カテゴリー「秋~近畿・中国」の16件の投稿

師走の京の風物詩
南座の顔見世

■京都府東山区「南座の顔見世」(11月30日~12月26日)

20121127manekiagejpeg28k

◆【見どころ】

東西の歌舞伎の名優が顔をそろえる興行で、京都に師走の訪れを告げる風物詩。劇場の入り口上には勘亭流で役者名が書かれた「まねき」と呼ばれる白木の看板がずらりと並べられることがよく知られています。
今年は中村勘太郎改め六代目中村勘九郎の襲名披露を中心に、人間国宝・坂田藤十郎や片岡仁左衛門、市川団十郎らの東西人気役者が顔をそろえて舞台を華やかに盛り上げます。
呼び物の中村勘九郎襲名披露では、「対面」で曽我五郎、「船弁慶」で静御前と知盛の霊を演じることになっています。

◆【ひとくち情報】

勘亭流は太くて丸みを帯びた書体で、看板に隙間なく書き劇場の大入りを願う

◆交通アクセス:京阪電車・祇園四条駅、阪急電鉄・河原町駅下車

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・<ライター/マツリ大使>

――――――――――――――――――――――
▼(参考)京都の風物詩・南座顔見世興行前に"まねき上げ"(12/11/26)<by ANNnewsCH>

歌舞伎美人(かぶきびと):歌舞伎公式総合サイト
京都四條 南座<歌舞伎・演劇>松竹株式会社
吉例顔見世興行

| | コメント (0) | トラックバック (0)

全国の神々をお迎えする神事
神在祭(お忌みさん)

■島根県松江市佐太神社「神在祭(お忌みさん)」(11月20日~25日)

20121112sinzaisaijpeg19k

◆【見どころ】

旧暦10月は全国の八百万(やおよろず)の神々が出雲に集まる月で、他の地方と異なり神在月といい、出雲では神在祭が行われます。中でも佐太神社の神在祭は文献上もっとも古く、祭りの次第も500年前の記録とほぼ同じ内容で執り行われています。
神在祭の前夜(陰暦10月10日)は国譲りの伝承地・稲佐浜で神々を迎える神迎神事が行われた後、出雲大社へご神幸。翌陰暦11日には出雲大社で神迎祭が行われます。
そして最終日には全国に神々をお見送りする神等去出祭(からさでさい)を執り行って祭りは幕を閉じます。

◆【ひとくち情報】

神在祭は出雲地方の晩秋の風物詩。神等去出神事では神職や崇拝者がお供して2㎞離れた神ノ目山まで神々を送る様子が見られます。

◆交通アクセス:JR山陰本線松江駅からバス約25分

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・<ライター/マツリ大使>

――――――――――――――――――――――
▼(参考)日本の祭り 出雲大社の神迎祭<by okinawanoyamato2>

神在祭(お忌さん)/佐太神社公式ホームページ
島根県神々の国しまね~神在月に集う
佐太神社神在祭/じゃらん観光ガイド<イベント情報>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家来衆の妙技も見事な大名御列
萩時代まつり

■山口県萩市「萩時代まつり」(11月11日)

2012116hagijpeg28k

祭りのメインは江戸情緒を感じさせる大名行列。
享保5年(1720年)、萩藩主が市内の金谷天満宮の社殿を修復したことをきっかけに始まった奉納行列を今に受けついだもので、「平安古備組」と「古萩町大名行列」を合わせて総勢200名を超える行列が城下町を練り歩いて古都にふさわしい歴史絵巻が再現されます。
なかでも道々、奴姿の男衆がお姫様の駕籠の前で草履を取って舞う「草履舞」や、『イサヨ~シ』の掛け声とともに槍・鳥毛を次々投げ合う「投げ渡し」が披露され、その妙技に見物客から歓声と大きな拍手が送られます。
また岩国藩鉄砲隊による実演も予定されています。

◆【ひとくち情報】

萩は数々の歴史の舞台として知られ、その街並みが今も大切に残された町。今でも江戸時代の古地図が使える――といわれるほどです。

◆交通アクセス:JR山陰本線萩駅下車

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・<ライター/マツリ大使>

―――――――――――――――――――――――
▼(参考)萩時代まつり2011 山口県萩市<by opticanon>

萩市観光ポータルサイト|萩時代まつり
萩時代まつり/萩商工会議所
萩時代まつり:11月11日(日)/萩市観光協会公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

重低音を響かせ太鼓屋台が街を練る
松江祭どう行列

■島根県松江市「松江祭どう行列」(10月21日)

20121015dojpeg30k

◆【見どころ】

山車屋台に4~6尺の「どう」と呼ばれている太鼓を2~3台載せ、笛・チャンガラの囃しに合わせて打ち鳴らしながら大勢の子どもたちで曳きまわすたいへんにぎやかなお祭りです。
子どもたちは全員揃いの法被を着て「ホウホエンエ ホウランエンエ エヤサノサイ ラノラノラ」と声を揃えて綱を引き、重厚な「どう」の音がとどろかせながら秋深まる城下町を何台もの山車が行列していきます。
この祭りは享保9年(1724年)、松江藩主松平宜維(のぶすみ)公の奥方が伏見宮家から降嫁したのを祝い、町民が大きな「どう」を作って打ち鳴らしたのが始まりとされる江戸中期からの伝統行事です。

◆【ひとくち情報】

祭りが今の形になったのは、大正天皇の大典の時に各町が大きな「どう」を作り、数十町内が行列をしたのが始まりと言われています。

◆交通アクセス:JR山陰本線松江駅下車

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・<ライター/マツリ大使>

―――――――――――――――――――――――
▼(参考)2011年松江祭鼕行列<by KiyoAoki>

松江祭 鼕行列 - 松江市観光公式サイト
松江観光イベントカレンダー|松江観光協会
松江鼕行列「松江市観光」サンin特選街

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲストも出し物も多彩な60回目の市民祭
宇部まつり

■山口県宇部市「宇部まつり」(11月5日~6日)

2011111ubematsurijpeg52k

◆【見どころ】

市制施行の記念行事として昭和9年に「炭都祭」という名称で始まり、今年が60回目を迎える市民祭。
毎年有名タレントなどが出演して話題になりますが、今年は市制90周年とも重なりワイドな企画が楽しめます。
目玉はディズニーパレード。ミッキーマウスやミニーマウス、東京ディズニーリゾート・アンバサダーらが市中心部をパレードして祭りを華やかに演出します。
また震災復興支援として福島県いわき市の音楽グループを招いての特別ライブの開催も。
その他曳山パレード、お笑いステージ、ミニコンサートなど多彩なメニューが用意されていて楽しさが盛りだくさんです。

◆【ひとくち情報】

宇部市は化学工業都市として石炭とともに発展してきたことで
「炭都」と言われてきました。
今年のステージゲストは、歌手の鈴木亜美と漫才コンビのU字工事が予定されています。

◆交通アクセス:JR宇部線宇部新川駅から徒歩

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・<ライター/マツリ大使>

――――――――――――――――――――――――
▼(参考)第59回宇部まつり 市民総踊りvol.1 <trail495>

宇部市 | 第60回宇部まつり
11月5、6日「宇部まつり」ミッキーとミニー常盤通りパレード/宇部日報
宇部市制施行90周年記念第60回宇部まつり/宇部観光コンベンション協会イベントダイアリー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

角を急速で曲がる「やりまわし」に大興奮!
岸和田だんじり祭

■大阪府岸和田市「岸和田だんじり祭」(9月17日~18日)

2011912danjirijpeg34k

◆【見どころ】

重さ4トンを超えるだんじりと呼ばれる山車が街なかを駆けながら豪快に曳きまわされますが、なかでも路地の曲がり角をスピード落とさず直角に曲がる「やりまわし」の迫力には観客も思わず大興奮。さらに、地上4メートルもある山車の屋根で団扇をひらひらさせながら片足立ちする「大工方」の飛行機乗りにもヤンヤの掛け声がかかります。
他のだんじりとのもみ合いはなくなったものの、時には曳行中、軒先を傷つけたり負傷者がでたりするなど、「日本一荒々しい祭り」といわれた激しさの名残が見うけられます。

◆【ひとくち情報】

岸和田では各町ごとにだんじりを保有し、現在旧市の岸和田地区には20町・20基、隣りの春木地区には14町・14基があり、合計34基のだんじりが祭りに参加します。

◆交通アクセス:南海電鉄岸和田駅下車

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・<ライター/マツリ大使>

――――――――――――――――――――
▼(参考)岸和田だんじり祭 2010年9月19日<by TerumiTanaka>

岸和田だんじり祭-大阪府岸和田市公式ウエブサイト:祭都きしわだ
だんじりネット~岸和田だんじり祭りの撮影画像を中心としたページ
岸和田だんじり祭<Wikipedia>

| | コメント (0) | トラックバック (1)

36万石の格式ある大名行列を再現。
萩時代まつり

■山口県萩市(萩城跡指月公園、萩市中央公園ほか市内各所)「萩時代まつり」(11月14日)

2010119hagimatsurijpeg28k

◆【見どころ】

「平安古町備組(ひやこちょうそなえぐみ)」と「古萩町大名行列」による「萩大名行列」が祭りのハイライト。これは毛利36万石の格式を再現した全国でも珍しい奉納行列で、藩主下げ渡しの調度品、武具、衣装を整え、総勢200名が江戸時代の風情が残る街なかを練り歩きます。

「平安古町備組」の行列は、奴着の者約130名、武士姿の者約10名、それに着物姿の女性が乗る御駕籠で構成される行列が「イ~サヨ~シ」の掛け声とともに練り歩き、途中で草履取りの舞いや槍の投げ渡しの所作を披露。また「古萩町大名行列」では羽織・袴で正装した「旦那」と呼ばれる少年が馬に乗る凛々しい姿が注目を集めるなど、江戸時代絵巻を楽しむことができます。

◆【ひとくち情報】

この奉納行列は、享保5年(1720)に萩藩5代藩主吉元が金谷天満宮の社殿を修復したことを契機に始まり、江戸時代からも注目の行事だったといわれています。
萩市の特産品などを販売する「萩ふるさとまつり」も同時に開催されます。

◆交通アクセス:JR山陰本線萩駅下車

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・<ライター/マツリ大使>

――――――――――――――――――――――――――――
▼参考)萩の大名行列(平成21年秋)by torakichi0310

萩時代祭り/萩市観光ポータルサイト
萩時代まつり(萩商工会議所
萩時代まつりのお知らせ《萩市の地ブログ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20万本以上の火焚串を豪快にお焚き上げ。
伏見稲荷大社 御火焚(おひたき)祭

■京都市伏見区伏見稲荷大社「御火焚(おひたき)祭」(11月8日)

2010111ohitakijpeg28k

◆【見どころ】

秋の収穫の後、五穀豊穣などに対して稲荷大神に感謝するお祭りが行われます。
メイン行事のお火焚きは、先ず設けられた3基の火床に、6月にお田植祭を行った神田で獲れた稲の藁が燃やされ、その中に家内安全・商売繁盛などの願いを書いて全国から奉納された護摩木の火焚串20数万本を焚き上げるものです。焚き上げられている間、宮司をはじめ参列者は大祓詞(おおはらえのことば=神道の祝詞)を奉唱、家業繁栄・無病息災などを祈ります。また、神楽女による神楽舞も厳かに奉納されます。
この火焚串の焚き上げは全国有数の規模といわれ、古来からの伝統行事として続けられています。

◆【ひとくち情報】

稲荷神社は全国で3万社もあるとされ、その中で伏見稲荷大社は1300年にわたって人々の信仰を集め続ける「お稲荷さん」の総本宮。和同4年(711年)の2月初午に稲荷山に大神様が初めて鎮まれたのが起源とされています

◆交通アクセス:JR奈良線稲荷駅または京阪電車伏見稲荷駅下車

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・<ライター/マツリ大使>

――――――――――――――――――――――――――――
▼伏見稲荷大社 火焚祭

伏見稲荷大社 (各月)祭礼と行事
日炊祭(ひたきさい)/日時:11月8日 午後1時
★京都>京都駅周辺>伏見稲荷大社・火焚祭

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食べ物で飾られた神輿で実りに感謝!
北野天満宮ずいき祭

■京都市上京区北野天満宮「北野天満宮ずいき祭」(10月1日~5日)

2010921zuikijpeg28k

◆【見どころ】

ずいき祭りは京都の秋祭りの先陣を切る祭礼として4日間にわたって行われます。
見どころは何と言っても一風変わった「ずいき神輿」の巡行。屋根をずいき芋(里芋の茎)で葺き、各部を野菜や湯葉、麩などの乾物で装飾、さらに穀物で作られた人物や動物などが飾りつけられたユニークなお神輿が期間中お旅所に供えられた後、10月4日の還幸祭に区内を練り歩きます。
これは西の京に住む人たちが、豊かな秋の収穫に感謝する気持ちを表わしたもので、平安時代には作られていたとされるほど長く受け継がれています。
神輿は材料の“鮮度”も大切なので、お祭りの日程に合わせ短期間で作り上げることもこのお神輿ならではの特徴です。

◆【ひとくち情報】

還幸祭は別名「おいでまつり」と言われ、「大宰府で御隠れになった菅原道真公の御霊が神様として初めて北野の地においでになる」という御鎮座の由来を回顧、再現するという意味もあるとされています。

◆交通アクセス:京福電鉄北野線北野白梅町駅または市バス北野天満宮前下車

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・<ライター/マツリ大使>

――――――――――――――――――――――――――――
▼北野天満宮ずいき祭り(Kitano-Tenmangu Shrine Festival)<by SNOTUNE | 2009年10月04日>

ずいき祭 - 北野天満宮ニュース
北野天満宮
北野天満宮 ずいき祭「京都旅楽

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神輿をめがけ、数百人が激しくもみ合う荒祭り。
防府天満宮裸坊祭

■山口県防府市防府天満宮「防府天満宮裸坊祭」(11月28日)

20091117boufujpeg22k

◆【見どころ】

数百人以上の白装束姿の裸坊(はだかぼう)が、御神体を奉じた網代輿に少しでも触ろうとして一斉に群がり、激しくもみ合う荒々しい祭りです。
輿に触ることで願い事が成就するとしんじられていることからで、他人を押しのけ全員が必死になります。
特に「ワッショイ、ワッショイ、兄弟ワッショイ」と一斉に掛け声をかけながら96段の石段を駆け上り下りする場面はたいへんスリリングで、観客共々アツくなってしまいます。
これは菅原菅公御着船ゆかりの地勝間の浦(御旅所)までを往復するときに通る行きの下りと帰りの上りで激しくもみ合うためで、西日本でも屈指の「荒祭り」といわれる所以です。

◆【ひとくち情報】

別名を「防府天神祭御神幸祭」といい、平安時代、太宰府に向う途中の菅原道真を送迎した模様を伝えたもので、寛弘元年(1004年)から続く伝統的な祭事です。
裸坊祭の呼び名は、身心の穢れを清め真に清浄潔白になる意味から寒中水垢離をとって裸体となって祭礼に参加したことからで、近年に入って白シャツ等を用い白装する様になりました。

◆JR山陽本線防府駅下車徒歩約15分

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・<ライター/マツリ大使>

―――――――――――――――――――――――――
参考▼防府天満宮 裸坊祭2007(kazukunmimi3氏)

日本で最初に創建された 天神様防府天満
第1006回 防府天満宮¥御神幸祭「裸坊祭
防府天神祭御神幸祭(裸坊祭)を斎行
防府市ホームページ
御神幸祭(裸坊祭)
防府市観光協会/御神幸祭(裸防祭)・おんな神輿

| | コメント (0) | トラックバック (3)