――――――――――――――――――――――――――――
<ゴールデンウイーク>人出予想7014万人<4月22日毎日新聞>より
 警察庁は22日、ゴールデンウイーク期間(26日~5月6日)の全国主要行楽地の人出予想(主催者調べ)をまとめた。全国1120カ所の行楽地に7014万人が訪れる見込み。延べ約3万5000人の警察官が雑踏警備に当たる。

 最も人出が見込まれるのは、博多どんたく港まつり(福岡県)と弘前さくらまつり(青森県)の220万人
次いで、
▽ひろしまフラワーフェスティバル(広島県)150万人
▽みなとみらい地区(神奈川県)111万人
▽角館の桜まつり(秋田県)100万人
▽浜松まつり(静岡県)100万人▽有田陶器市(佐賀県)100万人--など。・・・以下略

福岡市民の祭り「博多どんたく港まつり
 ゴールデンウィーク期間中、200万人を越える人出で賑わう、福岡市民の祭り「博多どんたく港まつり」を紹介しています。
・5月3日スケジュール・5月4日スケジュール・写真コンクール・どんたくルーツ ギャラリー
・交通規制のお知らせ・ミス福岡・演舞台 など

| | コメント (0) | トラックバック (0)