カテゴリー「春~甲信越」の2件の投稿

藤づるの“大蛇”を退治する!
大善寺藤切り祭り

■山梨県甲州市大善寺「大善寺藤切り祭り」(5月8日)

201153daizenjijpeg37k

◆【見どころ】

正しくは「藤切会式」といわれ、役小角が大蛇を退治したという故事に基づいて1200年来続けられている伝統行事。
修験者が集まって護摩を焚き、剣の舞を演じたりした後、高さ三間半(6.3m)のご神木から約13mの大蛇に見立てた太い藤の根を九字を切ってから切り落とします。地面に落ちた藤づるは下で待ちかまえる多くの若者たちが激しく奪い合います。藤づるは持ち帰って神棚などに供えると無病息災や開運のご利益があるとされているため、エキサイトした争奪戦が展開されます。

◆【ひとくち情報】

大善寺は僧行基の創建として伝えられる古刹。行基がブドウの作り方を村人に教えたとことから「ぶどう寺」ともいわれ、ここから甲州葡萄が始まったと伝えられています。
本尊の薬師如来(重文)を安置している薬師堂は国宝に指定されています。

◆交通アクセス:JR中央本線勝沼ぶどう郷駅からタクシー5分

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・<ライター/マツリ大使>

――――――――――――――――――――――――――――
▼(参考)勝沼 大善寺 藤切会式大祭 藤切執行の模様<by mitsumorisyoten>

大善寺藤切り祭り開催のお知らせ<甲州市>
ぶどう寺大善寺
えきねっと(JR東日本)|大善寺藤切り祭り

| | コメント (0) | トラックバック (0)

武田軍団が蘇る壮大な戦国絵巻。
信玄公祭り

■山梨県甲府市市内中心部「信玄公祭り」(4月9日~11日)

201045singenjpeg31k

◆【見どころ】

武田信玄の命日4月12日を中心に、山梨県内各地で信玄公の遺徳を偲び、たたえる祭りが行われます。
圧巻は、武田二十四将を擁する軍団が、かがり火の中「風林火山」の旗や馬標をなびかせ槍や鉄砲を持って勇壮に出陣する様子を再現する場面。
川中島合戦の出陣式を擬したもので、甲府駅前に集結した後、騎馬30頭、約1600人もの戦国武将が甲府市内を行進します。
また毎年この時期なので、タイミングがよければ満開の桜が咲き誇る中を行く武者たちを見ることができ、まさにその規模日本最大級ともいわれる一大戦国絵巻が味わえるということです。

◆【ひとくち情報】

信玄公祭りは甲府市中心部で昭和46年(1970年)に始まり今年が第40回。
信玄公役には毎年有名俳優が扮しますが、今年は信玄公に俳優の沢村一樹さん、また山本勘介役には伊吹吾郎さんの出演が予定されています。
山梨県内ではこれ以外にも信玄公を偲ぶさまざまな行事が行われます。

◆交通アクセス:JR中央本線甲府駅下車

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・<ライター/マツリ大使>

――――――――――――――――――――――――――――
▼信玄公祭り2008(公式映像)<by fujinokuniyamanashi >

信玄公祭り公式ホームページ
信玄公祭りスケジュール/信玄公祭り

| | コメント (0) | トラックバック (1)