カテゴリー「夏~中国」の3件の投稿

カラフルな傘の花と鈴の音が圧巻!
鳥取しゃんしゃん祭

■鳥取県鳥取市「鳥取しゃんしゃん祭」(8月11日~15日)

201286shanshanjpeg26k

◆【見どころ】

浴衣姿にカラフルな傘を持って市内目抜き通りを4000人もの人たち踊り歩きます。傘には金銀の短冊と多くの鈴が付けられているので歩くたびに「しゃん、しゃん」と賑やかに鳴り響き、参加者全員が一斉に傘を回し踊る姿はたいへん華やかで見応え十分です。
この傘踊りは因幡地方に以前から伝わる雨乞い踊りをヒントにしたもので、鈴の音と温泉がしゃんしゃんと湧くことから名づけられたとされています。
期間中には一斉傘踊り(14日)のほか傘踊りコンテスト(12日)なども行われ、最終日夜には6000発もの花火が打ち上げられる花火大会も予定されています。

◆【ひとくち情報】

祭りで使われる珍しいしゃんしゃん傘は市内のシルバー人材センターで製作。①傘の和紙部分に色を塗る「色塗り」②金色と銀色の模様を張り付ける「貼り付け」③「鈴付け」④「短冊付け」⑤傘の先に白い房を取り付ける「頭付け」の行程を経るため一人が1日に3~4本しか作れないとか。

◆交通アクセス:JR鳥取駅下車

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・<ライター/マツリ大使>

――――――――――――――――――――――
▼(参考)鳥取しゃんしゃん祭り 2010<by tmc672048>

鳥取しゃんしゃん祭オフィシャルサイト
第48回鳥取しゃんしゃん祭は、8月11日~15日に開催<鳥取公式ウエブサイト>
鳥取県観光情報<鳥取しゃんしゃん祭>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豊穣を祈る初夏の田園絵巻
壬生の花田植

■広島県北広島町常磐橋北詰特設会場「壬生の花田植」(6月7日)

200962nibuhanadauejpeg47k

◆【見どころ】

菅笠をかぶり絣の着物で着飾った早乙女40人をはじめ、総勢100人の人たちと10頭もの飾り牛によって行われる田植祭り。
周りでは太鼓や笛、鉦(かね)が音頭を取り、まさに日本一ともいわれるきらびやかでにぎやかな田植祭りです。
田の神を祭ることで稲作の無病息災と豊穣を祈る田植の儀式として中国山地の村々に江戸時代から伝わっているといわれています。
牛や早乙女らが着飾り、田植歌やお囃子に合わせて田植えをするのは、田の神「サンバイ様」に喜んでもらうためのものということで、その風景は、稲の豊作をいつも祈ってきた日本人の心を表現した姿といえます。
また、文化財合同まつりとして、当地の花笠踊りや神楽の上演なども同時に開催されます。

◆【ひとくち情報】

大勢で田植をする姿が盛大で美しいところから「花田植」と呼ばれるようになったとか。
一時途絶えたときもあったものの復活して毎年町内で披露されています。
国の重要無形民俗文化財にも指定。

◆交通アクセス:JR広島駅からバス45分

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・<ライター/マツリ大使>

――――――――――――――――――――――――――――
 ▼平成20年 壬生の大花田植え 12 <1:54>by KILL8529

北広島町観光協会ホームページ  http://www.kitahiroshima.net/kankou/
 ■広島県北広島町 観光情報サイト
★「広島県の文化財」~壬生の花田植
山陽尚古選 壬生の花田植え
ひろしま文化大百科ー壬生の花田植

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たおやかに白鷺が舞う
鷺 舞

■島根県津和野町弥栄(やさか)神社:鷺 舞(7月20日、24日、27日)

2008714sagimatsutijpeg22k

◆【見どころ】

 室町時代に遡るといわれる素朴な旋律の歌と鉦・太鼓に合わせて、二羽の雌雄の鷺が羽を広げたり閉じたりしながら優雅に舞い踊るのが鷺舞。
 真っ白な羽と緋色の装束との対照も美しく、今日唯一伝統的な形を継承している舞として受け継がれてきている。
 20日には御神幸の前に神前で舞ったあと、お旅所までの何か所かでも舞われ、中日24日は神社境内と駅前で、また27日は再び御神幸のお供をして舞いが披露される。
 津和野は「山陰の小京都」といわれ、格子窓の家々、水路に鯉が泳ぐ美しい街。鷺舞はそんな街並みの中で繰り広げられる、清楚でロマンチックなお祭りである。
また、子どもたちによるかわいい子鷺踊りも行われる。

◆【由来】

 戦国時代、大内氏が京都の八坂神社祇園会で舞われていた鷺舞を山口に移入したものを、津和野城主が当時流行した疫病を抑えるために山口からさらに移入して始めた神事。
 本家・祇園祭の鷺舞はその後すたれたが、津和野のこの祭りでは当時の面影を残した舞として高く評価されている。

◆交通アクセス:JR津和野駅下車

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・<ライター/マツリ大使>

――――――――――――――――――――――――――――
津和野町観光協会 http://www.iwami.or.jp/tsuwanok/sagimai/sagimai.htm  
 ■鷺 舞 日 程
 ■子鷺踊り
伝統芸能紹介:弥栄神社の鷺舞神事
★島根県&鳥取県「伝統芸能」山陰の伝統文化
 ・津和野町-鷺舞
津和野弥栄神社の鷺舞 文化遺産オンライン

| | コメント (0) | トラックバック (0)